• Thu. Oct 6th, 2022

香川照之、『THE TIME,』で謝罪! 江藤愛アナへの意味深行動に「芝居じみてる」の指摘

 歌舞伎俳優の香川照之が、金曜日に司会を務める報道・情報番組『THE TIME,』(TBS系)に生出演。8月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)のスクープを発端とした“性加害”騒動を謝罪した。

 「新潮」によると、香川は2019年7月、東京・銀座の高級クラブでホステスにキスし、ブラジャーを剥ぎ取って乳房を揉むなど性的な行為に及んだという。この報道の翌日、香川の所属事務所は「本人の至らなさで当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実です。ご指摘いただいたことを本人は深く反省し、今現在も自らの戒めとしております」などとコメントしている。

 また、8月26日放送の『THE TIME,』の冒頭、香川はカメラに向かって「おはようございます。冒頭にお時間を頂戴いたします」と話し始め、「このたびは一部週刊誌報道におきまして、私ごとでお騒がせをいたしまして、みなさまにご迷惑、ご心配、ご心痛をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪。

 続けて、「私自身、自らの行動をしっかりと深く反省し、自戒の念をきっちりと持って、あらためてまた日々を務めていきたいと思っています。また、与えていただける仕事に対しましては、しっかりと、真摯に、まじめに、一生懸命、全力で、これまで通り挑んでいきたいと思っています」と今後の意気込みを語り、「そして何より、こうして一日をまた与えていただいていること、このことへの感謝を忘れずに過ごしてまいりたいと思います。重ねて、このたびお騒がせをしておりますこと、大変に申し訳ございません」と頭を下げた。

「その後、ニュースを挟んでからクイズコーナー『脳シャキ!クイズ』が始まると、いつもは回答率の低い杉山真也アナウンサーが正解。香川が『わからないのが、杉山さんのこのコーナーの仕事ですから』とツッコミを入れると、杉山アナが『逆にわかってしまって申し訳ありませんでした』と謝罪し、笑いが起こる一幕も。いつもと同様に、和やかなムードで番組は進行していました」(芸能記者)

 ネット上では、「さすがに今日はお休みするかと思ってたから、出てきてビックリした」という反応のほか、「香川さん、多少おとなしめだったけど、いつもと変わらない様子だった」「若干控えめに見えたけど、おおむねいつも通りだった」「番組後半では笑顔も増えてたし、虫について語るコーナーではイキイキしてた」との声も。どうやら、謝罪後の香川の様子に「大きな変化は感じられない」と感じた視聴者は多かったようだ。

 しかし、香川が番組オリジナルソング「7時のうた!今日もいい日に」を歌って踊る恒例コーナーでは、ある“異例”の行動を取っていたという。

「歌舞伎仕込みの美声を響かせながらダンスを披露した香川は、おもむろに歌詞の一部について「『誰かに笑顔でありがとう』(という歌詞が)、沁みますね……」と感慨深げに発言。共演者の江藤愛アナウンサーが笑顔で『そうですね』と返答すると、香川は突然『江藤さん、今日もありがとう』と頭を下げていたんです。意味深な行動だけに、驚いた視聴者もいたようですね」(同)

 “自虐ネタ”とも取れる香川の行動だが、一部視聴者からは「神妙な面持ちで『沁みますね』ってわざわざ言う感じ、芝居じみてんなあ」「こんな状況だから美しい歌詞が心に刺さったんだろうけど、わざわざ口にすると嘘っぽく見える」といった指摘もあるようだ。

「香川はこの日、自分を出演させてくれた番組や温かい共演者に対し、純粋に『今日もありがとう』という思いがあふれたのかもしれません。しかし、『新潮』の“性加害”報道から2日しかたっていないこともあり、生放送中に江藤アナに感謝を述べた香川に対し、『自ら騒動をネタにするには、早すぎる』と違和感を覚えた視聴者も一部いた様子。何をやっても『芝居じみてる』と言われてしまうのは、役者の宿命ともいえそうです」(同)

 謝罪の場に『THE TIME,』の生放送を選んだ香川。今後も、出演CMなどへの影響が注目されそうだ。