• Tue. Sep 27th, 2022

ウイスキー万引き夫婦、夫が「俺は関係ねえ」「うるせえ」と大暴れ! 妻に罪をなすりつけたワケ

 こんにちは、保安員の澄江です。

 昨今、商業施設の大規模化が進み、どの店も商品管理に頭を悩ませています。取扱品目を増やし、売場面積が大きくなるほど、万引き被害は増え、防犯対策に難儀する実態があるのです。特に、専門店における被害は顕著で、大量かつ高額の万引き被害が頻発しています。換金目的の万引き常習者に狙われたことで、系列店舗を軒並み荒らされ、結果として数百万円にものぼる損害が生じたこともありました。

 換金目的の万引き犯は、なるべく高額で、簡単に捌ける人気商品を大量に盗み出していきます。それを職業としている側面を持つため、買取相場や転売市場にも詳しく、捕まらないよう巧妙な手口を用いて持ち去っていくのです。昨今は、不況の影響から夫婦や家族による共犯関係が目立ち、家族間で罪を擦りつけ合う光景を目にすることもありました。

 今回は、大型ディスカウントストアで捕らえた万引き夫婦について、お話ししたいと思います。

若者の万引きが増加する、夏

 当日の現場は、S県の端にある総合スーパーY。都内から急行電車に乗って、およそ1時間。そこからさらに10分ほどバスに揺られたところに位置する2階建ての巨大スーパーです。この日の勤務は、午前10時から午後6時まで。2人勤務のため、この日のパートナーであるリョウくんと、従業員通用口の前で待ち合わせて現場に入りました。いつもなら駅で待ち合わせするところですが、今日はバイクで来たそうで、最近買ったのだと自慢されます。

「この間、高校生が走って逃げたんで、バイクで追いかけて捕まえたんですよ。ちょうどいいところに停めていたから、つい乗ってしまったんですけど。警察には、危ないからやめろって、すごく怒られました」
「そんなことがあったの? 確かに危ないわね。その高校生は、なにを盗んだのよ?」
「(値段が)高めの水着とゴーグルですね。友達の分まで盗っちゃって、被害は2万円を超えていました。足の速い子で参りましたよ」
「そんな季節よね」

 夏休みが近くなると、若い子による犯行が増えるのは昔から変わらず、毛染めや水着、日焼け止めなど、季節感のある商品が狙われるようになります。男女を問わず、年齢が若いほど逃走率は高まるため、思いがけない事故が発生したこともありました。

 追われて逃げる際は誰もが夢中で、後方を振り返ったりすることなどで周囲への注意が緩慢になるため、人を突き飛ばしたり、車や自転車などと接触してしまうことがあるのです。それは、捕捉する側も同様で、深追いすればするほど受傷事故に発展する恐れが高まります。犯行現場から距離が開くほど、被疑者の逃走意欲は増し、逃げ切りたいがために反撃してくることが多いのです。

 業務開始後は、二手に分かれて、広い店内を巡回します。早い時間は、2階に向かうお客さんが少ないため、人の流れが多い1階を中心に警戒しました。広大な食品売場のほか、雑貨店やスポーツ用品店、メディアショップ、フードコートなどのテナントも多数入っているため、平日にもかかわらず人の出入りは激しく、少しも油断できない状況といえるでしょう。

(ん? あの人、なにを慌てているんだろう?)

 勤務開始から、およそ2時間が経過したところで、妙に慌てている様子の主婦らしき女性が目に留まりました。一見して、30代後半くらいでしょうか。どことなく納言の幸さんに似た女性が、誰かを探すような動きで、店内をうろついていたのです。カート上にあるカゴの中には、液体系の化粧品や機能性食品など、よく万引き被害に遭う商品ばかりが入っており、その挙動と合わせて気になりました。

(ただの人探しならいいけど、いいモノ※が入っているし、リョウくんに連絡しておこうかな)

※盗まれやすい商品のこと

 店内を足早にうろつく女性を遠目に見ながら、リョウくんに電話をかけて状況を話すと、すぐに駆けつけてきました。女性の状態を一目見るなり、まるで預言者のごとく、自信たっぷりに言い放ちます。

「モノがいいし、あれはやりますね。棚取は、何か見れてます?」
「まだ見つけたばかりで、何も見れていないの。誰かを探している感じもするのよね」

 親子を装い、カートを押す女性を遠巻きにして追尾すれば、このフロア一番の死角箇所といえる酒売場に入っていきました。棚取を見るべく目を離さないでいると、一見してヤクザ風の男性が売場に現れ、女性に近づいていきます。おそらくは30代半ばくらいでしょうか。バナナマンの日村さんをVシネマ俳優にしたような強面で、短髪の男性です。

