• Wed. Aug 10th, 2022

Aぇ! group・佐野が神尾楓珠にもらった服を着て登場! 少年忍者、賛否両論のMVが一転して好評【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、7月21日~27日公開の動画を注目度順にチェックします!

Aぇ! group・佐野、神尾楓珠にもらった服を着て登場

 Aぇ! groupの動画は「【佐野晶哉の相関図】俳優に恋をした!?交友関係大公開!」(26日)で、タイトル通り、佐野晶哉の交友関係を深掘りしていく企画。

 まず、佐野は尊敬する先輩としてホワイトボードに関ジャニ∞・安田章大の名前を書き、「この人がいないと始まらないです。こういうアイドルになりたいなっていう存在」と宣言した。普段、安田のほうから積極的に連絡をくれるそうで、「なんもなくても、『最近連絡ないけど、元気してるかな~と思って連絡しただけ』『常に気にかけてるからいつでも連絡したってな~』みたいな」と明かすと、メンバーは「優しい~」と感激。

 また、今年5月公開の映画『20歳のソウル』で共演した俳優・佐藤浩市や神尾楓珠のエピソードも。佐藤には「芝居へたくそやな!」と愛のあるイジりを受けたそうで、神尾については「この服をくれた方……」(6分6秒頃)と、着ている洋服を指しながら自身が神対応を受けたと明かした。

 神尾とは「仲良い、親友役やって。最初は頑張って仲良くならな! って感じだったんですけど。なんかもう気づいたら(距離が縮まっていた)。車で撮影の時、泊まってたホテルまで送ってくれたんですよ」とのことで、ホワイトボードに「恋」とのワードも追記。佐野は現在20歳、神尾は23歳だが、「年齢近いけどあこがれな感じですね」とも告白していた。

 なお、佐野は小学生の頃に劇団四季の舞台に出演していたが、KinKi Kids・堂本光一主演『Endless SHOCK』を観劇し、ジャニーズ事務所入所を決意したという。また、仲の良いジャニーズ仲間として、HiHi Jets・猪狩蒼弥、7 MEN 侍・矢花黎&佐々木大光、Lil かんさいの一部メンバーら同期との思い出話も披露。Lil かんさい・當間琉巧については「入って4年ぐらい、あんま仲良くなかったんですよ」「俺、怖いんよ。(當間が)おもろすぎて」と本音を漏らしていた。

 ちなみに今動画に関して、ファンはタイトルのグループ名が間違っていると指摘。本来はいずれも半角のビックリマークとスペースが入っているものの、29日時点でも「Aぇ!group」の表記となっている。Twitter上のファンは「Aぇの表記を間違えてるのがめっちゃ気になる」「グループ名の表記を間違えているし、今回のYouTubeの編集はいつもと違う人かな?」「ビックリマークが全角だし空白がない。Aぇのこと知らない編集さんに変わったのなら悲しい」とショックを受けていた。

 Lil かんさいは通常回が約3時間半遅れで更新されていたが、再生回数は1本目が19万台、2本目は21万台(29日時点)。Aぇ! groupの動画は31万台(同日時点)。

 7月27日の動画は「少年忍者【太陽の笑顔】初MV撮影の裏側!全部自分たちでやりました!」で、前週公開の「少年忍者【太陽の笑顔】ワンカットMV」の撮影に密着した1本だ。

 「太陽の笑顔」MVは、少年忍者にとって初のミュージックビデオ。彼らは今年の初め、関東のジャニーズJr.5グループによる対決企画で優勝し、MVの制作権利をゲットしたのだった。

 その後、4月公開の動画内でメンバーがプレゼン大会を実施した結果、撮影場所は織山尚大がアイデアを出した「心霊スポット」に決定。ファンの間で物議を醸したが、実際の撮影地は「廃校になった小学校。しかも夜の撮影」(前週の概要欄)に変更された。

 しかし、完成した“自撮りワンカットMV”を見た視聴者からは「みんな楽しそうで素敵だった」という声だけでなく、「自主制作でも、もっと良いMVが作れる」「ご褒美のMVとは到底思えないクオリティ」と批判的な意見も続出。何の説明もなく安嶋秀生が不在の状態で撮影が行われたことにも疑問の声が上がっていた。

