• Mon. Oct 3rd, 2022

Sexy Zone・松島聡、『ニノさん』代理出演で芸人から「レギュラーにさせねぇ」と言われたワケ

 嵐・二宮和也の冠バラエティー『ニノさん』(日本テレビ系)が8月14日に放送され、ゲストに俳優の小手伸也と女優の奈緒が出演。さらに、番組レギュラーのSexy Zone・菊池風磨の代理で、グループのメンバーである松島聡が登場した。

 ゲストの小手と奈緒は、現在公開中の二宮主演映画『TANG タング』に出演しており、小手は「二宮さんだけは僕、マジでわかんないですね」と共演時の印象について正直にコメント。「全然スイッチを入れるような素振りもなく、普通にスマホ触ってて、『はーい』ってそのままナチュラルに芝居に入っていく様が、マジで理解できないくらい自然体なんですよ」と語り、「たぶん、俳優界の所ジョージさんみたいな」と評した。

 一方、奈緒も「私もお芝居でいうと、二宮さんはセリフを全部自分のものにしちゃう方っていう印象があります。本当にすごいなって……」と絶賛。2人から褒められ満足げの二宮は、「いやー、これでいきますか? 1時間! 風磨もいないし、いい回です!」とニヤリ。

 なお、菊池は今回、新型コロナウイルス感染による療養のため番組収録を欠席し、代打で松島が出演したものとみられる。二宮は「もういいですよね? 卒業で、彼は」と、冗談を交えて菊池の不在を笑いに変え、「新しく聡ちゃんに来てもらうって形のほうが、日曜の朝っぽいんだわ」と松島の爽やかさを称賛していた。

 その後、番組後半では「チャンピオンジャッジメント!」コーナーを実施。「ストリートダンスコンテスト」「高校生デジタルフォトコンテスト」「日本カラオケボックス大賞全国大会」の3つの大会で優勝した人をそれぞれクイズ形式で当てていくことに。

 1問目は、日本最大級のストリートダンスコンテスト『JAPAN DANCE DELIGHT VOL.27 FINAL』の優勝者を当てるクイズが出され、松島、小手、奈緒、番組準レギュラーである3時のヒロイン・福田麻貴が正解した。

 続く2問目は、『第12回高校生デジタルフォトコンテスト』に関するクイズ。マスクを着けた高校生の男女が距離をとって座っているモノクロ写真のA、夕日をバックに海ではしゃぐ2人の女子生徒の姿を映したB、数学の授業で悩む女子生徒と数式の写真を重ね合わせたCの3つの写真が選択肢として用意され、松島と3時のヒロイン・かなでがA、二宮と福田はB、小手、奈緒はCと予想。見事に票が分かれた。

 松島は、「僕はもうこれ見た時に、Aだと思いました、すぐ」と自信満々に語り、「今の時代に合った共感しやすい内容っていうのと、現代の高校生がモノクロで撮ろうと思ったのがすごい」とコメントした。

 しかし、正解はCとなり、進行役のお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇が、「松島さん、自信満々でございましたけど……」とツッコむと、松島は「今の時代背景がすごく見えるから(優勝した写真だ)と思ったんですけどね。難しいですね」「風磨くんみたいに、かっこつけたかったんですけどね。なかなか(うまく)いかないですね」と素直な心境を吐露。吉村から「風磨と同じ人はいらないんですよ」と言い放たれていた。

 そんな松島は、3問目でもマイペースさを発揮。『2019年日本カラオケボックス大賞全国大会inふくしま』の優勝者に、手嶌葵の「明日への手紙」(16年)を歌った山崎汐音さんを選び、「説得力がありましたね、歌詞の。誰のために、何のために歌っているのかっていう描写がすごく見えてきたような歌」と評価。しかし、吉村から「そこが歌うにあたって大事?」と聞かれると、「え、何がですか?」と逆質問し、吉村は「こんなこと言うのあれだけど、てめぇが言ったんじゃねぇかよ!」「なんだよ、絶対レギュラーにさせねぇからな!」とボヤいていた。

 なお、松島はエンディングで吉村に「松島さん、どうでした? やってみて」と番組の感想を問われ、「ごちそうさま……あっ、お邪魔しました」と言い間違えてしまう場面も。二宮からは「もう中学生とロケ決定です」と、この日のロケで暴走していたお笑い芸人・もう中学生とのコラボを提案されていた。

 この日の放送を受け、ネット上には、「風磨くんになりきろうとしてたり、たまに天然出ちゃってあたふたしてる聡くん最っ高にかわいかった」「ピンチヒッターお疲れさま」「吉村さんとのバトルにもほんわかしていて個性が出てた」「もう中とのロケ、期待して待ってていいかな?」「ロケ担当準レギュラーで聡ちゃんをよろしくお願いします」松島に対する反響が多く寄せられた。