• Sun. Oct 2nd, 2022

TOKIO&坂本昌行、“イチオシの後輩”を紹介! 「尋常じゃない素晴らしさ」「空気を読むのがうまい」ジャニーズとは?

 TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が8月24日に放送され、元V6の坂本昌行がゲストとして登場。女性代表ゲスト枠「エンジェルちゃん」として、お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイも出演した。

 坂本といえば、かつて城島茂、国分太一らと共に「平家派」として活動した1人。この日は過去の懐かしいエピソードが多数飛び出し、その中でかつて坂本が東山紀之の“付き人”をしていたことが明らかに。

 坂本は、「人生で一番ビビった人は?」というトークテーマの中で、「僕、東山さんの付き人をやってたんですね、Jr.時代に」と発言。当時、坂本は付き人をしながら女優・森光子の舞台に出演したといい、それから何年後かに森の舞台を見に行きあいさつをしたところ、森が付き人時代の坂本との思い出をたくさん話してくれたとか。「すごい楽しそうに話してくれたっていうのが本当に感動したし、ビビりましたね」と当時の心境を語った。

 この話を聞いた山崎が、「“付き人”って制度がその当時あったんですか?」と驚くと、松岡昌宏は「ちょこちょこありましたね」と話し、国分も「僕も付き人をしたことがあります」と告白。「マネジャーさんが帯同しないドラマ(の現場)だったら、そこに派遣されていくみたいな感じ」だといい、当時のJr.は先輩の仕事現場を見て勉強したそうだ。

 現在、付き人制度は廃止されたようだが、松岡いわく、「(付き人を)したがってる子は何人かいる」という。

 なお、坂本は付き人当時21歳で、東山は26歳だったとか。付き人をしていたのは1年ちょっとで、その間は給料も出ていたとのこと。坂本は付き人期間が終わる際に、その給料が東山のポケットマネーから出ていたことを初めて知ったといい、TOKIOや山崎は口をそろえて「うわ~、格好いい!」と感嘆の声を上げた。

 そんな東山の“太っ腹エピソード”に、国分は「止まってるね」「その文化誰も継いでないね」とポツリ。続けて、東山がいまだにお年玉を全後輩にあげていることに触れ、「止めてるんですよ、あの人が!」と城島を指さした。

 「ここなんですよ、次いかなきゃいけないのは!」「止めてる自信あるでしょ?」と訴える国分本人は「まあね、永遠の後輩でいたいっていうかね」と笑顔で言い訳を展開。

 国分はさらに「坂本くんも止めてるでしょ?」と指摘し、話を振られた坂本は、きょとんとした表情を浮かべつつ、後輩ではなくV6メンバーにお年玉をあげていたと振り返った。

 なんでも岡田准一から始まり、森田剛、三宅健がそれに続き、年上組の井ノ原快彦や長野博も「ちょうだい」と言い始めたため、「順番的にあげないとね」と、全員にお年玉を配っていたという。国分や松岡は、「新手のカツアゲみたい」「イジリ通り越してカツアゲ!」とツッコミを入れていた。

 また、この日の放送では、坂本とTOKIOが“イチオシの後輩”を紹介する場面も。坂本は、ひかりTVオリジナル番組『坂本昌行 GIFT for X』で共演中のジャニーズJr.内ユニット「7 MEN 侍」を挙げ、ジャニーズJr.公式エンタメサイト「ISLAND TV」に坂本のソロ曲「Shelter」の演奏動画をアップした矢花黎や、魚をさばくことが趣味の本高克樹に触れながら、メンバーの個性や才能を称賛した。

 続けて国分と松岡は、現在海外留学中のTravis Japanについて「ハンパない」「信じられないレベル」とダンスや歌の実力の高さを褒め讃えた。また、国分は番組で共演したというSixTONES・京本大我の受け答えについて「尋常じゃない素晴らしさ」と絶賛し、松岡も「周りの空気読むのうまいよね」と同調。坂本も「歌うまいしね」と、京本の歌唱力を認めていたのだった。

 この日の放送に、視聴者からは「東山さんのポケットマネーの話はマジでビビった……26歳でそんなことできるのすごすぎる」「ほんとかっこいい」「永遠の後輩でいたいリーダーに笑った」「今も付き人志望の子いるんだ」という声のほか、今回名前が挙がった後輩ジャニーズのファンから、「7 MEN 侍のこと紹介してくれてくださって本当にうれしい」「先輩方お褒めの言葉ありがとうございました」と感謝の声も集まっていた。