• Wed. Aug 10th, 2022

プロが選ぶ100均「かもいフック」、イチオシはコレ! 10通りの使用法で収納力アップ

整理収納アドバイザーの伊藤まきが、片付けに訪問した現場で「よくやる作業」「よく伝えるおすすめ収納法」を【プロの技】として紹介していきます。

 プロの技シリーズ20回目は、100均に必ずある定番品「かもいフック」を紹介。ちょっとだけ収納を増やしたい、ここに吊り下げ収納ができたら便利なのに、という悩みを解決できます。しかも「壁に穴を開けない」「1cmの凸があればOK」という手軽さもあって、人気のアイテムです。

 今回は、SNSの注目度が最も高い「透明のかもいフック」と片付けのプロが選ぶ「ダイソーのかもいフック」の4種を取り上げ、それぞれの特徴や、使用例10パターンを紹介しています。

 インテリアに馴染むと評判の「透明タイプ」を中心に、4種の「かもいフック」を用意しました。プラスチック製品にありがちな生活感やチープ感がないので、部屋になじんでスッキリ見せることができるのが人気の理由です。

 写真上左から説明(すべて110円)。

[1]ダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」商品コード:4549131117608
[2]ダイソー「クリア かもいダブルフック」商品コード:4549131672527
[3]セリア&ダイソー他「縦にも横にもはさめる かもいフック」(※)商品コード:4905687332672
[4]セリア「透明で目立ちにくい かもいフック」(※)商品コード:4905687112991

[3][4]はキャンドゥ、ワッツでも購入可能

 片付けのプロは、見た目の良さよりも強度を重視して[1]を選びます。ダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」の特徴を以下にまとめました。

【100均かもいフック】ダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」が一番頑丈!

 [1]のダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」だけ、固定するネジが上(頭)なので力が強く入ります。実際、力任せに外してみると[1]がとても外れにくく頑丈だと感じました。反対にネジが下にあると、壁が近くなるのでネジを回すのが難しいと感じます。

 [3]はネジを上にして使用した例。説明書にはない使い方になります。

【100均かもいフック】ダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」が耐荷重も一番!

 「かもいフック」に掛けたいモノは、「取り外しが頻繁なモノ」になりがちです。そのため、耐荷重が大きいほど安心して使うことができますよね。その点でも、ダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」が一番です。

【100均かもいフック】ダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」はネジが錆びにくい

 [2]〜[4]の透明タイプは上(頭)が空間になっているので、バスルームやキッチンで使うとネジに錆が出やすくなります。また、上部の空間にほこりがたまりやすい点も気になります。

 なお、4種類ともフックの角度やデザインが異なりますが「突っ張り棒との相性」は、どれも問題ありません。

 ダイソー「はさんでガッチリ止まるフック」です。鴨居、長押、窓枠、棚、机など「建具の厚さ 4.2cm以下」の場所に取り付けることができます。これからの季節は、日除けやすだれ掛けに使うのもおすすめです。ちなみに、筆者はコレをいつも選びます。

ダイソー「クリア かもいダブルフック」、フック2つが特徴

 ダイソー「クリア かもいダブルフック」です。透明色のほか、白とブラウンの3色がそろいます。長さ違いのフックが2つ付いているのがポイント。今回、ほかの形状と比較するために使ってみましたが、外れやすいと感じました。落下しても壊れないモノ(衣類やエコバッグ)に使おうと思います。

セリア&ダイソー「縦にも横にもはさめる かもいフック」、「縦の枠」に使える!

 セリア、ダイソー、キャンドゥ、ワッツで購入できる「縦にも横にもはさめる かもいフック」です。これまでなかった、「縦の枠」に使えるアイデア商品。フックの部分が着脱可能なので、縦と横の角度の切り替えも簡単です。

 筆者は「横にはさむ使い方」ができるという点で選びます。窓、クローゼット、ドア枠の「ちょうど良い高さ」に使用可能。とくに、子どもの身長に合わせることができる点が◎です。

セリア「透明で目立ちにくい かもいフック」、視界を邪魔しない!

