• Tue. Oct 4th, 2022

浅野忠信の相手・中田クルミは「娘の3歳違い」――子どもと同年代の相手と再婚した男性タレントたち

 8月23日、俳優の浅野忠信と中田クルミが結婚を発表。ネット上には、ファンを中心に祝福の声が飛び交っている一方、困惑する人も少なくないようだ。

 浅野はこの日、中田と寄り添うツーショット写真をインスタグラムで公開するとともに「結婚しました!」(原文ママ、以下同)と報告。中田も同じ写真を自身のインスタグラムに上げ、「本日浅野忠信さんと入籍いたしました」「幸せな報告が出来てとてもとても嬉しいです!」などとコメントした。

 現在48歳の浅野に対し、中田は30歳と、18歳差の2人。ファンからは「おめでとうございます! 素敵なご夫婦!」「年齢は関係ないし、幸せそうで微笑ましい」といった声が寄せられている。

「一方で、浅野が1995年に結婚し、2009年に離婚した歌手・CHARAのことを思い出した人も多かったようで、『浅野忠信とCHARAって、ほんとにオシャレな夫婦でよかったよね』『CHARA世代としてはちょっと寂しい』との書き込みもみられます」(同)

 さらに、浅野とCHARAの間には、モデルとして活動する長女・SUMIRE、俳優の長男・佐藤緋美もいるが、SUMIREは現在27歳で、中田とは3歳しか違わない。

「そのため、一部ネットユーザーの間では『浅野さんの再婚相手、かなり年下で驚いたけど、娘と同世代の子と恋愛できたっていう意味でもすごいな』『再婚は自由。でも、娘とそう変わらない年齢の相手って、ちょっと困惑……』『SUMIREとの年齢差を考えると複雑』など、ちょっとした物議を醸しています。ただSUMIREは、中田のインスタの結婚報告に『いいね!』しているので、父親のパートナーとして認めているのではないでしょうか」(同)

 多様性の時代といえど、男性タレントが自身の子どもと同世代の相手と再婚すると、世間を驚かせてしまうものだ。

「結婚と離婚を繰り返してきた俳優・石田純一には、最初の妻との間に誕生した長男で俳優のいしだ壱成、2人目の妻・松原千明との間に誕生した長女でモデルのすみれがいます。09年、そんな石田の3人目の妻になったプロゴルファー・東尾理子は、壱成と同年代。しかも、壱成のほうが理子よりも1歳年上ということで、石田は“息子より年下の妻をめとった”として、世間は騒然となりました」(同)

 ちなみに、理子の父である元プロ野球選手・東尾修氏と石田の関係も、“4歳しか変わらないのに義理の父と息子”ということで注目を集めた。

「ほかにも、ザ・ドリフターズの加藤茶は、11年に当時23歳だったタレント・綾菜と“45歳差”の再婚を発表。加藤と前妻との間にできた3人の子どものうち、長男と綾菜は同い年だけに、やはり世間に衝撃を与えました。さらに、再婚当時20代だった綾菜に対し、加藤はすでに68歳だったこともあって、一部からは『カトちゃんのお金が目当てなのでは?』『財産狙いか』と臆測する声も。一方、加藤に対しても、『いわゆるトロフィーワイフか』といった指摘が上がるなど、物議を醸しました」(テレビ局関係者)

 しかし、結婚からすでに11年たった今も、2人は順調な夫婦生活を送っている。

「それぞれがSNSを通じて仲睦まじい様子を見せ続けてきたこと、また綾菜が加藤のために、介護ヘルパーや介護食アドバイザーなど数々の資格を取得したことで、世間の印象もだいぶ変わってきました。オシドリ夫婦として、今ではすっかり受け入れられています」(同)

 交際歴は8年という浅野と中田。加藤と綾菜の例に続いて、世間の困惑の声を払拭できるといいのだが……。