• Tue. Sep 27th, 2022

Sexy Zone、ドームツアー決定のウラで「公演中止」にファン悲鳴! メンバーの一言にも批判飛ぶ

 8月14日、Sexy Zoneが神奈川県・横浜アリーナで『セクシーゾーン ライブツアー2022 ザ・アリーナ』公演を行い、12月に東京と大阪で念願のドームツアーを開催すると発表した。ファンからは祝福のコメントが続出したものの、今ツアー中に実施予定だった福岡公演の中止が決まったことで、嘆きの声も相次いでいる。

 2011年にCDデビューを果たしたSexy Zoneは、約11年の時を経て今年、初単独ドームツアー『セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト』の開催が決定。12月16、17日に東京ドーム、同24、25日に京セラドーム大阪での公演が発表された。

 なお、佐藤勝利が新型コロナウイルスに感染したため、8月11~14日に行われた横浜公演は中島健人、菊池風磨、松島聡の3人で開催。横浜公演最終日の14日、コンサート中に「緊急速報」「ドーム公演決定」などの文字がモニターに表示されると、メンバーは抱き合って歓喜していたという。

 一方、この知らせを受けてファンが注目しているのは、マリウス葉の動向だ。20年12月、ジャニーズ事務所はマリウスに関して「体調不良のため一定期間芸能活動を休止」すると発表。今年に入り、一部メディアはマリウスがヨーロッパの大学に留学していることや、芸能界引退説を報じていたが、ジャニーズサイドからのアナウンスはなされていない。いまだマリウスの復帰時期のみならず、近況すら知らされないままだ。

「ジャニーズ公式サイトを見ると、現在開催中のアリーナツアーの案内ページには、『マリウス葉は一定期間芸能活動休止のため、本公演には出演いたしません』と記載があり、少なくとも現在のアリーナツアーが終わる8月21日まで、マリウスがグループの活動に参加することはないとみられています。しかし、12月のドームツアーには同様のお知らせが書かれていないことから、ファンの間で『5人でのドーム公演がかなうのではないか?』と、期待が高まっているようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 一方、ドーム決定のニュースを手放しで喜べないファンも見受けられる。今回のアリーナツアー中、中島が新型コロナに感染したことで、7月23・24日に行われるはずだった福岡での公演が中止に。その後の大阪、宮城、横浜公演は予定通りに開催されたが、横浜の8月13日昼公演で、メンバーの1人が「横アリが終わったら、残すところ静岡だけ」と発言したというレポートがSNS上に出回り、一部ファンは怒りをあらわにしたのだ。

「この時点で、中止になった福岡公演について、振替や返金などは案内されていませんでした。そのため、福岡に参加する予定だったファンの中には、振替公演を心待ちにしている人も少なくなかったんです。Twitter上では、この発言の主は中島だと拡散されており、ファンからは『わざわざ「静岡だけ」って言う必要ある? しかもケンティーがそれ言うわけ?』『今も振替公演を待ってる人がたくさんいるのに、「残るは静岡だけ」って発言で傷ついた』『中島は福岡公演が中止になったこと忘れたの?』などと憤る声もみられました。とはいえ、問題のコメントは菊池だったとの書き込みもあり、情報は錯綜している様子。ただ、それだけ福岡公演が中止になった件について、ナーバスになっているファンが多いということでしょう」(同)

 そして8月15日、福岡公演の当選者のもとにジャニーズ事務所から届いたメールには、公演中止が決まったという報告があったという。運営側は振替公演の開催に向けて調整を試みたようだが、やむを得ず中止になったという。

 なお、福岡公演分のチケットは払い戻しができるほか、希望者は12月のドームツアーにそのまま申し込みが可能。抽選によって落選した場合は、預かっているチケット料金を返金すると説明している。

 しかし、ネット上には「福岡で振替公演をやるならまだしも、東京と大阪のドームには行けない。遠征費も高いし、今回は諦める」「アリーナとドームじゃ全然価値が違うんだよ。もっと近い距離でSexy Zoneに会いたかった」「念願のドームだから、本当はメンバーに『おめでとう』と言ってあげたいのに、そんな気にもならない。福岡組は損しただけ」などと、厳しい声も飛んでいる。

 いずれにせよ、福岡当選組の複雑な思いも報われるような形でドームツアーが行われることを願うばかりだ。