• Wed. Aug 10th, 2022

YouTuber・ヒカルを“神格化”する人続出! 誤送金問題の田口翔被告救済で「稼がせてもらおうかな」

 人気YouTuberのヒカルが8月1日、動画「4630万円誤送金問題の田口翔を保釈直後に独占インタビューしました」を公開。誤送金問題で話題となった田口翔被告を支援していくことを明かし、ネット上ではヒカルを“神格化”するようなコメントが相次いでいる。

 田口被告は、山口県阿武町から誤って振り込まれた新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円を別の口座に振り替えたとして、電子計算機使用詐欺罪で起訴されるなどした人物。誤給付金4630万円の返金をめぐっては、4290万円を田口被告の出金先となった決済代行会社3社が持ち、弁護士経由で相談を受けたヒカルが、残りの約340万円を立て替えたていたという。

 今回の動画では、1日に勾留先の山口南署から保釈された田口被告がヒカルの車に乗り込み、場所を変えた後に、ヒカルが田口被告にインタビューする様子が配信された。

「これまで、密かに弁護士を通じて田口被告やその母親と会話してきたというヒカルですが、本人と保釈時に初対面。ヒカルは、誤送金がきっかけでネットに個人情報が晒されるなどした田口被告に同情的な気持ちがあるそうで、自身が株を3割所有するブロッコリーと鶏むね肉の販売会社『QBT』を就職先として紹介し、田口被告もそれを受け入れていました」(芸能記者)

 田口被告の母親が「(息子に)真っ当に生きてほしい」と願っていることから、「そういう方向に導けたらいいな」「田口くんにも稼がせるし、そのお金で田口くんがお母さんにもお金を返すっていうところまでできたらなと思ってる」と語ったヒカル。同時に、「きれいごと」ではなく「ビジネス」でもあると強調した上で、田口被告が「QBT」の広告塔になれるのではないかと予想し、「僕自身もがっぽり稼がせてもらおうかなと思ってます」「ウィンウィンの関係を築けたら」とコメント。早速、動画内で「田口くんに食べてもらいましょう」と「QBT」の商品を食べさせていた。

 また、田口被告自身もヒカルのバックアップを望んでいるようで、「めっちゃ感謝してます。ありがとうございます」「うれしいです。めっちゃ尊敬してます」と感謝を伝えている。

 ネット上では、「田口翔を雇うヒカル、まさに神の一手。テレビには絶対に真似できない手法」「ヒカル、田口被告に救いの手を差し伸べるなんて超絶神。今後、2人の関係が永遠に続くといいな」「失敗を失敗で終わらせないヒカルさん、神すぎる」などとヒカルを神格化するようなコメントが続出しているほか、「田口さんが結構ちゃんとした人で驚いた。ヒカルのおかげでマスコミの印象操作のひどさがわかった」「1人の青年がメディアに叩きのめされて終わるところだった。ヒカルがいて本当に良かった」などとマスコミ批判にも発展しているようだ。

 ただ、一部では「ヒカルのせいで、YouTubeはやらかした人の受け皿っていうイメージが強まった」「悪目立ちした人が勝つ世の中にしてはいけない」「ヒカルに拾ってもらうために、第2の田口になろうとする人が出現しそう」「今後、悪いことをした人を宣伝に使う人が増えそうで嫌だな」など、ネガティブな声も出ている。

「ヒカルといえば、『赤い羽根共同募金』や、病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設『ドナルド・マクドナルド・ハウス』に数千万円単位の寄付を行い、今年1月には紺綬褒章を受章するなど、社会貢献に積極的。そのため、ヒカルを尊敬しているというファンは数多く存在します。しかし、過去には動画でのやらせが発覚したり、過激な企画も多く、またシバターやてんちむらとのユニット『炎上軍』としても活動しているため、アンチが少なくないのも事実。今回の救済企画に賛否が起こったのは、ファンも多ければアンチも多いというヒカルならではの現象といえます」(同)

 今月1日には、ヒカルの指示でTwitterを始めた田口被告。“究極の話題作り”ともいえる救済プランを、今後も見守りたい。