• Wed. Aug 10th, 2022

ZOZOTOWNで試着した服が「返送料無料」に!? 買い物狂いが教える、意外な裏技

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 ある日、N子がいつものようにZOZOTOWNを眺めていると、「こ、これは……!!」というスカートを見つけました。その名も「【FUMIE TANAKA】 patch long SK /ロングスカート」というアイテム。

この投稿をInstagramで見る

FUMIE TANAKA(@fumietanaka_jp)がシェアした投稿

 商品説明欄には、「大手アパレルでデザイナーを務めていた田中文江氏デザイナーが手掛ける『ザ・ダラス(THE Dallas)』が2019年秋冬シーズンをもって終了し、自身の名前を冠した新ブランド「FUMIE TANAKA(フミエタナカ)」として再始動」と書かれています。ほうほうほうほう……!?

 私が気にいったのは、スカートの腰の部分。これ、中世に大流行したコルセットっぽいドレスに似ていると思いません!? 私はデブのくせにおなかの部分でギュギュっとマークしたスカートが大好物なのですよ。んぎゃわいいい~! これ、欲しい~~~!!!!!!

 しかし、ネックなのはサイズ感。ウエスト部分を紐で調節できるっぽいんですが、「ウエスト65cm、ヒップ93cm」と書かれています。そ、そんなバカな……!! あたしゃウエスト98cm、ヒップ100cmの女なのよ!!!! それじゃどう頑張ったって入らないじゃない!!!!!!!!!!

 諦めきれない私は、商品名でネット検索してみることに。すると、いろんなECサイトで販売されていることがわかったのですが、サイズは各々の会社で測っているのか、表記がバラバラなんです。

 おなじみの「ベイクルーズストア」では、「ウエスト68cm、ヒップ84cm」と記載されていました。ZOZOと比べると、ウエストは少し大きいけど、逆にヒップが小さくなってるってどういうことよ!? このスカートをはける女がこの世に何人いるっちゅーの!?(注:たくさんいます)

 私はぷりぷりしながら、再びネット検索を開始しました。すると、今年の10月発売というまったく同じ形のスカートを見つけました。こちらは「ウエスト71cm、ヒップ131cm」となっています。おおおおおお!?!?!? これはいい感じじゃないの!?!?!? 

 しかし、問題はZOZOで売っているスカートと同じものなのかどうか……。ぱっと見た感じも素材もまったく同じだけど、サイズが違うってどういうこと……?

 気になったのでベイクルーズストアに問い合わせてみた結果、「担当者から返信するから2~7日待ってほしい」と言われました。別に待つのはいいんだけど、ZOZOの在庫は残り1着なんだよなあ。ポイントが2万円分くらいあるから、なんとしてもZOZOで買いたい……。

 もうこうなったら、サイズが合わなかった場合、返送料の1,000円は捨てることにして、試しに購入してみるか……。私が迷いながらZOZOに舞い戻り、商品をカートの中に入れて迷っているときでした。

 「なにかお困りですか?」というメッセージが画面上に現れたんです。はて……? 思わずそれをタップすると、すぐにカスタマーセンターとチャットがつながりました。

 「お困りですか?」と声をかけてくれるお姉さんに、「商品の詳しいサイズ感がわからないので、買うかどうか決めあぐねていました」と正直に話すと、「お調べします」という答えが返ってきました。

 それから3分後……。お姉さんは戻ってくるとこう言いました。

「詳細なサイズはどこを見ても書いていませんでした。これから、下記の2つの方法を選んでいただければと思います。1・お客様のほうで購入していただき、試着してサイズ感が違っていたら着払いで返品していただく 2・こちらのほうで再度調査し、数日後に詳細なサイズ感をお伝えする」

 WHAT!?!?!? 試着が返品送料無料!?!?!? 意外な提案に私が「無料で試着できるんですか……?」とあらためて確認すると、お姉さんは力強く答えました。

「さようでございます」

 な、なななななんだって~~~~~!?!?!?!? す、すごいぞ、ZOZOTOWN!! なんて神対応なんだ!! 決めあぐねている客にさっと駆け寄り、「返品無料で試着してください」だなんて……!! この一件であたしゃ、すっかりZOZOが好きになったわよ!!!!!!!!!!

【後日談】
 当然っちゃ当然なのですが、スカートは入らず返品しました……たはは。