• Mon. Oct 3rd, 2022

『家事ヤロウ!!!』和田明日香さん【ジャコとオクラとニラのタレの冷奴】、うますぎて1日2回作った!  

今日のレシピ:【ジャコとオクラとニラのタレの冷奴】『家事ヤロウ!!!』

 『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)で紹介された、和田あすかさんのレシピ「ジャコとオクラとニラのタレ冷奴」。

 レシピの作り方を見ているとどうやら生のオクラとニラを使うようです。生のオクラは個人的に大好きですが、生のニラは初めてかもしれない。ネットで調べてみると生のニラは加熱するよりも香りが強く残り、ニラのシャキッとした食感も楽しめる! と書いてある。

もしかしたら未知の世界へ足を踏み入れるのかも知れない……。早速チャレンジしてみることにしました!

 実際に作ってみましょう!

材料を用意しました。今回はちりめんを使うので乾燥しているものを買ってきました。ここで味に大きな差が出た……と、食べ終えた後の感想を最初に言ってしまうのですが……。

 ニラ、ちりめんじゃこ、オクラ、米油、卵黄(卵)、醤油、豆腐で準備完了です! 米油はなかったので普通のサラダ油でチャレンジします。

(1)耐熱ボウルにジャコ 1 パック(30g)、米油(大さじ 1)を混ぜ、キッチンペーパーを上からかけて電子レンジで(600w)2 分間温める

 温めたものの、あまり変化は感じられない。

(2)塩ずりしたオクラ(3 本)を輪切りにします。みじん切りしたニラ(1/2 束)醤油(大さじ 1)を混ぜ合わせる

 レシピだとわかりにくいが、温めたじゃこの器にオクラも入れるので、全体を混ぜるとこんな感じに。

(3)水切りした絹豆腐(1 個)を器に入れ、2を上から盛り、さらに卵黄をのせて完成!

 この迫力あるビジュアル。ただ者ではない。

 味の想像が全くできない未知の世界ですが、生のニラのすごく新鮮な香りがしてきました。

 なぜ、油でちりめんじゃこを温めたのか? 柔らかくするためだろうか。早速食べてみました。

 一口食べて、うぉ! となったのは、冷たい冷奴にネバネバオクラと新鮮なニラの歯ごたえがたまらなくおいしかったから。

 今回は「減塩」のちりめんじゃこを使いましたが、醤油が思ったより多めなので塩分もちょうど良く感じました。

 これはクセになる味。私は昼に作ってみたのですが、材料もまだ残っていたので晩御飯の一品にも作ってみました。

 1日に同じレシピを2回作ることはあまりないのですが、ひえひえ豆腐にニラ独自の香りがたまらんうまさです。ご飯がめっちゃ進みます。

 この夏、一度はチャレンジして頂きたいレシピだと思いました。生のニラは卵黄に絡むとニラ独特の尖った味が優しくなるので想像以上のうまさだと思って頂きたいです!

【総評】

もう一度作りたい度:★★★★★(続けて食べても飽きない味)

ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★☆

子どもウケまたは夫ウケ:★★★★☆