• Wed. Aug 10th, 2022

あびる優と泥沼の才賀紀左衛門、7歳娘が見るYouTubeに「無頓着」? “毒親動画で洗脳”疑惑を否定か

 元妻でタレントのあびる優から“娘を違法に連れ去っている”と告発された格闘家の才賀紀左衛門が8月3日、自身のブログを更新。現在一緒に暮らす娘が見ているYouTube動画に関して、これまで無頓着であったことを明かしている。

 才賀は「昨日お風呂入ってないので娘とお風呂 お風呂後にYouTube見ながらお風呂後に足を扉にぶつけたみたいで足を冷やしながらYouTubeを見る娘 笑」(原文ママ、以下同)とつづり、朝からYouTubeを見る娘の姿を公開。

 さらに、娘が見ているYouTubeの画面写真とともに、「子供の見るYouTubeなんか、なんのYouTube見てるとか気にした事ないけど適当な事言われたらイヤやから気にしてみよかな」とつづり、「子供が勝手に見るYouTube気にした事ありますか?笑」と読者に質問している。

 これに対し、コメント欄に「YouTubeは気にしたほうが良いですよ! 子ども向けっぽくても変な内容のやつもあるし」「YouTubeは一度も見せたことがありません」「当たり前に気にしてます! そもそもあんまり見せないです」「YouTubeタイムは本人たちの好きなの見せてるし自由にさせてます」といった意見が集まったことを受け、才賀は同日夜、ブログで「明日からYouTube、TikTokの時間は合わせて2時間にします!」と、娘に動画視聴の“時間制限”を設けることを報告している。

「ブログの画像から、娘がこの日見ていたのは、YouTubeチャンネル『女子力高めな獅子原くん【YouTubeアニメ】』であることがわかります。同チャンネルは、女子力の高い男子高校生と“女子力皆無”な幼馴染の女子を中心に展開する『ちょっと不思議な青春ラブコメディー!』を謳っていて、登録者数67万人以上を誇る人気チャンネルです」(芸能記者)

 才賀といえば、昨年4月に東京高裁が“親権者をあびるに変更する”との決定を下したにもかかわらず、娘の引渡しに応じていないことが7月21日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で発覚。21日および28日発売の同誌は、昨年2月頃から、娘があびるのことを『人間でもないし。動物』『産んだだけのただのおばさん』と言い放つなど、態度を急変させたことから、才賀による娘への“強力な刷り込み”があった可能性を報じていた。

「『文春』は、才賀の過去のブログに写っている娘の写真から、娘が『イケメンヒーロー俳優に夢中で息子をほったらかしにしていた母親の末路…』『「モデルになれ!」子どもの夢を決めつける毒親が学校に乗り込んできた結果…』というタイトルの、“毒親”を題材にした動画を見ていたと指摘。これを受け、ネット上では『才賀が見せていたのではないか』との疑惑が浮上し、『怖っ! 才賀って娘を洗脳してるの?』と悲鳴のような反応が相次ぎました。ちなみに、この2本の動画も前出の『女子力高めな獅子原くん【YouTubeアニメ】』内の動画で、娘が繰り返し見ているチャンネルであることがうかがえます」(同)

 しかし、才賀は7月28日発売の「女性セブン」(小学館)で、「洗脳や刷り込みは一切ありません」と洗脳疑惑を否定していた。

「今回、才賀がブログの読者に『子供が勝手に見るYouTube気にした事ありますか?』と質問したり、わざわざYouTubeの画面の画像を掲載したことに対し、一部ネット上では『洗脳疑惑を暗に否定したいのでは?』と疑う声も。もしそうだとすれば、才賀はのほほんとしていそうに見えて、意外と巧妙にあびる対策を練っているのかもしれません」(同)

 告発報道後、インスタグラムやブログの更新が止まってしまったあびるに対し、以前と変わらず、子育てブログを毎日更新している才賀。今後、元夫婦の泥沼騒動に進展はあるのだろうか……。