 何を話しているのかはわかりませんが、目を合わすことなく周囲を見ながら言葉を交わす2人の様子は不自然で、ワル企みしているようにしかみえません。

 するとまもなく、何も手にすることないまま酒売場を離れた男性は、そのままフードコートに入っていきました。そのあとをリョウくんが追っていくのが見えたので、私1人で女性の行動を見守ります。すると、棚に並ぶ箱入りのウイスキーを次々と手にした女性は、カート下段のカゴをあふれさせると、酒売場の脇にある衣料品売場に移動しました。特に選ぶことなく、男物のTシャツを手に取って広げて、ウイスキーが満載されたカゴを覆い隠しています。

(これは抜ける※)

※精算せずに店から出ていく手口。通称カゴヌケ

 犯行に至ることを確信して追尾すれば、何度も後方を振り返りながらフードコートの中に入った女性は、先ほど酒売場で言葉を交わしていた男性が座るテーブルに腰を下ろしました。未精算の商品をフードコート内に持ち込むことは、店内の規則で禁止されていますが、余計なトラブルになりかねないので、声をかけるわけにはいきません。

「これから払おうと思っていた」
「客を泥棒扱いするのか」

 このような反論を封じるため、しっかりと犯罪が成立するまで、状況を見守る必要があるのです。少し間を置いてフードコートに入ると、入口脇のテーブルにリョウくんが座っており、フレンチフライをつまんでいました。ご丁寧に、私の分のアイスコーヒーまで用意してあり、ストローを咥えながら2人の動きを見守ります。

「お酒の棚取、全部見たわよ」
「ブツに幕を張っているし、間違いないですね。2人とも、めちゃくちゃ警戒しているから気をつけないと」
「目を合わせなければ大丈夫よ。なるべくゆっくり食べて、私たちを気にするようだったら、先に出て待ち受けましょう」

 しばらくの間フードコートに留まり、すっかり安心した様子で駐車場に出た2人の後を追うと、黒いワンボックス車の前で足を止めました。トランクを開き、カゴにある商品を積み込み始めたところで、リョウくんが声をかけます。

「お店の者です。それ、お金払ってもらわないと困るんですけど」
「ああん? なんだお前?」
「この店の保安ですよ。お金払ってないのに持っていかれたら困るって言っているの!」
「はあ? 知らねえよ。よお、お前。金、払ってきたよな?」

 しらじらしくも堂々と犯行を否認した男は、傍らでうつむく女に話を振って、我れ関せずといった姿勢を見せつけてきました。その一方、すっかり動揺した様子の女は答えに窮して、ただ黙って俯いています。万一に備えて女の腰元に手を置き、そっと声をかけると、急に顔を上げて言いました。

「お金、払っていないですよね? 認めていただけないなら、すぐに警察を呼びますけど……」
「はいはい、全部私がやりました。夫は関係ありません。これでいいんでしょう?」

 状況から察するに、妻1人で罪を背負わなければならない関係にあるようですが、犯行の一部始終を目撃している立場からすれば、2人ともにご同行を願うほかありません。

「旦那さんも、事務所まで一緒にお願いします」
「なんでだよ? 俺は関係ないだろ?」

 平気な顔で耳を疑うようなセリフを吐いて凄む男に、まるで怯むことなくリョウくんが言いました。

「お2人は、ご夫婦なんですよね? 奥さん、1人でかわいそうじゃないですか。どちらにせよ、迎えに来ることにもなるんだから、一緒に来てくださいよ」
「いや、とりあえず1回、家に帰る。余計なことになっても困るからよ」
「余計なことって、なんですか?」
「うるせえなあ。とりあえず、俺は関係ねえから」

 説得を試みましたが埒が明かないので、仕方なく110番通報して警察官の到着を待っていると、リョウくんと揉みあう男を睨む女の目から涙がこぼれ落ちるのが見えました。警察官いわく「旦那のほう、弁当持ち※だったよ。状況的には、共犯でやりたいんだけど、今日は大きな事件があって人もいなくてさ……」とのことでした。
※執行猶予中のこと

 この日の被害は、計19点、合計で5万円ほど。その後、フードコートに立ち寄ったことで精算したと思い込んでしまったと犯意を否認した女は、初犯だったこともあり商品代金を支払うことで逮捕されることなく帰宅を許されました。

 共犯関係どころか犯意すら認められずに、逮捕者の1人として納得がいかない思いがしましたが、警察の決定に異議を述べる立場にもありません。私たちの役割は、クライアントに損失を与える人物を店に引き渡すまでで、その後の処罰に関知する必要はないのです。

(文=澄江、監修=伊東ゆう)

【万引きGメン・澄江さんへの質問大募集】
万引きの現場や万引きGメンについて聞いてみたいことを大募集いたします。下記のフォームよりご応募ください。