• Wed. Aug 10th, 2022

嵐・相葉雅紀、「舐めてもらっちゃ困ります」とラジオスタッフに強気発言のワケ

 嵐・相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)。7月29日深夜の放送回では、番組宛に「現役JKの私から、雅紀くんに挑戦状です」「現段階で雅紀くんは、はやり言葉をどのくらい知っていますか?」というメールが届いたことから、相葉が「流行語クイズ」に挑戦した。

 まず、放送作家で番組アシスタントを務める“ちかさん”から、「JKって何ですか?」と聞かれた相葉は、困惑しつつ「女子高生」と解答。少々簡単すぎたのか、相葉は「おいおいおいおい! 舐めてもらっちゃ困りますよ!?」と強気な発言を残し、さらに「当たり前すぎて、ちょっとこっちがびっくりしちゃって戸惑っちゃったじゃん。(本当は)もっとスッと言えたけどさぁ……」と不満をぶつけていた。

 相葉によると、ちかさんは「SNSとか結構見たりする」そうで、今回のクイズにも強いと予想。その一方で、「俺、もう結構わかんないもん」と、自身はSNS用語にはあまり詳しくないとか。

 そんな相葉に、ちかさんは「一番新しいとかじゃないけど、“草”ってなんですか?」と問題を出題。これに相葉は「“草”ってよくあるよね。たまに見ると“草”ってあって……」と、SNSで目にした文章を思い返しながら、「感じとしては“面白い”みたいな」と正解を導き出したが、「なんで草なの?」と理由までは知らない様子。

 ちかさんから「(笑)みたいな感じで“w”を使うじゃないですか、『www』みたいに。これが、草が生えているように見えるから」「だからwがいっぱいのときは、“草原”とか“大草原”とか(言われる)」と説明を受け、相葉は「あ~、なるほどね!」「へぇ~!」と納得していた。

 さらに相葉は、「エモい」「きゅんです」といった言葉の意味をちかさんに質問。それぞれ解説を聞き、「それぐらいだな。自分の中で新しいの。もう出てこないや」と、ほかに思いつくワードはないという。

 そこでちかさんは、ネットで見つけたという「2022年上半期インスタ流行語大賞」から、90年代に平成ギャルの間で流行した“ギャルピ”を紹介。これは、Vサインを手の平が上になるように逆さに向けて前に突き出す「ギャルピース」の略称で、再びはやり出していると説明された相葉は、「こういうこと?」と実際にポーズをとってみたようだ。

 また、ちかさんが「エグち」という言葉を挙げると、相葉は「えっ?(江口)洋介さん?」と俳優の名前を口に。若者の間では、「エグい」と同様に「並外れている」「際立っている」ことを表す言葉として、ポジティブな意味でもネガティブな意味でも使われているようだが、ちかさんの手元の資料には意味までは載っておらず、ラジオスタッフにも意味を知っている者がいなかったため、相葉は「いや、もうおじさんしかいないから無理よ、これ解明するの! 絶対」「問題にならないよ」と諦めていたのだった。

 この日の放送に、ネット上では「相葉くんがちかさんに若者言葉習ってるのがおもしろい」「草の意味を知らない相葉くんが本当にピュアで可愛すぎる……」「はやりに疎いのが相葉くんらしい」「SNSに疎すぎる相葉くんが大好きすぎる」「相葉さんはどうかそのままでいて」という反響が続出。また、「ギャルピースしてる相葉くん絶対可愛い」「オフショット見せて~」と熱望する声も集まっていた。