• Tue. Sep 27th, 2022

未成年性的虐待のR・ケリー、婚約者で性奴隷の一人が自伝リリースで大炎上! 「私は妊娠している」

ByAdmin

Aug 16, 2022

 「25年近くもの間、己の性的欲求を満たすために富と名声を利用し、未成年の少女たちを食い物にした」として禁錮30年の実刑判決を受けた世界的R&Bシンガーソングライター、R・ケリー(55)の被害者で、婚約者でもあるジョセリン・サヴェージ(26)が、米Amazonから自伝をリリース。

 ケリーの子を妊娠していたと幸せそうに告白したが、全24ページで約15ドル(約2,000円)という価格の割には、あまりにも内容がお粗末だと辛らつな意見が殺到。レビュー欄は軒並み星1つの低評価で大炎上している。

 2019年1月、告発ドキュメンタリー『サバイビング・R・ケリー:全米震撼!被害女性たちの告発』が放送されたことがきっかけで、性的搾取目的で未成年の少女らを誘拐/監禁し、性的虐待した罪などで逮捕・起訴されたケリー。今年6月には、ニューヨークの連邦裁判所から禁錮30年の刑を言い渡された。8月15日からは「児童ポルノと公務執行妨害罪」に関する裁判がシカゴの裁判所で始まり、服役年数はさらに増えるものとみられている。

 このシカゴの裁判が始まる3日前の12日、ケリーの婚約者ジョセリンが米Amazonで自伝『Love and Joy of Robert(ロバートの愛と喜び)』をリリース。ケリーとの出会い、関係などを赤裸々につづったもので、24ページと短編だが新書販売価格は約15ドル(約2,000円)とかなり強気だ。

 ジョセリンはケリーに洗脳された性奴隷だとみられており、告発ドキュメンタリーでは、必死になって彼女を連れ戻そうとする両親の姿が紹介されていた。ジョセリンは、「自分も被害者」と発言したことがあるが、ケリー逮捕後も彼の家を離れず、裁判に顔を出すなど彼を支えている。

 同書の中で、ジョセリンはケリーから婚約指輪を受け取った数カ月後に、「ひどいつわりが始まったが、自分の体の中で何が起きているのか確信を持てずにいた。新型コロナウィルスに感染したのかと思ったが、私は妊娠しているという素晴らしい事実が判明したのだ」と、ドラマチックにケリーの子を身ごもったことを告白。「ロバート(ケリー)はとても喜んでくれた。そして出産に立ち会えないことを悲しがった」と、赤ん坊のエコー(超音波)写真まで掲載した。

 米紙「ニューヨーク・ポスト」によると、本はケリーの許可を得て、彼のチームがチェックした上で出版。ジョセリンはケリーとの親密な写真も載せたかったが、彼から許可が下りなかったそうで、「ハッピーエンディングにしたかったから、本には書かなかったこともある」と、まだまだ語る内容がある様子を見せた。

 ケリーが所有する高級マンションのひとつに住んでいるというジョセリンは、続編を執筆中とのことで、「次はメディアによってねつ造された事実を暴露するわ。たくさんの秘密をね」と宣言。来年には続編をリリースする予定だと語った。

 ジョセリンは自伝の中で、「親族から性的虐待を受け、それを両親に打ち明けることもできないようなひどい環境」から、これまでの人生で最高な環境を提供してくれるケリーの元に移ったのだと過去を告白。

 19歳の時にケリーのコンサートで一生懸命アピールしたらバックステージに招かれ、その日のうちにケリーの家に連れて行かれ、「歌手になるために」と、そのままずるずると彼の家にいることになったという。

 ほかにも、シースルーのブラジャーやセクシーな服をたくさんプレゼントされた夜、ケリーに「ダディは誰だ?」と聞かれ「あなたです」と答えたこと。その日からケリーとの“変態的なセックスプレイ”が始まり、「吐きそうになるような行為もさせられた」「嫌だったけど、『してくれたら、なんでも買ってあげるよ』と言われたからした」ことも回顧。

 さらに、15歳の時に年齢を18歳だと偽り、ケリーと婚姻届を出して世間を騒がせた歌姫で、22歳で事故死したアリーヤを彼女に重ね、「アリーヤ」と呼ばれるケースもあったこと。アリーヤのようにジョセリンを失うのを恐れたのか、ケリーは次第に「要求が多く、執拗になった」ことも明かしている。

 なお、ケリーのコンサートでバックステージに招かれる女の子たちは「妙に若かった」が、「あまり話せない」として言及はしていない。ケリーと一緒に住んでいた女の子は自分だけではなく、彼女たちとの絆は強かったこと。その子たちはケリーが逮捕されたことで解放されたが、「私をSNSで中傷するようになった」とも非難している。

 同書のAmazonレビューは、最低評価である「星1つ」がほとんど。「話があちこちに飛んでいて、まとまりがない。うちの8歳のいとこのほうがうまく書ける」「続編は正しいスペルと文法でお願い」「最悪。時間の無駄」など、文章のクオリティが低すぎるという辛らつな意見や、中身がなさすぎて「まるでクリックベイト(誇大広告などでユーザーのクリックを誘導する悪質な手法)だ」と詐欺に遭ったような気分の内容だと批判するコメントも見られる。

 一方で、「ケリーとの相性が悪いということだけは理解できた」「助けを求めているように感じる」とジョセリンのメンタルヘルスを心配する声も。また表紙は、ケリーと思われるひげの男性が大事そうに赤ん坊を抱いている絵で、これもまた「キモい」と炎上のネタになっている。

 ジョセリンはニューヨークの裁判で「自分はケリーの婚約者」だと明かし、「彼との愛は本物」「彼はモンスターではなく私を守ってくれる王様」とつづった嘆願書を出し、ケリーが逮捕された時に共に生活していた女性の一人。

 今回リリースした自伝ではケリーとの赤ん坊を身ごもったことしかつづっておらず、まだ妊娠中なのか、無事に出産したのかなどは不明。19年7月に逮捕されてから釈放が許可されず勾留されていたケリーといつ子づくりしたのかも不明で、ネット上では、「婚姻関係にあるパートナーとセックスできる面会でできた赤ん坊なのか」と推測する声が上がっている。

 ニューヨーク州など一部の州では、婚姻関係にあるパートナーと性行為ができるカンジャガル面会(夫婦面会)が許可されているが、婚約者とこの面会を行うのは難しいのではないかという声も上がっている。

 ケリーにはドキュメンタリー番組で「DV、モラハラを受けていた」と証言した元妻との間に、今年24歳になる長女、22歳になるトランスジェンダーの長男、20歳になる次男がいるが、3人ともケリーとはほぼ絶縁状態にある。そのため「これ以上、不幸な子どもをつくってどうするのだろうか?」と批判する声もネット上に見られる。

 一方、ケリーの弁護士は「ケリーはジョセリンを妊娠させていない」「ケリーの子ではない」と否定する声明を発表。また弁護士は、ジョセリンの本に関して「(あんなの)自伝ではないし、みんな正気ではない」とあきれ返っているようだ。

 ケリーのシカゴ裁判前に大炎上を起こしたジョセリンだが、今後、どのような動きを見せるのか見守っていきたい。