• Tue. Oct 4th, 2022

島田紳助、上地雄輔が近影公開! 宮迫博之や上沼恵美子はNGも……ヘキサゴンファミリーは特別扱い?

 2011年8月に芸能界を引退した島田紳助が、タレント・上地雄輔のインスタグラムに登場。島田の近影に驚きの声が相次ぐとともに、今後の表舞台への露出を期待する声もあるようだ。

 上地は8月21日、飲食店での島田とのツーショット写真を公開。上地は、キノコらしき具材が混ぜ込まれたおにぎりを手にしており、「家からおにぎり握って持って来てくれたw #オカンみたい」「優しいなぁ さぁ今日も頑張ろかぃ またねーん^_^」とつづっている。

 コメント欄では、「えーっ、紳助さんじゃないですか!!」「懐かしい。いつまでも雄ちゃんの父ちゃんですね」「うわぁ~、いつまでもファミリー」「紳助さん、おにぎり握って持ってきてくれるなんて優しいですね」といった書き込みが寄せられている。

 なお、上地は紳助が司会を務めていたバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系、11年9月に終了)でブレークし、紳助プロデュースによるアイドルグループ・羞恥心のメンバーとしても活動。紳助の引退時、上地は「しんすけさんは、誰がなんと言おうと、何を言われようとオイラの父ちゃんです」「オイラはオイラの大好きな人の笑顔と、きれいな涙を何があろうと、守ると決めたらズェッテーに守ります」(原文ママ)とブログにつづっていた。

「上地は、21年の元日にも紳助とのツーショットをインスタに投稿。同月には、上地のYouTubeチャンネル『上地雄輔の遊Tube』に紳助がカメラマンとして登場し、パン屋ロケを行う中で、2人の会話を聞くことができました。表舞台にはめったに出ない紳助ですが、上地のためなら“姿”も“声”もOKのようです」(芸能記者)

 引退後の島田の近影といえば、一般人のインスタグラムにプライベートの様子が投稿されて話題になったり、時おり週刊誌がキャッチすることはあったが、芸能人のSNSに堂々と登場するのは、上地のアカウントくらいのもの。そのため、「紳助さんには、上地くん以外の“ヘキサゴンファミリー”のSNSにもどんどん出てほしい」という声も多いようだ。

 紳助といえば20年1月、『クイズ!ヘキサゴンII』に出演していた歌手・misonoのYouTubeチャンネルに出演。同じく“ヘキサゴンファミリー”の山田親太朗も交えてトークを繰り広げたが、紳助が映像出演したのは引退会見以来、8年5カ月ぶりとあって、世間は大騒ぎとなった。

 また、misonoはのちのインタビューで、紳助が出演に至った経緯を説明。それによると、misonoが夫のがんなどで経済的に困窮していることを知った紳助から、「じゃあYouTube撮ろうや」「俺が責任持つから大丈夫」と動画撮影を強く提案されたという。

 その一方で、元雨上がり決死隊・宮迫博之は昨年2月、自身のYouTubeの企画で紳助に電話をかけ、動画出演を依頼。しかし、通話に応じた紳助は、「YouTubeはアカン」「俺はもう、自分のポリシーのもとに“出ない”って決めてるし」「絶対、それは無理やわ」と断固拒否していた。

 さらに、昨年12月にYouTuberデビューしたタレント・上沼恵美子は、1本目の動画で紳助とのコラボを予告。「あの人、(上沼とのコラボを)断ることは絶対ないと思う」と自信満々に語っていたが、いまだ実現していない。

「『クイズ!ヘキサゴンII』は、紳助の引退と同時に放送休止となり、後日、番組終了を発表。収録済みだった回はすべてお蔵入りとなり、大勢いた“ヘキサゴンファミリー”は同番組のレギュラーを失う結果となりました。そういった経緯もあり、紳助は“ヘキサゴンファミリー”のためなら『一肌脱ごう』という思いがあり、特別扱いしているのかもしれません」(同)

 もしそうであれば、あの“一般人”とのコラボする可能性も……。

「かつて『クイズ!ヘキサゴンII』でブレークした木下優樹菜です。木下は昨年10月にYouTubeを開設し、現在“毎日投稿”を行うほど動画制作に注力。木下のチャンネルの視聴者の中には、かねてより紳助とのコラボを熱望する声が上がっていました。2人には“不祥事後に芸能界を引退した”という共通点もあり、コラボが実現すればトークに花が咲きそう」(同)

 現在も“ヘキサゴンファミリー”と交流している様子の紳助。“元芸能人”同士である紳助と木下によるコラボが実現すれば、大きな話題となりそうだが……。