 そんなMVの撮影裏では、メンバーは心霊スポットで有名な学校だと聞いてビビりまくり(実際はただの廃校になった小学校とのこと)。織山を中心に撮影を進めていくが、当人は「まだ現場検証、全員でできてないから。まだわかんない」と不安を口に。グループのまとめ役である川崎皇輝は「『ミスったら最初からやり直し』なんていうことも書いてあります」「忍者の対応力。この4年ぐらいで培ってきた対応力でちょっと。今回、2時間しかないので。バチッと撮りきりましょう」と呼びかけていた。

 練習でも織山&川崎がその場を仕切り、各々の動きや役割を的確に指示。お互いの見えていないところを補い合うように、プロデューサー目線で演出を考えていた(絶妙にバランスの良い2人)。率先して引っ張っていきながらも、合間には「自分たちで考えて動いてほしいの。なんか、モップでも使えるものは全部使ってもいいです。自分たちで面白いなと思ったものは全部入れてっちゃっていい。これ、みんなもそうね」(織山)「部屋使って、それぞれでちょっと考えてほしいから。ここあとで時間とる。何するか」(川崎)と自主性を重んじる場面もあった。

 しっかり者の18歳(織山)、19歳(川崎)に感心するばかりだが、個人的には見せ場をもらえた稲葉通陽のうれしそうな笑顔にも注目してほしい。8分42秒頃から「稲葉ね、あっちからアクロバット」(川崎)「おー、やった~!」(稲葉通陽)「床滑らないように気をつけて」(川崎)「はい、ありがとうございます」(稲葉)と会話しているシーンだ。

 本番前の確認では、織山が「もうこれ移動したほうがいいんじゃない?」「もっと早くだよ!」「これもっと大きく踊ってね」と時に厳しくアドバイスする一幕も。そうして、川崎が「一発でいきましょう!」と宣言し、ミスもなく無事にやり遂げたものがMVになったという。

 最後に撮った動画をチェックしている際は、メンバー同士で健闘を称えるなど大盛り上がり。裏方のポジションとしても活躍した2人は「2時間のクオリティちゃうわ!」(織山)「ほかのグループにはできないミュージックビデオができたと思います」(川崎)と自負していた。また、鈴木悠仁は「織山くん、ありがとう!」と感謝しており、きちんとお礼の言葉を口にするあたりに優しさが垣間見えた。

 前述の通り、MV解禁後は否定的なコメントも多かったが、今動画を見たファンの間では「2時間でこれだけ素晴らしいMVを作れる少年忍者は本当にスゴい」「こんなにもみんなの努力や工夫があったことを知って涙が出そう」「裏側を見たらみんな楽しそうだった。忍者らしいわちゃわちゃしてたMVもいいね」「裏側見てから、あらためてMVを見ると感慨深い。織山くん、ありがとう!」「織山くん、18歳という若さでまとめ役や演出までやっていて本当に尊敬する」「織山くんと皇輝くんを中心に作り上げたこのワンカメMVは宝物だね」と好意的な感想が相次いでいた。

 再生回数は29日時点で12万台を記録している。

 7月21日の動画は「Travis Japan【初のラスベガス】ダンス大会に挑戦!」。アメリカ・ロサンゼルスに留学中のTravis Japanが、ダンス大会『Prelude Las Vegas』に参加するため、メンバー7人でラスベガスに遠征した模様を収めた1本だ。

 まずは車内でのトークからスタートし、ラスベガス近くの砂漠の中にあるという町・ネルソンで写真撮影を開始。松倉海斗がカメラマンを担当し、“映えスポット”を探しながら、次々とシャッターを切っていった。

 再び車に戻ると、翌日の大会について「会場もどんなところか想像ついてないからさ」(宮近海斗)「ベガスでダンス大会できるっていうのも普通にスゴいうれしいよね」(松田元太)「カッコよくない? だって俺ら、ベガスにダンス大会しに来てるんだよ。響きカッコよくない?」(宮近)と会話。当然、緊張もしているとみられるが、それよりも今の状況を楽しむ余裕も感じられる一幕だった。

 そして、概要欄に「さらに、ラスベガス入りから翌日のダンス大会当日の朝。一部のメンバーがプライベート感たっぷりなモーニングルーティンを撮ってくれました♪」と記載がある通り、動画の後半は本番当日のモーニングルーティンの映像に切り替わる。

