• Wed. Sep 28th, 2022

松本人志『ドキュメンタル11』、香取慎吾が優勝候補!? 非芸人回に「忖度しそう」と懸念も

 ダウンタウン・松本人志が企画・プロデュースするAmazon Prime Videoオリジナルお笑い番組『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』に香取慎吾、高橋克典らが参戦することが発表され、ネット上で賛否が巻き起こっている。

 密室に芸人が集い、賞金1000万円をかけて“笑わせ合いバトル”を繰り広げる同番組。昨年、フジテレビの特番『まっちゃんねる』では、「女子メンタル」「イケメンタル」と題した“非芸人”によるスピンオフ企画を放送していたが、Amazonオリジナルの正式タイトルは、シーズン1~10まで芸人しか出場していなかった。

 しかし、「シーズン11 UNLIMITED」とナンバリングされた最新作(8月17日配信開始)は、香取、高橋、元大相撲力士・貴乃花光司、氣志團・綾小路翔、上地雄輔、六平直政、MY FIRST STORY・森内寛樹の7人が、これまでと“同じルール”でバトルを繰り広げるといい、11日に解禁されたPR動画では、松本が「もっと幅を広げるというか、『女子メンタル』『イケメンタル』よりもっとこう(広く)」と制作意図を説明。

 さらに、香取がハリウッドザコシショウのギャグでお馴染みの“目玉付きメガネ”をかけながらマヨネーズを吸っている様子や、相撲取りの着ぐるみを着た貴乃花が「ちょっちゅねー」と言ってる姿などが見て取れる。

「『ドキュメンタル』は、芸人の下品な下ネタが定番化していることや、出場者が似たようなメンツでマンネリ化していることもあり、ここ最近はAmazonレビューに『小学生レベルの下ネタの繰り返し』などと酷評が殺到。シーズン10は8月12日現在、“星5つ中2.2”と散々な評価となっています。また、シーズン8として配信される予定だった映像が『下品すぎる』としてAmazonからNGを食らい、“お蔵入り”したこともあって、下ネタに走らなさそうな今回の“非芸人企画”が生まれたのかもしれません」(芸能記者)

 シーズン11の意外な顔ぶれに、ネット上では「メンバー見ただけで笑っちゃう。すっごい楽しみ!」「見る前から面白そう! 貴乃花は強すぎ!」「芸人のドキュメンタルに飽きてたから、こういう試みはうれしい」と好意的な声が相次ぐ一方、「芸人でいいのに。こういう方向に走らないでほしかったな」「もっと旬の若手芸人を出してほしかった」「こういうの求めてないんだけど……」と残念がるお笑いファンの声も散見される。

「『女子メンタル』が放送された際、ネット上では『芸人と違って、作家にやらされてる感がすごい』『作家の影が見えて、冷める』と不満の声も目立ちました。そのため、『シーズン11も芸人でやってほしかった』『芸人以外の大会は、すべてスピンオフ扱いにしてほしい』という要望もあるようです」(同)

 ネット上では、香取に対して「バラエティ慣れしてる香取くんが強そう!」「香取くんはこれまでいろんなキャラになってきたし、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のコントでも鍛えられてきたから、ほぼ芸人の域だと思う(笑)」などと期待を寄せるファンは多い。

「現在、香取は自身のYouTubeに『しんごちん』という小学生キャラに扮して出演。加えて、2020年にはPrime Videoの主演ドラマ『誰かが、見ている』でシチュエーション・コメディに挑戦するなど、コメディアンのような活動が多いため、“優勝候補”と予想するファンも見られます。ただ、一部では『香取慎吾に共演者が忖度しそう』と予想する声も。ジャニーズ事務所を退所して久しい香取ですが、相変わらず芸能界の大物であり、『香取が滑ってる』『香取がさぶい』といった見え方は、番組総出で回避したいところ。そのため、『共演者が気を使って笑う場面があるのではないか』と懸念されているようです」(同)

 展開がまったく予想できない“非芸人”によるシーズン11。松本は予告映像で「ぶっちぎりのお笑いモンスターがいましたね」とコメントしているが、一体誰のことなのだろうか。