• Wed. Oct 5th, 2022

『ニッポンドリル』ダイソー調理グッズランキングTOP3超え?  コスパ最強、キッチン【神グッズ】新商品は

ByAdmin

Aug 10, 2022

 節約が大好きで、コスパがいいモノに目がないFP/ライター・齋藤めぐみが、ありとあらゆるお店の「人気ランキング」をチェック、それを超える“逸品”を独断と偏見でセレクト! 今回は、『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)4月6日放送回で発表された、100円ショップ「ダイソー」の売上番付トップ3を元に、それを超えると思う同社の「買い」なアイデア調理グッズをご紹介します。

『林修のニッポンドリル』ダイソー「アイデア調理グッズ」売り上げベスト3

1位:味付けたまごメーカー(税込110円)

 簡単に味付け卵が作れる便利なキッチングッズです。中はゆで卵4つが縦に入る構造となっており、そこへ好みの出し汁やめんつゆを少量加えて、冷蔵庫で1時間ほど漬け込めば完成。途中で卵の向きを変える必要がなく放置するだけでムラなく味が染み込むので、常に失敗なしのおいしい味付けゆで卵を食卓に出すことができます。私も愛用者の1人で、薬味をたっぷり入れた今話題の「麻薬卵」を自宅で気軽に味わっていますよ!

2位:具材が散らない千切りピーラー(税込110円)

 このピーラーには、千切り専用のカバーが付いています。これを付けてきゅうりを切れば、きれいに千切りされるだけではなく、具材がバラバラに飛び散らないという優れものです。ピーラーの下にボウルや皿を置いておけば、まとまって落ちていくので、口コミでは「リズミカルにどんどん切れて気持ちいい!」「まとめて盛り付ける手間などのプチストレスから解放された!」という声が多数上がるほどの人気商品となっています。

3位:多機能トング

 こちらは、1つで10役も使える多機能トング。その機能は、(1)あえる(2)挟む(3)卵の黄身を分ける(4)湯切りする(5)フォーク(6)麺などを切る(7)計量スプーン(8)マッシャー(9)スプーン(10)炒める。これさえあれば、どんな料理でも作れてしまいそうですね。サイズも縦12cm×横6.5cmと握りやすいですし、先端部分の耐熱温度が170℃とのことで熱い鍋の中でも使えます。その上、洗い物が減るので節約にも貢献してくれる、これぞ神グッズというといえるでしょう!

たまごの殻むき(税込110円)

 この器具は、ゆで卵の面倒な殻むきの手間を省いてくれる便利グッズ。10cmほどの容器の中に殻付きのゆで卵を入れて、殻にヒビが入る程度に優しく振ると大部分が中で剥けていきます。頃合いを見て取り出し、手で剥く時にも、いとも簡単に取れやすくなるという仕組みです。これは「味付けたまごメーカー」とセットで買うと、ますます時短調理となって最高に便利なのではないでしょうか? 

 また、針もなくガラス面もない安全な調理グッズというのもオススメポイント。卵の形が崩れないよう振り方には注意が必要ですが、子どもにお手伝いをしてもらってもいいかもしれません。さらに、使用後の洗いやすさもポイントが高いですね。上手につるんと剥けた時の爽快感は何度やってもたまりません!

三角味噌マドラー(税込110円)

 こちらはダイソーの新商品として発売されていた味噌専用のマドラー。サイズは高さが約216mm、マドラー部分の幅が約41mmとなっており、1回で大さじ2ほどの味噌を取り出し、溶かすことができるのだそう。

 私はこれまで味噌こしざると菜箸で味噌を溶かしていましたが、試しにこちらを使ってみたところ、本当にこれ1本で場所も取らず簡単に味噌の取り出しから溶かす作業までがスムーズに行えるので感動してしまいました。今まで、味噌汁の調理過程をストレスに感じたことがなくても、この便利さを知ってしまったら元には戻れなくなりそう。また、味噌こしざるよりもこちらのほうが断然、洗いやすくて衛生的というのもうれしいですね!

分解できるしゃもじ(税込110円)

 こちらのしゃもじも、1台で4役という画期的な商品です。しかも分解でき、用途に合わせてサイズや形を変えることができるとあって、ユニークですよね!

 機能としては、普通のしゃもじとしてはもちろん、細めの右側だけを取れば少量の具材を混ぜることができたり、柔らかい食材をカットする包丁として使えます。一方、左側は少し大きめになっているので、多めの具材を混ぜたり弁当にご飯を盛り付ける時にジャストなサイズ感。100円でこれだけ幅広く使いこなすことができたら、相当コスパがよさそう! さらに、スタンド付きで横にしても先端が浮いて衛生的。キッチンに常に置きたいとても便利なしゃもじです。

■ダイソーアイデア調理グッズ総評
 ダイソーの便利なキッチングッズは常にSNSなどで話題です。その中でも特に注目なのは、「ほかの商品と組み合わせるとさらに便利」だったり「1つで何役もこなしてくれる高コスパ」という商品が続々登場しているということ。おかげでどんどん料理の手間が省かれ、気軽にご飯が作れるようになっています。もはやわが家にとって救世主と言っても過言ではないほど、ダイソーのキッチングッズには助けられていますね。今後も新商品の発表が楽しみです!