• Mon. Oct 3rd, 2022

嵐・二宮和也、Sexy Zone・菊池風磨からの報告に「確かにそうか」と納得したこと

 嵐の二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)。8月28日放送では、自身のYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』から発売したオリジナルTシャツについて言及する場面があった。

 YouTubeチャンネル登録者数300万人を記念して販売されたオリジナルTシャツ。今年1月から2月にかけて販売され、前面には山田涼介(Hey! Say! JUMP)が描いた「JNC」のロゴイラストが、背面には中丸雄一(KAT-TUN)が描いたメンバーのイラストがプリントされていた。

 この日、このTシャツを購入して自宅でよく着ているというファンからのメールが読み上げられると、二宮は「いやー、買ってくれてるんですね。ありがたくないですか? 本当に」とうれしそうにコメント。

 二宮の周囲にも、主演映画『TANG タング』の取材先で『ジャにの』Tシャツを着ているスタッフがいたとのこと。「すごいですよね!」と興奮気味だった。

 さらに、二宮が菊池風磨(Sexy Zone)に聞いたところによると、菊池もドラマの現場でTシャツを着用したスタッフに遭遇したとか。「(着ていたのは)男の人だったんだけど、全然知らない男の人の写真が急に(送られて)来て、LINEに。『着てる人いましたっす!』って」と、菊池から報告があったことを面白がっていた。

 なお、当初は部屋着になることを想定してTシャツを販売したというが、「確かにそうか、と思って。そういうドラマの現場とかで、『着るものないや』って(ときに着る)。そういうスタッフTシャツみたいに着ててもおかしくないなって、この間初めて思いましたよ」「『仕事で汚れてもいいや』みたいな、現場に行ったときに」と、業界内での意外な普及ぶりに納得していたのだった。

 この日の放送にリスナーからは、「現場で『ジャにの』Tシャツ着る業界人たちすごい!」「『ジャにの』Tシャツ、職場に着てってます」「『ジャにの』Tシャツ着てる姿を本人に見てもらえるなんていいなー!」という声が集まっていた。