• Sat. Aug 13th, 2022

KinKi Kids・堂本光一、中居正広は「退所後も変わらない」! 『金スマ』収録を回顧

 KinKi Kidsがパーソナリティを務めるラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)が7月25日深夜に放送され、この日は堂本光一が登場。1日に放送されたバラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演した際の裏話を明かした。

 光一は番組冒頭で、7月27日に発売したニューシングル「Amazing Love」の通常盤にスペシャルトラックとして収録されている楽曲「HEART」について言及。同曲は、KinKi Kidsが2人で作詞作曲を手がけ、21日にデビュー25周年を記念して放送されたラジオ特番『You たちデビューして25年もたっちゃったの!?〜KinKi Kids どんなもんヤ!3時間生放送スペシャル〜』(文化放送)で解禁された。

 この楽曲について、リスナーからは「明るくて素敵な曲」という感想が寄せられたが、光一は、「『25円CM』の曲を2人で作るってなったときにできたもうひとつの曲」だと告白。デビュー25周年にかけて、KinKi Kidsが出演料25円でCMに出演する「#キンキ25円でCM出演」キャンペーンには、「The Story of US」という楽曲がCMに起用されているが、その裏では「HEART」も誕生していたようだ。

 光一によると、KinKi Kidsに多数の楽曲を提供し、プロデュースを手掛けてきたシンガーソングライターの堂島孝平氏とともに「The Story of US」のブラッシュアップをしている際、堂本剛が「HEART」の制作を始めてしまったとのこと。

 剛のまさかの行動に、光一は「もう自分の中で、『もう1曲作りたい』って思いが強かったんでしょうね」と笑いながらコメント。「そんな中、もうちょっとメロディーの数というか、メロディーの部分を増やしたほうがいいのかあと思って」と、光一はBメロ部分を担当したものの、「ほとんど剛くんが勢いでブワーっと」書き上げたという。

 光一は剛について、「勢いをすごく大事にするタイプですよね」とも語り、できあがった「HEART」は、「ノリはいいけど、ちょっと不思議な感覚になる曲かな。アレンジにしても」と説明。「ちょっと南国を思わせる楽器というかサウンドが……間奏とか聞くと、また印象が変わるかもしれないですね」と、曲をアピールしていた。

 その後は、KinKi Kidsが2人でゲスト出演した1日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』についても言及。番組では、オープニングだけで収録時間が40分以上かかったと明かされていたが、打ち合わせ段階では、司会を務める中居とのエピソードがなかなか出てこなかったそう。

 光一は、「いざ本番が始まってみると、これ中居くんもそうだったんですけど、いろんなことを思い出して。『あんなことあったよな』『こんなんことあったよな』って。不思議ですよね」と収録を回顧。続けて、「中居くんも今は(ジャニーズ事務所を)退所されていますけど、なんか……なんやろうな、何も変わらないですね。それが自分としてもうれしかったですし、ああやって久しぶりにお話できたことが素敵な時間でした」と語ったのだった。

 この日の放送にリスナーからは、「剛さんの創作意欲すごいね」「そんなスピード感で作られてたのか!」「2人ともお互いのアーティストの部分リスペクトしてるのが伝わる」「退所しても変わらない中居くんとの関係ステキよね」「中居さんと3人での『あんなことあったよな』なお話、もっと聞きたいな」という声が集まっていた。