• Sun. Oct 2nd, 2022

関西ジャニーズJr.・Boys be、「あとで写メ撮らせて」と共演の芸人のお気に入りに!?

 関西ジャニーズJr.のメンバーが出演し、毎回さまざまなテーマでトークを展開するバラエティー番組『まいど!ジャーニィ~』(BSフジ)。8月7日放送分は、前週に引き続き、お笑い芸人・もう中学生がゲスト出演し、Boys beメンバーとゲームで戦った。

 この日もLil かんさい・嶋崎斗亜とAmBitious・真弓孟之が進行役となり、ゲストにちなんで全員“中学生”のBoys beメンバー6人が登場。もう中学生が持ち込んだ「現役中学生のみんな もう中ゲームで遊ぼう」企画を行うことに。

 前回行った「天守閣ゲーム」で優勝した中川惺太が1ポイントリードする中、この日最初に行ったのは、「予想紙芝居」。もう中学生が披露するオリジナル紙芝居の物語の続きを予想し、フリップで発表するゲームで、紙芝居のタイトルは「かわざかな太郎くん」。

 “花粉に乗って空を飛んで、宇宙に行ってしまったかわざかな太郎くんがその後どうなったか?”というお題に、Boys beメンバーは次々と回答。中川が「気圧で体がはれつ!」と回答すると、もう中学生は、「衝撃的なエンディングになった」と感心していた。

 これに続いて、角紳太郎が「宇宙に行ったことによって、頭半分の皮膚を剥がされる」という、さらに衝撃的な結末をイラストつきで提案し、もう中学生は、「なかなかホラーな……(よく)平気な顔して(フリップを)出せるね」と思わず苦笑い。一方で、「たらこ唇が悪化」とイラストと共に回答した上垣廣祐に対しては、「これいい! あとで写メ撮らせてもらっていい?」と食いつき、回答を気に入ったようだ。

 なお、もう中学生による“正解”は、「宇宙に行ったかわざかな太郎くんは、笑いました」というもの。このオチに上垣から「Boys beのオチのほうがよかったんじゃないですか?」と辛らつなツッコミが飛ぶ場面も。もう中学生は「ズバリ! ズバリよ! だからそのネタもらってもいい?」とスタジオの笑いを誘い、結果的にBoys be全員に1ポイントずつ与えた。

 続いてのゲームは、「かぶっちゃダメよ はっけよいのこったゲーム」。一人ずつ順番に「はっけよいのこった」と言って、先に発表した人と同じ言い方をすると失格となる。「お相撲協会の人にいつか我々も行司やらせてくださいというアピールVTRになるように」と、もう中学生が心構えをBoys beメンバーに伝え、いざゲームがスタート。

 ここで、一番最後になった角が「え~、はっけよい、え~、のこった」とふざけながら披露すると、もう中学生から“物言い”が。司会の2人と審議を始めたもう中学生は、「このままOKで終わったら『終了~』で終わっちゃうもんね……」と、番組として盛り上がりに欠けることを考慮。「(角は)かなりボケて言ってくれたよね? ちょっとそのボケが良くなかったって理由にする!」と、最終的に角をアウト判定に。一方で、オーソドックスに「はっけよい、のこった!」と言った上垣が1ポイントゲットとなった。

 中川と上垣が1ポイントずつリードする中、最後は「勝手に応援歌ゲーム」を実施。1人1つずつ楽器を選び、もう中学生が考えたテーマに合った演奏を全員で行う。Boys beの演奏が良ければ、もう中学生がボーカルで参加し、即興の応援歌を届けるという内容だ。今回のテーマは「旅館」。Boys beメンバーは、マラカス、太鼓、タンバリンなどそれぞれ楽器を選び演奏がスタートした。

 すると、もう中学生は「がんばってくれよ~旅館~♪」「ロビーがとても広いね、旅館~♪」などと歌い出し、Boys beメンバーは思い思いに演奏を続けるが、角だけは手にベルを持ったまま微動だにせず。最後にもう中学生が「がんばれ旅館!」と締めると、角が絶妙なタイミングでベルを1回鳴らし、即興演奏が終了した。

 この出来栄えにもう中学生は、「目覚まし時計に入れたいです! この音色を!」と大満足の様子。

 このゲームのMVPには角が選ばれ、7000ポイントが贈られたため、全4ゲームの総合優勝者は角かと思われたが、「私はすべてを見させていただいて、“裏ポイント”などをいろいろつけさせていただいた」と、別の採点基準もあったという。その結果、もう中学生は司会の真弓を優勝者に指名。予想外の展開に困惑する真弓に対し、もう中学生は「真弓くんのMCが素晴らしかった!」と称賛し、Boys beメンバーは渋々納得していた。

 なお、優勝した真弓には、もう中学生特製の段ボールで作られた“黄メダル”が贈られ、さらに副賞としてもう中学生から「タメになる話」が。「いずれ、“カタログギフト”というものを定期的にもらうことがあると思います」「高級梅干しが載っています。カタログギフトの中に。その高級梅干しを頼むと、大概割と甘めです」というもう中学生からの情報に、真弓は「なるほど! ここ最近聞いた格言の中で一番刺さりました!」とコメント。

 最後は全員で、「タメになったね~」ともう中学生お決まりのフレーズを唱えていたのだった。

 ネット上では、先週に引き続き視聴者から「教育番組のようだった」という感想が多く寄せられ、さらに「もう中ワールド最高」「Boys beのみんなももう中さんも楽しそうだった」と、もう中学生と『まいジャニ』メンバーの共演を好意的にとらえている様子。もう中学生は、「定期的にこのもう中ゲームを持って(番組に)やって来ますので、その時はぜひみなさんNGを出さないように!」という言葉を残しており、次回の登場にも期待したいところだ。