• Sat. Oct 1st, 2022

人気YouTuber・ヒカル、政界進出に含み? 「50歳になったら……」と展望語る

 8月8日、人気YouTuber・ヒカルの公式YouTubeチャンネルにて、討論番組「賛否両論」の第2回が公開された。ゲストには、NHK党・立花孝志党首が出演し、ヒカルを「間違いなく総理大臣になる」と評価したが、ネット上では批判の声が噴出している。

 同番組では、元フジテレビアナウンサー・長谷川豊がMCを担当。「選挙に立候補するメリット・デメリット」という話題になった際、長谷川が「ヒカルさん、政党作っちゃいましょうか。普通に2、3議席取りますよ」とコメントすると、立花氏は「2、3議席じゃなくて、ヒカルくんの伸びしろから言ったら、間違いなく総理大臣になれる」と太鼓判を押した。

「立花氏の発言に、ヒカルは『政治にまったく興味がない』と言いつつも、『巨悪に立ち向かうのは、漫画でいったら面白いじゃないですか? 僕、漫画思考なので』『50歳になったら「いつ死んでもいい」となるかもしれない。すべて失っていいから、何かひとつ、でかい山をつくりに行こう、革命を起こそうと思ってもおかしくない』と今後の展望を語り、政界進出について含みを持たせていました」(芸能ライター)

 そんなヒカルに、立花氏は「ガーシーも『絶対100%出ない』って最初は言ってたわけだから」と、7月の参院選で当選した暴露系YouTuberの「ガーシー」こと東谷義和氏を例に出しながら、実は政治に興味を持っているのではないかと指摘。なお、この番組収録後、立花氏は当時行われていた参院選の街頭演説会場で、ヒカルにマイクを握らせて“応援演説デビュー”させたという。

「立花氏とヒカルのやりとりに、ネット上では『本当に総理大臣になれる人だったら、N党以外からすでに声がかかってるでしょ』『知名度があっても、優秀な政治家になれるわけじゃないのに……』『今後の日本が心配すぎる』などと、否定的な声が続出。一方で、『元アイドル議員や政治能力に欠ける世襲議員より、ヒカルのほうがはるかに期待できる』『本気になれば、間違いなく当選するだろうね』と期待を寄せるような意見もあり、ヒカルの政界進出については賛否両論です」(同)

 ヒカルといえば、今年5月に山口・阿武町で起こった「4630万円誤送金事件」の田口翔被告を支援すると申し出たことが、ネット上で話題になったばかりだ。

「田口被告は8月1日に保釈され、ヒカルは同日中に“インタビュー動画”をYouTubeにアップ。田口被告の印象について『想像と全然違う、好青年すぎてビビった』などと語りつつ、ヒカルが株を保有している株式会社DORAYAKIの仕事を斡旋すると宣言していました。ヒカルはもともと社会貢献活動に積極的で、『赤い羽根共同募金』や、病気の子どもとその家族が利用できる滞在施設『ドナルド・マクドナルド・ハウス』に数千万円単位の寄付を行い、今年1月には紺綬褒章を受章。こうしたイメージは、いずれ政界進出する際にも十分なアピール材料となるでしょうね」(同)

 ヒカルが何か発言するたびにネット上でさまざまな声が上がっている現状を見ると、それなりの影響力を持っていることは確かだろう。今後、本当に出馬する日は来るのだろうか?