• Mon. Oct 3rd, 2022

TOKIO・松岡昌宏、なにわ男子との関ジャニ∞『18祭』見学を語る! 「エイターのパワー半端なかった」

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『松岡昌宏の彩り埼先端』(NACK5)。8月7日の放送では、松岡が7月24日に関ジャニ∞のライブ、25日に故・ジャニー喜多川社長と故・メリー喜多川会長のお墓参りに行ったことを語った。

 松岡は、「京都の祇園祭を見たことはありますか?」というリスナーからの質問メールを読み上げながら、ちょうど7月23日に京都にいたため、24日に祇園祭の「後祭」を見たばかりだと報告。

 さらにほかのリスナーから届いた「24、25日は関ジャニ∞、そして和歌山にある高野山に行かれていたとSNSでお見かけしました」というメールも紹介し、「最近のSNSはすごいね」と感心した様子。

 リスナーが言う通り、23日は京都に住む友人が結婚したため、お祝いがてら会いに行き、24日は大阪・ヤンマースタジアム長居にて開催された関ジャニ∞のデビュー18周年記念ライブ『18祭』を見学。25日は和歌山・高野山に故・ジャニー喜多川社長とメリー喜多川会長のお墓参りに行ったことをあらためて明かした。

 もともと25日にお墓参りの予定を立てていたところ、23、24日のスケジュールが空いたために関ジャニ∞のライブを初見学することにしたという松岡は、ライブの感想について「すごかったよ〜、エイターが! エイターのパワー半端なかったよ!」と、エイターこと関ジャニ∞ファンの熱量を称賛。

 当日は、なにわ男子も関ジャニ∞のライブTシャツを着て見学していたといい、もともとTOKIOのマネジャーだったという現・関ジャニ∞のマネジャーから、「松岡さん、どうされます?」と「半分ヘラヘラしながら」Tシャツ着用について聞かれたため、「そりゃお前、なにわが着るなら俺も着るでしょ!」と、しっかりTシャツを着て見学したという。

 また、ライブの内容については、「なんかジャニーズメドレーみたいなのもやってたりもして。『あー、なんか関ジャニもいろいろ勉強して、自分たちのエンタメをこういう形で見せてるんだ』っていうのがすごい勉強になったしね」「やっぱり前も言ったけど、それぞれのグループがそれぞれの色でやってるから。関ジャニのライブは初めて見たんだけど、すげえ面白かった」と絶賛した。

 さらに、ライブ後半のバンド演奏では、「これはちょっと申し訳ないです、私の関係者の特権として」と謝りながら、「最初は上のほうで、家族席のとこで、なにわ男子の横で見させてもらってたんだけど。バンドと聞いたので、これはちょっとアリーナ(まで)行くでしょっつって、下まで降りて、うちのスタッフなんかが見てるところで」演奏を聞いたと告白。

 「すげえいい演奏だったね。チュー(大倉忠義)のドラムもなんか久々に聞いたし。『おー、いいねえ』っつって」と声を弾ませながら、終演後に関ジャニ∞のメンバーと話したことにも触れ、「(野外のライブで暑かったために)音合わせするときに、村上(信五)の(キーボードの)鍵盤、『黒い部分があっついっすよ』みたいな話をしてて。やっぱそうだよなーって」と、具体的なやりとりを再現した。

 なお7月28日、関ジャニ∞の公式インスタグラムには、関ジャニ∞と松岡、なにわ男子の集合写真がアップされているほか、同日、株式会社TOKIOの公式Twitterには、マネジャーが撮影したというライブ終盤で打ち上がった花火をステージ裏から見る松岡の写真が掲載されている。松岡は、「ちゃっかりしてんなぁ」とマネジャーの行動を笑いつつ、「いい夏の思い出をエイターと共に過ごすことができて」と満足そうに語った。

 続けて松岡は、なにわ男子が7月26〜28日にデビューツアー『なにわ男子Debut Tour 2022 1stLove』の大阪公演を大阪城ホールで行ったことにも言及。同ツアーは、東京公演からスタートするはずだったが、大橋和也の新型コロナウイルス感染により延期となり、大阪公演から幕を開けることになったため、「なんか真夜中からリハやったりとかして大変だったって聞きましたけど。でもやっぱ、なにわ男子のファンの方も(無事に開幕したことに)大喜びしたってのはうかがってるし」と、舞台裏にも言及。

 そして、「やっぱり関ジャニのあのライブを見せられて、なにわ男子的にも火がついてるんだろうなっていうのを、横にいてね、ちょっとひしひしと感じて」と、ライブ見学時のなにわ男子の様子を振り返り、「エイトのライブを見て、『あー、自分たちも火つけてきてんだ、さすがだなあ』」と思ったとか。

 そんな姿を見て、「やっぱりね、先輩としては関ジャニ∞はすげえなあと思いながら。それに刺激を受けてパフォーマンスをするなにわ男子も、『やっぱりプロなんだなあ』って」と、後輩たちに感心したようだ。また、ライブ見学中のなにわ男子は、「笑ってる」部分と「プロの目」をしているところがあり、「表現者というのはこういう目をするのか」とも思ったそう。

 最後に「お客さんの目線、ジャニーズにいる自分の目線、バンドの目線、そして後輩というか、ジャニーズからみるプレイヤーの人たちの目線を見てて、なんかいろいろと面白かったですね」と、『18祭』の感想をまとめた。

 その後はリクエスト曲のコーナーを挟み、「大倉とね、俺と、亀梨と小山とお墓参り行きまして」と、大倉のほか、KAT-TUN・亀梨和也、NEWS・小山慶一郎と25日に高野山に行ったことを報告。「『お墓参りに行くと気持ちが落ち着くなあ』っていうのを感じながら、の~んびりとした時間を過ごし。大阪でね、ちょろっとご飯だけ食べて、みんなで。で、みんなバラバラですよ。飛行機で帰る人、俺は新幹線で帰る、また関西で仕事に戻る大倉みたいな」と、当日の様子を明かしていたのだった。

 この日のトークを受け、ネット上では「詳しくマボちゃんの辿った道を教えてくれてありがとう」「後半がバンドだからと特権(笑)でアリーナで見たり、メンバーとバンドマンの会話もしたのね〜」といった声や、関ジャニ∞ファンから、「『18祭』を見た感想をとても楽しそうに話してくださっててうれしいなあ」「お褒めいただきありがとうございます。 なんだかとても誇らしい気分になりました」「松兄!! エイターと共に夏を過ごしてくれてありがとう!!」といった感謝の声が続出。

 そのほか、高野山に行ったメンバーについて、「『18祭』だった大倉くんは近くにいたからだと思うけど、どんな声掛けがあってこのメンバーが集まったんだろう」との疑問の声も寄せられていた。