 トップバッターの中村はベッドでの寝起きシーンを皮切りに、お風呂上がり、歯磨き、目にコンタクトを入れる工程など生々しい姿ばかり。ほかのアイドルのモーニングルーティンの中でもあまり見たことがないほど、リアルな日常の1コマを覗き見してしまった気分だ。

 吉澤閑也も歯磨き、スキンケア、ヘアアイロンでくせ毛を治す流れをお披露目していたが、七五三掛龍也は起床後とシャワーを浴びた直後の自撮り、ヘアセット完了後……と、さほど素の一面を見せずに終わっていた(アイドルとしてのイメージを死守?)。かたや、最後の宮近は寝ぼけ眼で登場。シャワー中に鼻歌を歌っている時の様子もそのまま公開しており、ファンにとって今動画は永久保存版なのではないだろうか? 

 なお、Travis Japanの動画は、LA編になってから再生回数が減少傾向になっていたのだが、今回は25万台と順調に伸びている(29日時点)。彼らは13日(日本時間)にアメリカの人気オーディション番組『America’s Got Talent』(通称AGT)に出演して話題になったため、知名度アップの効果が表れたのかもしれない。

 7月22日に上がったのは「7 MEN 侍【240個分の巨大餃子】史上最高の味…!?」(再生回数は29日時点で16万台)。今回は、7 MEN 侍の人気シリーズ「巨大クッキング」企画の第5弾で、40人前の巨大餃子作りにチャレンジしている。

 オープニングのサイコロトークでは、本高克樹が今年3月末をもって終了したラジオ番組『中山秀征のクイズイマジネーター』(NHKラジオ第1)に関する裏話を披露。ゲストとしてたびたび出演したいた本高は、最後の出演の際、パーソナリティの中山やスタッフらに差し入れを持っていこうと思い、事前に中山の好きな食べ物を調べてみたところ、出てきたのが「はまぐり」だったとか。

 本高が「はまぐりって(差し入れするのは)難しいじゃん。ちょうどその時にデパートに僕らいて。いろんなお菓子とか見てて、(菅田)琳寧がこっち走ってきて。『克樹、見つけた!』って言って、なんだろうと思って行って。そしたらお饅頭が置いてあるの。『何?』って言って。『この饅頭、栗入ってる』って言って。はまぐりのことこの人、栗(くり)だと思ってた」と暴露した。

 このエピソードを受け、周囲は「それガチ!?」(中村嶺亜)「ガチで言ってんの!?」(矢花黎)と驚愕していたが、1人だけピンと来ていない様子の佐々木大光は「どういうこと?」とポツリ。「はまぐりって栗じゃないから」(本高)「貝じゃん」(今野大輝)と言われても、「ああ……」(佐々木)と微妙なリアクションを見せていた。

 こうして、食材に疎い菅田や佐々木を含むメンバーで挑むのが、およそ240個分の巨大餃子。もちろん、材料は豚ひき肉1.5kg、長ネギ3本、キャベツ1玉……と大ボリュームだ。まず、料理に慣れている本高は縦に切れ目を入れてからネギをみじん切りし始めたが、「ちょっとズルいよな。紳士じゃない」(矢花)と物言いが入り、「料理なんて効率だから」(本高)「愛情でしょ、料理って」(中村)などと話しながらも作業を進めていく。

 ホットプレートに皮をのせる過程では「これちょっと薄すぎたんじゃない?」(佐々木)「透けてるやん!」(矢花)「透けてる餃子なんて見たことねぇよ!」(佐々木)とピンチも訪れたが……。果たして、7 MEN 侍は美味しい餃子にありつけたのか? ぜひ今動画で確かめてほしい。

 7月24日の動画は「HiHi Jets【それって画力?空想力?】空想お絵描きバトル!」。今回はお絵描き心理戦ゲーム「セッチューアン」をもとにした企画で、例えばゾウとキリンを混ぜた“空想お絵描き”を披露していくというもの。上半身がゾウ、下半身はキリン……など、なんとも奇妙なイラストが続々と登場する。

 ペンギン×クワガタのお題では、橋本涼の作品を見た猪狩蒼弥が「体の右左でさ、足なのかな? 数が違うのはなんなの?」と指摘。独特なタッチの絵に、井上瑞稀は「怖い、怖い、怖い!」「ガチで怖いじゃん!」と恐怖を感じていた。さらに、橋本が「まつげ。まつげの上が眉毛」とポイントを紹介すると、周囲が「人間混ぜちゃダメだから」(猪狩)「次から人間禁止ね」(高橋優斗)と冷静に注意する場面も。

