• Tue. Sep 27th, 2022

元クリスタルキングのボーカルに「老害」と批判の嵐、石田純一「壱成は再ブレイクする」アラ古希お騒がせ発言

――サイゾーウーマンの管理人で芸能通のしいちゃんが、編集部員を相手にこの1週間で話題になった芸能ニュースを解説!

編集G 残暑厳しい毎日だけど、Twitterでもアツいバトルが起きているようだね。

しいちゃん ああ、元クリスタルキングの田中昌之の件ね。クリスタルキングは、1979年のヒット曲「大都会」で知られるロックバンド。田中は、8月20日に自身の公式Twitterで「先一昨日喉が渇いたのでこの店に入ろうと並んでいた。店員『マスクして下さい』 俺『入る時に着けるね』 店員『困りますマスクして並んで下さい、でなければ入店お断りします!』 俺『それって強要罪何ちゃらとちゃう』 店員『お客様、圧が強すぎます』 俺『はぁ〜君は見かけで判断してんの』」(原文ママ、以下同)とツイート。同時に店の外観の写真をアップして、ネット上で騒ぎに。

編集G クリスタルキングってよく知らないんだけど、71歳にもなって、煽るようなツイートして何やってんの。

しいちゃん さらに田中は、店員に「この経緯はオモロイからSNSにアップするワ、素敵なネタありがとネ」と言ったそう。続けて、「近々このマスク着けてこの店に行って見ようかw」とガスマスクの写真もアップしている。

編集G 痛いおじいさんだね、まったく。どうせネット上でイキってるだけで実行しないでしょ。

しいちゃん Twitterユーザーから「お客様は神様とでもと思っていらっしゃるのでしょうか」とリプライが来ると、「はい、仰せの通りです」と断言してたよ。さらに、「納得できてないのであれば、ここで晒すような子供っぽい事はせず、企業に言いに行ってください」という意見には「歳を重ねると子供に戻ると言うからねぇw それだけ純粋になってるのかなw」と開き直り。ネット上では「老害」「モンスター」「見ていて痛い」「こういう歳の取り方はしたくない」と批判の嵐みたい。

編集G 70年代に流行したチリチリのカーリーヘアは、若い頃から今も変わらずのようだし中身も20代から変わってないのかも。

しいちゃん ちなみに、8月5日には「俺はね、訳の分からんワクチンは打たないだけで反ワクでも何でもない、どうぞご勝手に打って下さい。マスクも然り。それと可笑しなモンは可笑しいだけで陰謀論者では無い。この思想が気持ち悪いからライブには行かないw はい。どうぞご髄意にw 俺は奴隷では無いのでw」ともツイートしている。

編集G 人生100年時代、ネットで暴れる71歳がいても不思議じゃないかも。高齢者向けのSNSリテラシー講座があるといいね。

しいちゃん 同じく高齢者の世良公則(66歳)は、8月23日、自身の公式Twitterで、「『世良がコロナはただの風邪と言っている。許せない』という投稿が散見されると連絡を受けた 症状には個人差がある 死亡・重症化されている方がおられる状況 私は一度もそのような事は発言も投稿もしていない 誤解を招く投稿は迷惑」と憤慨している。

編集G デマを流されたの? それは同情する、怒るのも当然。しかし、田中といい高齢のロッカーたちはネット上でも元気だね。

しいちゃん そうなの。11日には、一般ユーザーの「世良公則氏ロック歌手はofficial Twitterに統一教会の会合で演奏? 会合の華やかな写真を掲載」という投稿のスクリーンショット画像と共に、「このような事実無根のツイートが掲載されており、看過できずオフィシャルで法的対応をとるよう判断し、当該者に対し通達致しました」とも主張。

編集G あら、世良はいろいろなところから狙い撃ちされてるんだね。

しいちゃん この発言を受けて、ほかのユーザーから「変に色んなことに首突っ込むからそんなことになるんだよ。黙ってロックンローラーしてればいいのに」と苦言を呈された世良は、「ミュージシャンが政治に口を出すなという風潮が未だある コロナ禍、隣国の軍事侵攻等 戦後最大の国難下、先の見えない日本を憂い発言して何が悪いのか 今の日本はかなり危いと感じる 国民自ら選んだ国会議員を監視し意見を発する事は当然 政治は国民の人生人命に直結 それをこの3年で痛感した」とツイートしている。

編集G 世良、アツいね! そういう信念がある人とは知らなかったな

しいちゃん その後、世良は22日に「先日のSNS上での事実無根の投稿に関し、事務所担当者が法的に対処すべく所轄の警察署に出向き届出を致しました。今後は警察にお任せしており本件進行状況等掲載する事は控えます」と報告している。

編集G 今後の行方が気になるところ。ひとまずは、SNSで否定できてよかったね。

しいちゃん 高齢者でいうと、石田純一もアツいよ。2020年4月に新型コロナに感染した68歳の石田は、ニュースサイト「日刊SPA!」の8月12日配信のインタビュー記事に応えてる。コロナ闘病中は死を意識し、病床からLINEで家族宛てに「心臓がちょっと苦しい! 明日が来ることを信じてるけどダメだったらごめん」と遺書を送っていたそう。

編集G 死を予感するほどつらかったのに、退院して1カ月もしないうちに飲み歩いている姿が報じられていたよね。その心境、よくわからないわ……。

しいちゃん 「日刊SPA!」の記事によれば、夫婦不仲説もあったけれど、家族関係は至って良好とのことで、気がかりなのは、メンタルが不調な長男・いしだ壱成だとか。「(芸能界で)復活できるよう物心両面でサポートすることが、彼への最大の相続。僕には、彼が再ブレイクする予感がある。そのときまで壱成が頑張れるかですね」と語っている。

編集G コロナ禍での飲み歩きで大幅にイメージダウンして仕事が激減している今の石田が、どうやって芸能復帰のサポートをするのか謎だわ。お騒がせのアラ古希のみなさん、くれぐれも体調に気をつけていつまでもお元気で!