• Wed. Sep 28th, 2022

7 MEN 侍・本高、“二股報道”でコメント欄大荒れ! Aぇ! group・末澤は屋良朝幸のおかげでジャニーズ残留!?【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所のYouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、それら内容をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が紹介!今回は、7月28日~8月3日公開の動画を注目度順にチェックします!

7 MEN 侍・本高、“二股報道”でコメント欄大荒れ

 7月29日の動画は「7 MEN 侍【本高克樹の相関図】重岡くんゴメンなさい!!」。女性関係のスキャンダルによって、現在話題になっている本高克樹の人間関係に迫る「相関図」企画だ。

 概要欄には「ジャニーズの意外な先輩から人気芸人、そして超大物俳優までビッグネームばかり! そして、本高の黒歴史もたっぷりと…。ちょっと失礼極まりないよね~、うちの本高が失礼いたしました。バラエティに富んだ相関図です」と記載がある通り、ジャニーズ事務所のタレントだけではなく俳優、芸人など幅広い交友が明らかになっているのだが……。

 本高に何があったのかは一旦置いておくとして、ひとまず動画の本編に触れていこう。1人目は「言わずもがな」とSnow Man・阿部亮平の名前をホワイトボードに書き、「先輩でもあるんですけど。唯一、プライベートも含めて全部相談できる方。それこそ、進学する時、大学院とか大学行く時もですし。本当に昔からお世話になっている先輩で。ちょっとお兄ちゃんというか、僕からすると。先輩でありお兄ちゃん」と解説した。

 初めて連絡先を交換したデビュー組の先輩はSexy Zone・佐藤勝利だそうで、タイトルにも入っているジャニーズWEST・重岡大毅に対しては罪悪感を抱いているとか。

 「2017年とかかな……に頻繁に連絡とらせてもらってた先輩」「当時の僕、変にガツガツ行く時期だったの。いきすぎて、『いつでも重岡くん家行きますよ』とか言って、『俺の家に塩盛っとくわ』とか結構ガチめに跳ね返されるぐらい。ホントに後半になるとスゴくひどくて。僕がおいしいご飯を食べるたびに写真を送って、『重岡くん、ここのお店のここはこんな感じでこんなふうにうまいんで、一緒に行きましょう』って言って……」と回顧すると、今野大輝は「待って、マジでホラーだね」とドン引き。

 ほかにも、パフォーマンスの面で尊敬しているSixTONES・ジェシー、芝居のアドバイスをくれたSixTONES・京本大我、プライベートで会ったことがあるなにわ男子・大西流星らとの思い出も披露。少年忍者・内村颯太を紹介する場面では「なぜか僕のことを慕ってくれるというか。珍しいんですよ。僕を慕う後輩なんて基本いないんですけど」と自虐的に発言したものの、メンバーは「そうだよね」(矢花黎)「聞いたことないね」(佐々木大光)と妙に納得していたのだった。

 本高は複数のお笑い芸人ともコミュニケーションを図っており、大好きなさらば青春の光・森田哲矢は待ち伏せをしてまで接触。「どうしてもお話したいと。スタジオの前で出待ちして、『森田さん、7 MENっていうグループの本高って者なんですけど、大好きです』って伝えて。そこからいろいろ会話して……」と出会いのきっかけを振り返った。

 そして、テレビドラマや2020年上演の舞台『脳内ポイズンベリー』のキャストだった俳優陣、『東大王』(TBS系)などクイズ関連の番組が縁で知り合ったタレントたちにも言及。自らかなり積極的に動き、さまざまな分野の人と関わっているようだ。

 そんな本高に関する衝撃の女性スキャンダルを報じたのが、ニュースサイト「文春オンライン」。8月2日配信の記事で、元乃木坂46・斉藤優里との路チュー&手つなぎデートの模様を伝えたほか、『東大王』での共演をきっかけに、現役東大医学部4年生の河野ゆかりと「つい最近交際を始めた」とスクープしたのだ。

 記事によれば、本高と斉藤はともに出演した20年の舞台『脳内ポイズンベリー』で意気投合し、「交際は2年以上で友達とWデート」もする仲とのこと。これに加えて、河野とも親密になっているといい、本高に二股交際疑惑が浮上した。

