• Wed. Aug 10th, 2022

なにわ男子・道枝駿佑、大活躍のウラで「怖い」と語った“失速”への不安

 笑福亭鶴瓶と藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)がMCを務めるトークバラエティ番組『A-Studio+』(TBS系)。7月22日放送回には、なにわ男子・道枝駿佑がゲストとして登場し、ジャニーズファンを中心にネット上で話題を呼んだ。

 オープニングで、「共演(の機会)が全然ない」と語る藤ヶ谷から、「爽やかじゃないですか! きれいだし可愛いし!」とベタ褒めされた道枝は、「可愛くないです、全然……」と恐縮しまくり。

 まず、鶴瓶と藤ヶ谷から、故・ジャニー喜多川氏が名付けた「なにわ男子」というグループ名を聞いた際の印象を聞かれた道枝は、「『まじか』と思いました。やっぱり(笑)」と驚いたことを正直に告白。なお、実はほかにも「NANIWA BOYS」「なんにんじゃ」というグループ名が候補に挙がっていたとか。道枝は「今では『なにわ男子』でよかったなと思います!」とコメントし、今ではすっかり名前に愛着が湧いている様子。

 なにわ男子は、昨年7月28日の“なにわの日”に開催されたコンサート『なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子しか勝たん』横浜公演でCDデビューがサプライズ発表されたが、道枝は「めちゃくちゃ感動しました」と回顧。番組では実際の映像も紹介され、それを見た鶴瓶も、「ほんまに感動するよ。ずーっと(CDデビューを)待ってて、子どもの時から来てたやつが決定するって」とコメント。

 なお、『A-Studio+』といえば、ゲストには秘密で鶴瓶と藤ヶ谷がゲストゆかりの人物へ直接取材をすることがお決まりで、今回は道枝以外のなにわ男子メンバー6人の元に鶴瓶が直撃。取材時の写真も映し出され、「え、え、えっ!? 行ったんですか!?」と道枝が驚く中、藤ヶ谷は「え、全員会ったんですか!? いいなー!」とうらやましそうな様子。

 さらに藤ヶ谷は、鶴瓶がセンターに入ったなにわ男子との記念写真を見て、「俺もこれやりたかった!」とブーイング。ここで鶴瓶から、グループでのメンバーカラーについて話題が出ると、藤ヶ谷は道枝と同じ“ピンク”を担当していることから、「(道枝が)朝のピンク、(自分が)夜のピンクみたいな感じ」と自虐ネタで笑いを誘っていた。

 その後、鶴瓶がなにわ男子へ取材した際のエピソードとして、当日、西畑大吾がスーツを着用していたことに言及。「(鶴瓶は)年上の、初めて会う人だからフォーマルな衣装で」という西畑なりの気遣いだったようだが、鶴瓶によると、「アホの大橋(和也)がずーっと(西畑に)『なんでそんな格好してんの?』って」言っていたそう。「『お前、(その理由)知ってるやろ』って」と、鶴瓶の高校の後輩にあたるという大橋が、西畑にツッコまれていたことを明かした。       

 そんななにわ男子は昨年のデビュー以来、ドラマや映画、バラエティ番組、CMと、飛ぶ鳥を落とす勢いで大活躍を見せている。一方で道枝は現状について、「初速でこう(上向きに)いったじゃないですか。やっぱり1、2年してきたりするとこう(下向き)なっていくと思うんですけど、そうなっていくのが怖いなと思って」と冷静に分析しつつ、失速への不安を正直に吐露。

 SMAPファンの母親の影響で自身もジャニーズが好きになり、自ら履歴書を送ったという道枝だが、そのきっかけの一つが、Hey!Say!JUMP・山田涼介が“4代目金田一”を演じたドラマ『金田一少年の事件簿』シリーズ(日本テレビ系)だという。

 今年4月期放送の新シリーズで山田の後を継ぎ、“5代目金田一”を務めた道枝は、念願の作品での主演を告げられたときのことを振り返り、「デビュー発表くらい泣きましたね」とコメント。「事務所に呼ばれて、(事務所の人から)『4月にあなたがやりたかったドラマをやります』って言われて」「『これを実現するために、いろんな方々がこう動いてくださって、実現できたのよ』というのを説明していただいたときに、すごい涙が出てきて……泣きましたね」と、当時の様子を感慨深げに語った。

 思い入れの強い作品だけに、道枝は膨大なセリフ量を覚えるのに必死だったといい、なにわ男子メンバーと一緒にいる時にもセリフの練習をしていたため、藤原丈一郎からは「ネタバレになるからやめてくれ」と言われてしまったんだとか。

 一方で、そんな藤原は道枝のセリフの練習に付き合おうと、ドラマのヒロイン・七瀬美雪役を買って出てくれたものの、道枝は「無理があるからやめてくれ」と拒否したことを笑いながら明かしていた。

 番組ではさらに、道枝の高校時代の恩師にも取材を敢行。学校のこともすべてちゃんとこなしていたという証言とともに、女性の玉置先生に放った“ある言葉”も紹介された。

 取材した藤ヶ谷によると、当時、玉置先生は周りの生徒から「先生、最近太ったんじゃない?」と言われ、「私もやせなきゃね~」と返答していたとか。内心、道枝から「そんなことないよ」と言われることを期待していたものの、「やせたほうがいいよ。何月までに? 何キロやせる?」と辛らつな言葉を投げかけられたといい、道枝は「やっば……!」と反省しきりだった。

 この日の放送に、ネットでは「ガヤさんみっちーのこと大好きじゃん」「しっかりみっちーにメロメロだよね(笑)?」「朝ピンク、夜ピンクは的確」「なにわに混ざりたかったガヤさんも可愛い」「落ちるのが怖いって。そうだよね、半端ないプレッシャーがあるよね」などの反響が寄せられていた。