• Sat. Oct 1st, 2022

ヴィクトリア・ベッカムが長男嫁と「関係最悪」? 嫁は泣き顔をSNS投稿、ヴィクトリアに同情集まる

ByAdmin

Aug 9, 2022

 今年4月にベッカム家の長男ブルックリン(23)と結婚し、正式に“世界がうらやむ仲良しファミリー”に仲間入りしたモデルのニコラ・ペルツ(27)とベッカム家の女帝ヴィクトリア(48)の嫁姑関係が最悪な状態になっていると、英メディアが報道した。

 不仲の原因に関するさまざまな情報や臆測が飛び交う中、ニコラは泣き腫らした顔をインスタグラムに投稿し、深く傷ついていることをアピール。ネット上ではニコラに批判が集まる一方、ヴィクトリアには同情の声が上がっており、2人が今後どう反応するのか注目が集まっている。

 ニコラとヴィクトリアの不仲がささやかれるようになったのは先月末。現地時間7月17日に英アパレルブランド「Superdry(スーパードライ)」が、ブルックリンとのアンバサダー契約を解除すると発表。続いて英エンターテインメント誌「Heat」が、「ヴィクトリアが『息子のキャリアを築くための仕事だったのに』と激しく落胆している」と伝えたのがきっかけだった。

 同誌によると、このアンバサダー契約は、「親の名声と金で暮らしているハイクラス・ニート」と陰口を叩かれていたブルックリンのためにヴィクトリアが根回ししたもの。15歳の時にアーセナルFCリザーブ入りしたがサッカー選手としてはさっぱりで、同年にモデルデビューしたものの続かず、16歳で「バーバリー」の広告でフォトグラファー・デビューを果たして以降もパッとせず、写真を学ぶために進学した米パーソンズ美術大学は1年もしないうちに中退と、ブルックリンはこれまで何ひとつ実を結ばなかった。

 昨年11月に110万ドル(約1億4,800万円)でスーパードライと契約したばかりだったが、ブルックリンは「グッチのほうがいい」と乗り気ではなかったそうで、キャンペーン撮影も「スケジュールが合わない」と断り続けたため契約解除されたのだと同誌は伝えた。

 ブルックリンは、モデルの仕事よりも昨年末にスタートしたオンライン料理番組に熱を上げているようで、ニコラは6月末に発売された裕福層向けの英ファッション誌「Tatler」のインタビューで、「彼は今、番組やビジネスに胸を躍らせている。私の父に電話して、『どう思いますか?』ってアドバイスを求めたりしているのよ」「父から学ぶ彼の姿を見るのが、たまらなく好きだわ」と発言。「これまでブルックリンは『ほかの人を喜ばせなければ』というプレッシャーを感じながら、好きでもない仕事をしてきたの」とも話している。

 こうした発言により、「これまで何をやっても長続きしなかったのは、本人がやりたくないことをやらされていたからだ!」「結婚して親から解放されたんだ」などブルックリンに同情的な声がネット上に続出。

 さらに、「ペルツ家のほうがブルックリンにはいいんじゃない?」「ブルックリンは言いなりになる相手を母親から妻に変えただけ」「『ブルックリンは自分の実家に染まってきた』と、ニコラはヴィクトリアに宣戦布告したのではないか」などと大盛り上がり状態になった。

 その直後、ベッカム夫妻が次男ロメオ(19)、三男クルス(17)、長女ハーパー(11)と一緒にフランスのコート・ダジュールでバケーションを楽しむ姿がパパラッチされると、ブルックリンとニコラが同行していないことについて、「嫁姑が不仲だから長男夫婦が来なかったのでは」と騒がれることに。

 そんな中、8月1日には手をつないでニューヨーク市内を歩くブルックリンとニコラの姿が撮影され、今度は「見るからに親の金とコネで暮らしている“お子様夫婦”」「同世代で大学を出た子の多くが、生計を立てるのに必死なのに」と理不尽に叩く声が巻き起こった。

 4日になると米サイト「Page Six」が、ニコラとヴィクトリアの嫁姑問題は結婚式の前から勃発していたと報道。「ニコラはヴィクトリアに結婚式のプランニングに口出しさせたくなかったので、何も情報を与えなかった。必要最小限の会話しかしなかった」そうで、「互いに耐えられない存在」へと関係が悪化。

 ささいなことで常にいがみ合うようになり、ブルックリンがニコラの写真に「The New Mrs. Beckham(新しいベッカム夫人)」という、まるでヴィクトリアのことを古いと言わんばかりの見出しの「Tatler」表紙をインスタグラムに投稿したことで、ブルックリンとヴィクトリアの関係も悪化したとか。また、結婚式当日にヴィクトリアが注目を集めたことを、ニコラが不愉快に思っていたとも伝えた。

 こうした報道を受けて、ネット上には「一方的に姑を嫌っているニコラが問題なんじゃない?」「独身時代はスパイスガールズ、結婚してからはデザイナーとして成功し、常に注目されている姑に嫉妬しているのだろう」「ニコラはインスタグラムに結婚式の写真を131枚投稿したけど、ヴィクトリアの写真はたった5枚だけだったしね」などとヴィクトリアに同情する声が噴出。

 たちまちバッシングを受けるようになったニコラは、5日、インスタグラムに、泣き腫らした顔でベッドに座る写真を投稿。「私は悲しい感情を表に出すのが苦手。7人きょうだいで強く偉大な両親のもとに育ち、『人にやられるな』『傷つけさせるな』って叩き込まれた。この業界で自分を守るために、高い壁をつくったし」「でも私たちはみんな嫌な気持ちにさせられることがあるし、傷ついてもいいと思う」とキャプションにつづり、応援するファンに感謝の気持ちを伝えた。

 この写真を撮影したと思われるブルックリンは、コメント欄にハートの絵文字を投稿して妻を応援。一方、4月頃からニコラのインスタグラム投稿に「いいね」を押さなくなったヴィクトリアは、今のところ無反応だ。

 ニコラはその後、インスタグラムのストーリーに「いつも私の味方をしてくれてありがとう。パパ、大好き」というコメントを付けて、父親とハグをしている写真を投稿。ネット上は、「私には億万長者でパワーのあるパパがいるのよ、アピールか」「自分の実家のほうが資産があるから強気なんだろう」という声が多く上がっている。

 インスタグラムで被害者アピールをするニコラが空回りしているようにも見えるが、ヴィクトリアが今後どう反応するのかが気になるところ。酷評されているブルックリンのオンライン料理番組がいつまで続くのかも注目したい。