 女性とは仕事を通じて親しくなったと書かれているだけに、今動画を見て複雑な気持ちを抱いてしまうファンも少なくないだろう(相手との距離の詰め方が想像できてしまいそう)。

 報道後に動画のコメント欄は大荒れし、「メンバーと、お世話になってる阿部ちゃんにも謝ってほしい」「あなたの行動ですべてが台なしになってしまうこと、各所に迷惑がかかると考えられなかったの? それでも欲に勝てなかったの?」「自分がアイドルって自覚ある? プロ意識がなさすぎる」「これからあなたがどう頑張っても私は許せない。もうファンではいられません」などジャニーズファンとみられる人々から厳しい声が寄せられている。

 また、「相関図にゆったん(斉藤の愛称)も東大女も出てこなかったな」「二股かけてる女たちも相関図に書き加えてやれよ(笑)」「斉藤優里の名前が書いてるかと思って見にきた」と騒ぎに便乗したと思しきネットユーザーの書き込みもあった。本高への非難が集中している状況だが、今後の動画においても辛らつなコメントは増え続けるのだろうか?

 なお、再生回数は8月5日時点で19万台を記録している。

 Lil かんさいと同日公開の「Aぇ! group【末澤誠也の相関図】神と崇める大先輩に想いを…!!」。Aぇ! groupは、末澤誠也の交友関係を深掘りする相関図企画。

 まず、尊敬している先輩を挙げるところでは、「子どもの頃からですけど。木村拓哉さんですね。もうずっとですよ、ホントに。SMAPさんのライブとかもずっと行ってたからね」と告白。うちわ、写真集、ポスターなどのグッズも持っているといい、服装はもちろん、仕事への向き合い方まで影響を受けているとのこと。

 木村のソロライブで本人と初対面し、楽屋あいさつの際に記念写真を撮ってもらったという末澤は「ずっと待ち受けですから、携帯(電話)の」「神やね」と崇める一方、あこがれが強すぎるのか、木村の連絡先は聞けていないそうだ。

 仲良い先輩はジャニーズWEST・桐山照史、神山智洋、小瀧望。神山とは、末澤が東京に滞在していた時、コンタクトの予備がなくなってしまったことがきっかけで親しくなったという。当時、神山は末澤とさほど接点がなかったにもかかわらず、事情を知って「俺、買って届けたろか?」「ホテルに届けとくわ」と助けてくれたとか(神山、良い人すぎる)。

 そして、「お礼のメールを送ったら、『全然ええよ』みたいになって。ほんで、『稽古終わりご飯行こうか』みたいになって。そこから結構、いろいろ相談させてもらったりとか。いろいろ話させてもらって、そこでだから『Aぇ!に曲作ってくださいよ』みたいな話になって。で、『Stray dogs.』(神山が作詞作曲を担当した楽曲)につながるんやけど」と後日談を告白。福本大晴は「コンタクト忘れてなかったら『Stray dogs.』は生まれてないってこと?」とビックリで、末澤は自身の手柄を自慢するわけでもなく、「かもしれない。あのタイミングでは」と謙虚に答えていた。

 また、「お世話になった先輩」として名前を出したのは個人で活動している浜中文一、屋良朝幸。「屋良くんおらんかったら、たぶん今、続けてないから。ジャニーズ。(中山)優馬くんのバックのオーディションの時に屋良くんが選んでくれたから、表に出る回数が増えてきたから。屋良くんがあの場で選んでくれてなかったら、たぶん俺、辞めてたなと思う」と正直にぶっちゃけていた。

 このほか、関東ジャニーズJr.のHiHi Jets・作間龍斗、Travis Japan・松田元太との交流エピソードを語り、なにわ男子・藤原丈一郎は「親友に近い」と明言。「お互いグループの最年長ってこともあるし、グループのことも話すし。一番いろいろしゃべってんちゃうかな。丈リチャ(藤原と草間リチャード敬太)とはな、いろいろ仕事なかった時期とかも山行って。山の頂上で夜景見ながら夢語るみたいな」と振り返ると、小島健は「くっさ~」とツッコミ。

 しかし、仲間と支え合ってつらい下積み時代を乗り越えたからこそ、末澤は今もなお活動を続けていられるようだった。再生回数は40万台(同5日時点)。

 少年忍者の動画は、プロモーションの「【ボイスチェンジ人狼】お前…声でバレバレだよ!?」(8月1日)と、通常回「【夏休みSP】潮干狩りでテンションアゲアゲ~!」(3日)の2本が配信中。

