• Wed. Aug 10th, 2022

石原さとみが気の毒!? 「市村正親のままでいい」NHK『トリセツショー』にまたブーイング!

 産休・育休に入っていた女優の石原さとみが、MCを務める新・生活科学情報エンターテインメント番組『あしたが変わるトリセツショー』(NHK)に、8月25日放送回から正式に復帰することが発表された。しかし、ネット上では「代理MCのままでいい……」と複雑な心境を漏らす視聴者が相次いでいるようだ。

「同番組は、長寿番組『ガッテン!』の後番組として4月7日にスタート。石原は『トマト』『血管』『アブラ』『ギョーザ』がテーマの4回分に出演した後、復帰時期を『未定』としたまま産休へ。その後は、同じホリプロの先輩俳優・市村正親が“助っ人エンターテイナー”の肩書で代理MCを務め、5~7月に放送された計8回分に出演していました」(芸能記者)

 現在、番組公式サイトでは、「華やかで明るい石原さんとはまた違う、生粋のエンターテイナーとしての魅力と存在感で番組をグイグイと引っ張っていただきました。本当にどうもありがとうございました!」と役を終えた市村への感謝がつづられているほか、「石原さんによる収録はすでに始まっております。今後とも、石原さんのご体調や育児の事情ともご相談をしながら、柔軟に収録を進めていきます」と報告している。

 さらに、市村のラスト回となった7月28日の放送では、終盤に石原が「ごぶさたしています! 戻ってまいりました!」とハイテンションで登場。市村に「本当にすみません。本当にありがとうございました」と伝える場面もあった。

 ネット上では、石原の復帰を喜ぶ声が相次ぐ一方で、「市村正親のままでいいと思うけどなあ。めっちゃ番組に合ってる」「石原さとみに戻るのかー。市村正親、最高に面白かったんだけどな……」「市村正親はまさにエンターテイナーって感じで番組にピッタリだったから、残念」「市村正親さんに残ってほしかったな。せめて、1回ごとの交代にしてくれないかな」とブーイングににも似た声が続出しているようだ。

「石原のMCが悪いわけではないのですが、劇場を模したスタジオセットや、ショーアップされた演出に、舞台経験豊富な市村がハマりすぎましたね。MC交代時、『さとみちゃんとはいろいろとお仕事も一緒にしている仲なので、“お父さん”として、責任重大ですが、いいところをちゃんと見せて、お返ししたい』と意気込んでいた市村ですが、結果的に石原が戻りづらい空気になってしまいました」(同)

 石原にとってはなかなか気の毒な状況だが、番組開始時にも「MCは石原ではなく、あの人がよかった」と似たような声が噴出していた。

「同番組は、昨年4月と10月に俳優・満島真之介がMCを務めた特番『万物トリセツショー』をリニューアルしたもの。レギュラー化にあたり、なぜかMCが満島から石原に変更されたため、当時のネット上では『満島がよかった』『なぜ満島のままじゃダメなのか』と不満の声が相次ぎました。要は、同番組で石原にブーイングが起きるのは、今回が2度目になります」(同)

 これが生活情報番組でのMC初挑戦となる石原。女優業は何かと時間を取られることから、結婚・出産を機に、拘束時間が短いMC業を充実させたいとの意図があるとウワサされる彼女だが、同番組を今後の仕事につなげることができるだろうか……。