• Wed. Aug 10th, 2022

ロンブー・田村淳、“BAN覚悟”でガーシー対談動画公開へ! ヒカルらの番組は“出演中止”

 ロンドンブーツ1号2号の田村淳が7月28日、自身のYouTubeチャンネル「田村淳のアーシーch」で生配信を実施。古くからの友人である“ガーシー”こと暴露系YouTuber・東谷義和氏との対談が実現したことを明かした。

 現在ドバイに住む東谷氏とリモート対談を行ったという淳は、「久しぶりに目を見ながら話しましたね。いろんなことを話してます」「やっぱ話してよかったですよ」とコメント。さらに、「(昔の東谷氏と)変わってないんだよねえ、俺の前では」と撮影を振り返りつつ、「やっぱ、一致しないんだよねえ……」と東谷氏に抱くイメージと活動のギャップに戸惑いを見せる場面もあった。

 なお、この対談の様子は、同チャンネルのコーナー「セカンドチャンス」の第5弾として配信予定だとか。同企画は一度つまずいてしまった有名人が登場し、淳が話を聞きながら、視聴者と一緒に今後についてを考えていく内容で、これまで高知東生、後藤祐樹、乙武洋匡、天竺鼠・瀬下豊が登場している。

 東谷氏は3月、自身のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」(現在はアカウント停止)に「ロンブーの淳について話します」と題した動画を投稿し、淳とは大阪で活動していた20代の頃に知り合い、その後、淳の勧めで上京したことや、上京後に1年ほど同居していたことなどを告白。加えて、「(淳と)20代の時からずっと2人で遊んだりしてたんで、女の子もいっぱい呼びましたし、いっぱい遊びましたよ。皆さんが想像してること、いっぱいしてます」と赤裸々に明かしながらも、淳に“反社会的勢力との付き合い”や“未成年淫行”といったネガティブな暴露ネタはないと断言していた。

「今年、東谷氏と再び連絡を取るようになった淳は、4月にYouTubeチャンネル名を『田村淳TV』から、東谷氏に便乗した現在のチャンネル名に変更。『誰も傷つくことのない、しょうもない暴露ネタもやる』と今後の方針を明かしていました。淳は今でも東谷氏のことを『友達』と語っており、2人の関係は良好のようです」(同)

 また、淳は今回の配信で、対談動画の公開日が少し先になることを報告。その理由として、「BAN(チャンネル停止処分)される可能性が、現段階ではある」「うちのチャンネルも、その覚悟をしています」と話し、「配信しないといけない」動画を先に公開した上で、東谷氏との対談を投稿するという。

 東谷氏といえば、13日にメイン、サブチャンネルの両アカウントがチャンネル停止処分にされたほか、同氏がゲスト出演した関係者の動画や、同氏の“切り抜き動画”を配信していたチャンネルも次々と停止される事態が起きている。

「“青汁王子”こと実業家の三崎優太氏は27日、ヒカル、与沢翼氏とともに出演しているYouTube番組『賛否両論』に東谷氏が出演予定だったものの、『今、ガーシーさん界隈のチャンネルが何かいろいろあるっていうことで、できなくなっちゃったんです』と中止となったことを報告していました。そういった状況がある中、チャンネル登録者数70万人以上を抱えながらも、東谷氏との対談を強行した田村の“覚悟”は相当のものといえそうです」(同)

 そんな田村に対し、ネット上のファンからは、テレビのレギュラー番組への影響を心配する声も見られる。

「現在、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)や『超多様性トークショー!なれそめ』(NHK Eテレ)など数多くのレギュラー番組に出演中の淳ですが、東谷氏との関係性を強調することで、テレビ局やスポンサーが警戒する可能性も否めません。東谷氏が“晒している”つもりはなくても、今後、淳のイメージダウンにつながるエピソードがポロッと飛び出す可能性もあり、淳が所属する吉本興業内でも緊張感が漂いそう」(同)

 今後は、自身が運営するオンラインサロン「田村淳の大人の小学校」にも東谷氏が携わり、「YouTubeの配信よりもディープな話が聞けるんじゃないかな」と語っていた淳。深く関わることで、自身の首を絞めることにならないといいが……。