• Wed. Aug 10th, 2022

【付録レビュー】「&Rosy」9月号、ゴディバ 保冷ポケットつき高級トートバッグがランチバッグにピッタリ!

 いまや付録で雑誌を選ぶのは当たり前。毎月魅力的な付録が登場し、どれにしようか迷いますよね。そこで、付録を実際に手にして、見た目や使い勝手を徹底レビューします!

今月の付録:「&Rosy」2022年9月号「ゴディバ 保冷ポケットつき高級トートバッグ」

お得度:★★★☆☆(1,080円でゴディバの限定ロゴトートが手に入っちゃう!!)
もっと使いたい度:★★★★★(保冷ポケットが付いてて、利便性も◎)
おしゃれ度:★★★★★(高級感ある青と紫のコントラストが素敵♪)

 「&Rosy」(宝島社)9月号の特別付録は、ゴディバ日本上陸50周年記念限定「保冷ポケットつき高級ミニトート」です。

 9月号の付録は、数多くのハイライドメゾンの筆頭に挙がる高級ゴディバの付録が登場♪ 日本上陸50周年スペシャル限定付録で、「&Rosy」でしか手に入らない限定ロゴトートです。高級感のあるデザインと、保冷ポケットつきで、冷たいものをひんやりキープしたままお出かけができちゃう大活躍間違いなしのトートバッグです。

 通常のミニトートよりひと回り大きいサイズ感。ペットボトルがすっぽり入り、お弁当も平置きできるのでランチバッグとしても大活躍しそうです。

 それでは早速、チェックいきましょう☆

 トートバッグは、高級感あるマットな質感のピーチスキンに、ゴールドのロゴが印字されています。

 

【本体サイズ】(約):H21.5×W35.5×D15cm
【保冷ポケット部分】H18×W24×D6cm

 ブルーにゴールドロゴ、パープルのハンドルは、50周年記念に発売されたクッキー&チョコレートアソートからインスパイアされたデザインだそうです。落ち着いたカラーのブルー。夏の淡いカラーの服装はもちろん、どんな色の服装にもしっくり馴染む洗練されたデザインで、付録とは思えない高級感があります。

 ゴールドロゴは、日本上陸50周年限定デザインです。ゴディバは、1972年に日本橋三越本店に初オープンしたとのことで、数字の中にはモダンな当時の建築物が描かれています。表にのみロゴがあり、裏は無地です。

 バッグの内側は黒色で、保冷バッグ以外にポケットはありません。

 トートバッグ自体が大きめで、さらにマチが15㎝もあるので、収納力抜群で自立します。

 保冷バッグがバッグの片側についています。バッグと一体型のデザインのため、保冷バッグのみを取り外して使用することはできません。保冷バッグの入口は広く、マチも6cmあるため、収納力はあります。ゴディバの定番チョコレートが2箱入るそうです。

 持ち手部分もしっかりと縫い付けられているため、多少重いものを入れても大丈夫そうです。

 ランチバッグとしてはもちろん、普段のちょっとしたお出かけにも便利なトートバッグ。どんなシーンでも浮かないデザインなのもうれしいポイント♪

 ランチバッグとして実際に使ってみました。500mlペットボトルがすっぽりと入る大きさ。お弁当箱が平置きできるので、持ち歩いても中身が崩れる心配がありません。

 保冷バッグに保冷剤を入れれば、暑い時期の持ち歩きでも安心です。

 そのほか、ちょっとしたお出かけにも使い勝手がよさそうです。お財布やキーケース、除菌ウェットティッシュやハンカチまで入ります。

 お子さんが小さい方は、オムツやマグも入りますよ。子ども向けのグッズをまとめて入れるのにもちょうどいいサイズ! 保冷バッグがあるので、今の時期はお子さんのおやつを入れるのも良さそうです。

 ほかにも化粧品や、ちょっとした小物を入れるサブバッグとしても◎。持ち歩きにも便利なサイズ感で、暑くなるこれからの時期は保冷バッグ付きなのも便利です。

 今回の付録は、高級感と特別感が抜群です♪ どんなシーンで持ち歩いても恥ずかしくないデザインなので、サブバッグとして、ちょっとしたお出かけのメインバッグとして、使い方は無限大な付録です。

 私は車移動が多いので、貴重品を入れて持ち歩くバッグとして使おうと思います。デパートに行く時のサブバッグとして良さそうです!

 トートバッグは何個あっても困らないので、高級感のある付録、ゴディバ好きな方にはおすすめの付録ですよ☆

※サイズはライターが測っているため、実際とは異なる場合があります。