 1本目は、ヴァサイェガ渉、黒田光輝、長瀬結星、檜山光成、元木湧の5人が出演し、友達と遊べるたまり場アプリ「パラレル」をPRしている。これは、通話ルームを作り、友人と会話をしながらミニゲームやカラオケなどをプレイできるアプリで、今回は「ボイスチェンジ人狼」にチャレンジ。

 各々が別室に移動し、ボイスチェンジ機能を使用した上で近況トーク、お絵描きしりとり、黒ひげ危機一髪を楽しむ中、誰がしゃべっているのかを当てるという企画を行っていた。

 2本目は外ロケ編で、海にやって来た彼らが「チーム対抗! ガチ潮干狩り対決」を開催。なお、6月に足の手術を受けていたことを公表した安嶋秀生は不在で、概要欄でも「今回はほぼほぼフルメンバー」「安嶋は怪我で欠席」とアナウンスしている。

 潮干狩り対決は20名が4組に分かれてチームを結成し、代表者1名が砂浜から同時にダッシュ。好きなだけ貝をとって戻ってくるが、順位と貝の数によってポイントが変わるというルールだ(制限時間は2分)。

 ちなみに、中性的な雰囲気で知られる青木滉平はやる気満々で、「こう見えて、親サーファーしてんのよ。ちっちゃい頃から海、結構行ってっから!」と勇ましく宣言していた(キャラ変?)。以降は、4人ずつ海へ走っては貝を探す……という同じ流れが続く。中には、ライバルに突進をして邪魔をするなどのわちゃわちゃシーンもあり、視聴者はまるで“中高生の遠足で引率した先生”のような気分になるだろう。

 コメント欄を見ると、「こういう企画は少年忍者にピッタリだから大好き」「外ロケ動画うれしい! メンバーが楽しそうで、見ていてこっちも楽しくなる」「全力で楽しんでいて羨ましい。少年忍者を見ていると青春っていいな~と思える」「修学旅行のレクリエーションを見させてもらっているようで楽しかった」と大好評だった。再生回数は1本目が8万台、2本目は13万台(5日時点)。

 7月28日の動画は「Travis Japan【魅せる踊る!!】Prelude Las Vegas のウラ側!」。前週公開の「【初のラスベガス】ダンス大会に挑戦!」に続き、米ラスベガスで開催されたダンス大会『Prelude Las Vegas』の裏側に迫っている(再生回数は8月5日時点で25万台)。

 前日、ラスベガスでショーを鑑賞し、テンションが上がったというTravis Japan。今回、出場する大会では、松田元太が振り付けを考え、吉澤閑也のフォローにより完成した構成で挑むとか。会場に入り、わずか10分のリハーサルを済ませ、「ミーティングという名の全校集会」(松田)に参加するなど、本番に備えていた。

 その後は中村海人がカメラマンを担当し、メンバーを取材。ロサンゼルスに留学中で英会話学校に通っているだけに、中村と川島如恵留が話しているシーンは英語の発音も進歩していることがうかがえる。それだけ日々、努力を重ねているのだろう(4分50秒頃~)。川島は「審査はあるにせよ、自分たちの表現したいことを持ってきて、自由にできる空間なわけだから。楽しみ以外のことはあんまり今、考えてない」と話していた。

 なお、日本のステージでは立ち位置が確認できる番号が表示されているものの、吉澤閑也は「こっち来て思ったのは、番号とかないじゃないですか。だから、みんなと呼吸を合わせてやることが大事だと思う」とコメント。こうした細かい点にも順応していくのは、なかなか容易ではないはずだが、「とにかく周りを感じながら、楽しみながらできたらいいなって思ってます」と前向きに捉えていた。

 ちなみに、日本で「Jr.チャンネル」を撮影していた時とは違い、本人たちがカメラを持っているからこそ、顔面のアップも多くなっている。

 Travis Japanといえば、3月開催の『World of Dance Championship Series』にてチーム部門で3位に入賞していたが、この『Prelude Las Vegas』では残念ながら入賞には至らず、やや疲労の色が見える中で会場をあとに。

