• Thu. Oct 6th, 2022

King&Prince、コンサート中の事故でメンバーのフォローに称賛も……運営側に疑問の声

 8月6日、King&Prince(以下、キンプリ)が行ったコンサートツアー『King & Prince ARENA TOUR 2022 ~Made in~』北海道会場の昼公演にて、ステージ上の機材が発火する事故が発生。コンサートは中断となり、そのまま中止に。同日夜の公演も開催を見合わせた。現場に居合わせたファンからは、メンバーの対応に称賛の声が上がっているものの、コンサート運営側の判断などを疑問視する意見も少なくない。

「問題が発生したのは、北海道立総合体育センター(北海きたえーる)で6日に行われた、午後1時開演の昼公演。開始から1時間以上が経過した頃、『バトル・オブ・バトラー!』という楽曲の途中でいきなり音が止まり、センターステージ上のセットが燃えていたとか。その後、1時間ほどメンバーがトークで場をつなぐも、安全上の都合で午後3時半頃に公演中止が決まったそうです」(ジャニーズに詳しい記者)

 この公演に居合わせたファンは、SNS上に「センターステージとその周辺は煙で真っ白。付近の客は後ろに避難して、途中でキンプリが花道を歩いてMCを続行してくれた」「メンバーは『大丈夫だよ』『俺たちのこと見て!』とか安心させてくれる言葉をくれた」「キンプリだけじゃなくて、スタッフが出てくるのも早かったし、機材の対応や客席の安全管理も完璧だった」などと、現場の様子を投稿していた。

 同日の午後7時20分、ジャニーズ事務所は公式サイト上で今回の騒動について、「ステージ上の機材が発火する事故が発生しました」と報告。同時に「公演を心待ちにしてくださっていた皆様には、突然のご案内により、公演を中止いたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。また、該当の公演にご来場くださっていた皆様には、大変なご心配とご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪している。同日午後9時30分には、「現場の安全が確認された」ことから、翌7日の昼・夜公演はどちらも予定通り実施すると発表した。

「7日付の『スポーツ報知』によれば、当時、会場ではスモークをたく機材から漏れたオイルが照明に触れ、煙が上がったとのこと。体調不良を訴えた客の1名が救急車で搬送されたそうですが、『札幌市消防局によると、消防車など6台を出動させた。病院に運ばれた人の意識はしっかりしている』とも伝えていました」(同)

 そんな中、キンプリは6日夜に公式インスタグラムでライブ配信を行い、ファンとコミュニケーションを図る機会を設けた。会場での対応も含めて、こうしたメンバーのフォローを称賛するファンは多いものの、一部のジャニーズファンからは運営サイドについて、「まずは客席の避難が優先では? トークでつなぐなんて、メンバーもお客さんも危険だったと思う」「しゃべらせてないで避難誘導をすべきだったでしょ。“美談”になってるの怖すぎ」といった意見も見受けられる。

 さらに、中止になった6日夜公演に参加予定だった一部キンプリファンは、「なんで夜公演だけ中止になったんだろう? 7日公演は開催なのに」「夜公演のためだけに北海道に行ったけど中止になった。正直立ち直れない」「インスタライブでヘラヘラ笑っているメンバーを見て気持ちが冷めた。夜公演に参加予定の人だけが悲しんでて、置いていかれた感じ」などと、SNS上でやり場のない気持ちを吐露している。

「ジャニーズ関連の公演での大きな事故やトラブルというと、KinKi Kids・堂本光一が主演を務める舞台『Endless SHOCK』での一件が思い出されます。2015年3月19日、昼公演中に発光ダイオード(LED)パネルが倒れ、出演者5名とスタッフ1名が負傷。当該公演と夜公演も含めて中止となり、帝国劇場を運営する東宝が払い戻しを行なっていました。のちに光一は『明日、公演を再開するべきだと思う』と事故当日にスタッフに伝えたことをインタビューで明かしており、実際、翌日午後6時開演の部から、一部の演出を変更した上で再開しています」(同)

 キンプリについては、8月8日午後8時の時点で、中止になった6日昼・夜の振替公演やチケット代の払い戻しについてアナウンスされていないため、ファンは不安を抱えているようだ。ジャニーズサイドには、迅速なアナウンスが求められているだろう。