• Sat. Oct 1st, 2022

嵐・相葉雅紀、今でも守っている“保育園時代の教え”にファン感心

 嵐・相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)。8月19日深夜の放送回では、今でも守っている“保育園時代の教え”について語る場面があった。

 この日は番組宛てに、レギュラー番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)でアップになった相葉の手元がきれいだなと思ったというリスナーから、「突然ですが、相葉くんは爪の切り方にこだわりがありますか?」と質問メールが寄せられた。なお、このリスナーは、「少し長めに白い部分を残して切ると、指が長く見える気がするので、その切り方が好きです」とのことで、最初に爪の両端を切り、最後に真ん中の尖った部分を切りながら形を整えているという。

 一方の相葉は、「僕はちょっと逆で、『白いのが残ったらダメですよ』って保育園のときに言われてたのよ」と回顧。「子どもだから、“人を引っ掻いちゃったりする可能性があるから”ってことなんだと思うけど」とその理由を推測しつつ、「白いところがあるのが俺、嫌で」と、保育園の頃からの教えを律儀に守っていることを明かした。

 なお相葉は、番組の放送作家であり番組アシスタントとして一緒にラジオに出演している“ちかさん”から、「深爪したいくらい?」と聞かれ、「それは痛いから嫌なんだけど」「痛いよ、深爪は!」と、そこまで短く切りそろえているわけではない様子。

 そして切り方については、利き手で切れる“左手の爪”を、親指の右の端から左に向かって切っていき、爪が三日月型になるように全部の爪を切っていくそうだが、“右手の爪”は、左手で切らないといけないため「うまくできない」のだとか。

 それこそ深爪になりそうなため、リスナーと同じように爪の両端を切り落としてから中央部分を切っていると説明し、「爪切りの全部を使ってない。端っこだけをずっと使っていく感じ。それがこだわりです」と明かした。

 この日の放送に、ネット上では「相葉くんの爪って短くしていて清潔感があって誰が見ても好感が持てる」「幼稚園の先生に言われた爪の長さを素直に守り続けてる相葉ちゃん、可愛いなぁ」「保育園からの習慣とは、かなりのこだわりを感じる」「ピュアの権化」と感心する声や、「爪を切ってるところ、動画で見せてください」などのリクエストが集まっていた。