 後半は「折衷案クイズ」として、各々が何をかけ合わせて描いたのかを出題していった。動画自体は10分39秒とほかのグループに比べて短く、正直に言って盛り上がり・面白みに欠ける1本。ファンからしても「何度も見たい」と思うような企画ではなかったのか、再生回数は11万台(29日時点)と伸び悩んでいた。

 なお、25日にはHiHi Jetsと美 少年によるパフォーマンス動画「HiHi Jets・美 少年『未来SUNRISE』(『テレビ朝日・六本木ヒルズSUMMER STATION』公式テーマソング)【8月28日まで期間限定公開】」もアップされこちらは26万台と高記録をマークしている(29日時点)。

 7月23日にアップされたのは「美 少年【100円はどれだ!?】100円ショップのクオリティ…スゴイね!!」(再生回数は29日時点で16万台)。オープニングは視聴者から「演じてみたい漫画のキャラクターを教えてください」との質問を受け、しばし漫画トークで盛り上がる6人。少年の心を忘れず、無邪気にしゃべり続ける様子が微笑ましい一幕だった。

 本題は「本物を見極めろ!! 100円はどれだ!?」ゲーム。全18種類のアイテムのうち、100円の商品が6つ紛れており、間違わずに100円の商品を選べるかどうかを試す企画だ。100円ショップで買い物経験があるメンバーもいるといい、「今の100均はヤバいよ。ナメたら」(金指一世)「普通に行くでしょ。結構、いろんなもの売ってて便利」(岩崎大昇)と話し、自信をのぞかせたが……。金指が発言した通り、100円の商品もクオリティが高かったのか、見極めるのはなかなか難しかったようだ。

 金指&佐藤龍我(3分15秒頃、4分41秒頃など)は終始、距離感が近かったほか、冒頭のトークパートを含めて、撮影中も自然体。那須雄登のサングラス姿をイジるなど、前週のお菓子企画に続いて遊び心満載の編集に仕上がっていた。

 コメント欄でも「ここ数週間の美 少年の動画は毎回笑いが止まらない」「最近の美 少年の動画はみんなのバラエティ能力が向上してる」「最近の美Tube、前よりもバラエティ力が上がっていてめっちゃ面白い」と高評価が増えてきている。

 Lil かんさいは2本の動画が公開された。1本目「【リップでリップサービス】したら波乱が起こった!!」(25日)では、カリフォルニア発のメイクアップブランド「Too Faced(トゥー フェイスド)」のリップトリートメントをプロモーション。「リップでリップサービス」と題し、メンバーへの“褒め言葉”をリズムに合わせて伝えていくゲームを行っている。

 最初は西村拓哉を褒めるターンで、序盤は「可愛い」「髪サラサラ」と定番のフレーズで始まり、徐々に「ネクタイ結べないのが可愛い」「耳たぶプニョプニョしてるのがいいね」(嶋崎斗亜)とマニアックなポイントも。Lil かんさいに詳しくない人も、この動画を見れば各々のキャラクターや特徴が見えてくるのかもしれない。

 通常回の「【初挑戦!無音ダンス】「Lil miracle」きっちり踊ります!!」(26日)は、「Jr.チャンネル」恒例の無音ダンス。対象曲は彼らのオリジナル「Lil miracle」で、途中から音が聞こえない状態で、1人ずつ“無音”のまま踊り、誤差なく踊りきれるのかどうかを検証する。

 グループ最年少の當間琉巧は「こたちゃん(岡﨑彪太郎)と僕、シンメ(トリー)で結構、大外の位置が多いので」「移動距離でカウントとか長さとか、体に染みついちゃってると思うので……」と前置きした上で、「あんまり自信ないです」と吐露。ほかのメンバーも「正直自信ないです。振り覚えが僕が一番早い」(西村)「ピアノやってるんですけど、ピアノを弾く時、若干早取りがちになっちゃうんで。ちょっと早くなっちゃうかもしれないです」(岡﨑)と述べていたが……。誰がどれぐらいズレていたのか、正確だったのかは、今動画をチェックしてほしい。