 「良い経験かも」「これが俺らのことを成長させてくれるバネになった」(松田)「しかも何より、楽しめたしね。7人が」「それがイチバンだよ」(松倉海斗)とポジティブな言葉も出ていた一方で、「でも、悔しい」(中村)「ちょっと現実の壁をもう一度突きつけられた感じもあります」(川島)「どんどんどんどんこういう経験積んで、強くなっていきましょうよ」(宮近海斗)と本音をこぼすメンバーも。

 とはいえ、Travis Japanはオリジナル曲も織り交ぜてパフォーマンスをしており、川島が述べたように「自分たちの表現したいこと」を披露できたのだろう。YouTubeを通じて、彼らが海外で夢を追う過程を逐一見られるということへのありがたみ、喜びあらためて感じる1本だった。

 7月30日・31日公開の動画では、緊急事態発生のため、美 少年・岩崎大昇、金指一世とHiHi Jets・作間龍斗、高橋優斗、橋本涼がコラボレーション。「美 少年 × HiHi Jets【緊急コラボ】リアルと芝居を見抜け!?」(30日)「HiHi Jets × 美 少年【緊急コラボ後編】まさかの大昇の逆襲!?」(31日)の2本が前後編として配信されている。

 同17日~19日にかけて、ジャニーズ事務所は美 少年の佐藤龍我、那須雄登、浮所飛貴、藤井直樹、HiHi Jets・猪狩蒼弥、井上瑞稀の新型コロナウイルス感染を発表。YouTube動画用のストックがなかったのか、今回はそれぞれ活動できるメンバーが集まり、撮影に参加している(8月5日時点で佐藤らはすでに活動再開済み)。

 1本目の前編は美 少年がメイン。冒頭、美 少年は「見てわかる通り、僕ら2人なんですよ。金指と僕で」(岩崎)「ヤバいね。ピンチです。非常にピンチ」(金指)と吐露。岩崎は「僕ら2人じゃ心細いということで……」としてHiHi Jetsの3人を紹介した。

 そんな珍しい顔ぶれで行うのは「大昇と金指でHiHiを騙せ!!」。岩崎&金指が本当のリアクションをしているのか、嘘の演技なのかをHiHi Jetsが当てるという企画だ。どちらかが低周波マッサージ機の刺激を受ける、激マズドリンクを飲む、激辛カレーを食べる……と過酷なお題が続く。特に岩崎は、身悶える、突然笑い出す、頭を地面に打ちつける、グロッキー状態など感情豊かに動き回っていた。

 HiHi Jetsの提案によって、ルール変更などもあったためか、エンディングで岩崎は「本当にこれは我々の土曜日なのかっていう、疑わしい」「なんでこんなキツいことをしたの!?」と思わずこぼしている。

 打って変わって、2本目のHiHi Jetsメインの後編では「2人とも結構、ツラい思いしてましたね」(高橋)と言われると、岩崎が「今回ここで仕返しができるって考えただけで、もうホント興奮しちゃいます」とニヤリ。その狙い通り、進行役の高橋に「リアクションのお手本がほしい」と無茶ブリしていたのだった。

 なお、後編の概要欄には「動画内で自由に暴れてくれた大昇、ニコニコスマイルで楽しんでくれた一世、ホントありがとう! 楽しかったね!!!!! 次はみんな揃ってコラボしよ! その時はHiHi Jets→美 少年の順番で収録しましょう 笑」との記載も。再生回数は1本目が19万台、2本目は14万台にペースダウンしていた(8月5日時点)。

 8月2日に「Lil かんさい【朝活にぜひ!利きスムージー】コタちゃんそりゃないぜ~!!!!」が配信された。

 Lil かんさいは、それぞれオリジナルのスムージーを作り、ほかのメンバーがその中身を当てるという企画。出題者がケール、トマト、パイナップル、バナナなど15の野菜や果物からスムージーを完成させた後、4人が目隠しをして飲み味だけで予想していく(正解ごとにポイント獲得)。

 例えば、ドリアンや納豆といったニオイの強い食材は用意されていなかったため、我慢できないほどのスムージーは誕生しなかったようだ。ただ、岡﨑彪太郎のみ「Jr.チャンネル」恒例の激マズ・ノニジュースを少量入れ込んで“実験”。

 メンバーの反応は、ぜひ今動画で確かめてほしい。再生回数は15万台。