• Sat. Aug 13th, 2022

女優転身の元アジアン・隅田美保、「バラエティーに未練」!? 「自分勝手」と疑問の声も

 元アジアン・隅田美保が7月23日、インスタグラムに自撮り写真を投稿。髪を切ったことを報告し、コメント欄には「めっちゃ可愛い」「隅田さん、おでこだしたほうがいいですね」などと反響が寄せられている。

 この投稿で、隅田は「こないだのルミネのイベント楽しかったな」とつづり、18日に、約2年ぶりに吉本興業直営劇場「ルミネtheよしもと」の舞台に立つこととなったイベント「チュートリアル福田・レイザーラモンRGの立ち飲み酒場」を回顧。続けて「呼んでもらえて嬉しかったな もっともっと出たいな」とつづっている。

 なお、同イベントはチュートリアル・福田充徳とレイザーラモンRGを中心としたトークイベントで、麒麟・田村裕、とろサーモン・村田秀亮、NON STYLE・石田明も出演。石田は、隅田が久々にルミネの舞台に立つと聞き、急きょ出演を決めたという。

 2015年に「ブスいじりのせいで、結婚できないのがイヤ」とブログで説明し(後にほかの理由があったと訂正)、テレビなどのメディアから自ら距離を置いた隅田だが、その後、17年12月に放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)で約3年ぶりにテレビ復帰。しかし、昨年6月に約22年間活動したアジアンの解散を電撃発表し、同時に「昔からの夢でもあった演劇の世界で本格的に芝居やミュージカルに挑戦していきたいと思っています!」と女優転身を宣言していた。

「アジアン解散後、舞台女優に転身した隅田は、今年6月にも小劇場の演劇に“うつ病の母親役”で出演。最近は『Zoom』を使った1回3,000円の“お茶会イベント”も開催しており、今も根強いファンはいるようです」(芸能記者)

 かつてテレビで複数のレギュラーを抱えていた売れっ子時代と比べると、第一線から退いた印象も強い隅田。以前は「カフェを開きたい」という将来の夢を明かし、実際、テレビに出ていない間は婚活と合わせてカフェでバイトもしていたそうだが、最近のSNSへの投稿を見る限り、お笑い界への未練が見て取れる。

 例えば、現在、隅田はTwitterのプロフィール欄で「お芝居やバラエティーのお仕事いっぱいしたいですご依頼ありましたら吉本興業までお願い致します!」(原文ママ)とアピールしているほか、今月には自撮り写真とともに「楽しい人と楽しいことしたいな…なかなか腰があがらんかったアレそろそろ始めてみよかいなぁ」と思わせぶりなツイートをしていた。

「ネット上では、『お笑いにカムバックしたいの?』『バラエティーに未練がありそう』と訝しむ声が上がる一方で、『馬場園(梓・元アジアン)さんを散々振り回しといて、「またバラエティーやりたい」とは自分勝手にもほどがある』『面倒くさそうな性格。バラエティーやりたいなら、解散しないほうがよかったのでは?』と疑問の声も。ただ、『人間らしくていい』と人生に右往左往する隅田を応援する声も見られます」(同)

 アジアン解散時、馬場園から「限りある時間を全力で好きな事に使ってもらいたいので 全力で送り出すことにしました」とのメッセージを送られていた隅田。今後どこを目指していくのか、注目したい。