 和室で使うイメージを変えた、セリア「透明で目立ちにくい かもいフック」です。透明のデザインなので、視線に入る場所で使ってもスッキリ見えます。

 [1]以外はすべて、建具の厚さ「1~5cm以下」の場所に取り付けることができます。それぞれ「浮かせる収納」ができるので、強度以外はお好みになります。

 次に、主な使用例を10パターン再現していきます。

 セリアの「ワイヤーネット」を曲げて、2個の「かもいフック」に掛けるだけで「トイレットペーパーストック棚」の完成です。トイレに収納棚が無い家で、穴をあけたくないという場合は「ドアと窓の枠」を使うと◎。

【かもいフック使用例.2】スプレーボトルを「浮かす収納」!

 掃除用スプレーボトルを、床に直置きせず「浮かせる収納」へ。奥行き10mm以上の凸があれば「かもいフック」で、引っ掛け収納に変わります! 腰を落として出し入れする面倒も無く、床の清掃も簡単になります。

【かもいフック使用例.3】「タオルラック」を簡単設置!

 お風呂のドア枠に「かもいフック」を付ければ、バスルームから手を伸ばすだけで済みます。高さを選びたいときは、セリア「縦にも横にもはさめる かもいフック」が◎。

【かもいフック使用例.4】テーブルの「小物掛け」に!

 テーブルの足に「縦にも横にもはさめる かもいフック」を付けて、小物掛けに。食卓テーブルの天板(厚み10~50mm以内)に付けて、ゴミ袋を設置するのも良し。デスクテーブルに付けて、ヘッドフォンやコード類の定位置にもOK。散らかりやすいテーブル上を、スッキリ広く使うことができます。

【かもいフック使用例.5】調理家電まわりの「道具掛け」に!

 キッチンボードや食器棚に「縦にも横にもはさめる かもいフック」が便利です。調理家電と一緒に使う道具を、ちょうど良い高さに用意できます。

 階段を登りながら、廊下を歩きながら「掃除はついでにする」ほどラクちん。ドア枠や窓枠があれば「かもいフック」で「掃除小物」を用意できます。掃除道具をいちいち出さない仕組み作りが大切です。

【かもいフック使用例.7】カラーボックスに使って荷物整理!

 カラーボックスや本棚、オープンラックにも使えます。外出用バッグ、子どもの習い事バッグ、エコバッグなど外に持ち出すバッグの種類も豊富ですが、それぞれ棚にかけると便利ですよ。

【かもいフック使用例.8】「突っ張り棒」を使ってハンガーレールに!

 よく使う道具は「掛ける収納」が楽ちん。100均の「突っ張り棒」と「かもいフック」を使って「ハンガーレール」ができます。接着フックを何個も使うより、着脱が簡単で掃除もしやすくおすすめです。

バスルームにハンガーレール

 100均の「かもいフック」は、ネジで固定するため高温多湿の空間で使用するとサビが出るリスクがあります。突っ張り棒も同じですが、低予算というメリットから考えれば特に問題なく使えると思います。

【使用例.9】「部屋干しハンガー」に!

 洗濯物の「部屋干し」の量が多い時、干す場所に困っても「かもいフック」があれば大丈夫。部屋のドア枠を利用すれば写真上のようなスペースを確保できます。

【かもいフック使用例.10】「突っ張り棒」を使ってカーテンレールに!

 押し入れ枠の左右上に「かもいフック」を設置して、長めの突っ張り棒を置くだけでカーテンレールの完成。カーテンも1,000円以下で買える時代なので、強力な突っ張り棒を用意するより安く済みます。この使い方なら、押し入れやクローゼットの扉が開閉しにくい、家具にぶつかるなどの悩みも解決。思い切って「扉を外す」ことで、出し入れが簡単になります。

【まとめ】家中の「ここにあったら便利」を解決できる!

 100均で購入できる「かもいフック」は、8~10種類(筆者店頭確認による)ほどあります。購入するときは「奥行き」をはさむコの字の大きさ、耐荷重、ネジの向きなどを気にすると良いと思います。

 「和室の鴨居」に使うイメージの強かった「かもいフック」ですが、洋室にも合うデザインが増えました。家中の「1cmの凸」があればOKという簡単さから、我が家の「ちょうど良い収納」が実現できます。