• Sat. Oct 1st, 2022

米倉涼子は1日で同居解消、山本太郎は92日……最速で離婚した芸能人は?

 元タレントの坂口杏里が8月24日、札幌市東区のコミュニティーFM局・さっぽろ村ラジオの番組『天才タカ・クロの元気が出るラジオ』に電話で生出演。「離婚成立」を報告していたバーの店長でトランスジェンダー格闘家の夫・進一さんについて、復縁を示唆したことが話題となった。

 6月8日に進一さんと結婚した坂口は、その後、夫婦げんかの様子や金銭トラブルについてインスタグラムのストーリーズ(24時間限定公開)で赤裸々に明かし、離婚をほのめかしてきたが、今月15日、ついに「離婚は成立しました」と報告。しかし、『元気が出るラジオ』では、笑いながら「今、普通にいます」「さっき仕事から旦那は帰ってきて。で、今、隣にいます」と話しており、どうやら離婚届はまだ出しておらず、復縁したようだ。

「坂口が『離婚』の2文字を投稿するたびに、『遠野なぎこを超えるか?』と指摘するネットユーザーが見られました。というのも遠野は、1度目の結婚は72日、2度目の結婚は55日で破綻している“スピード離婚”経験者だからです。ちなみに、後者はお相手が“元プロボクサーのバー経営者”であったことから、『バー関係者は結婚に向いてないのか?』などと、進一さんの職業との共通点を指摘する声もありました」(芸能記者)

 遠野の「55日」という記録は“芸能界最速”ともいわれているが、坂口はすでに結婚から2カ月半以上たっているため、遠野の記録を超えることはなかったようだ。

 なお、遠野は今月24日、生放送番組『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で、現在「整形外科医の先生」に恋心を抱いていることを告白。「私、先生と結婚したい!」と興奮気味に語っていた。

 女性芸能人のスピード離婚といえば、女優の米倉涼子が思い出される。14年12月に2年の交際期間を経て2歳年下の会社経営者と結婚するも、2年後の16年12月に離婚。当時の複数の報道によれば、婚姻届を提出した数日後から、早くもすれ違いが生じていたという。

「米倉は、同居を開始してたった1日で別居したそうで、結婚後の同居解消記録でいうと“芸能界最速”といえそう。理由は“性格の不一致”とのことですが、当時、『同居初日に何があったのか気になる』と注目されました」(同)

 また、NHK『クローズアップ現代』などで司会を務める局アナの桑子真帆は、17年5月にフジテレビアナウンサー・谷岡慎一と結婚するも、翌18年6月にスピード離婚している。

 昨年1月発売の「フラッシュ」(光文社)は、桑子アナと大学時代から9年にわたり肉体関係を持っていたという30代の男性が、彼女の素性を暴露。桑子アナがかつて複数の男性と関係を持ち、「交際相手がいる男性と遊ぶことを“不倫デート”」と呼んでいたことなどが明かされ、「NHKのアナウンサー=真面目」というイメージを破り、世間に衝撃を与えた。

「古い話では、現在ハワイ在住のママタレとして活動中の吉川ひなのは、1999年2月にビジュアル系バンド・SHAZNAのIZAMと結婚するも、同年9月に離婚。結婚当時は吉川が19歳だったこともあり、『ママゴト婚』と揶揄されていましたね」(同)

 ほかにも、靴職人でタレントの花田優一は、17年に八角部屋の部屋付き親方である陣幕親方の娘と結婚したが、不倫疑惑や別居報道を経て、わずか1年ほどでスピード離婚している。

「お笑いコンビ・空気階段の水川かたまりは、一般女性に“公開プロポーズ”をして20年1月に結婚するも、同年12月に離婚。さらに、れいわ新選組代表の山本太郎は、13年に参院選に初当選した際、元プロサーファーの妻と12年に“結婚生活92日”でスピード離婚していたことがスクープされ、本人も記者会見でこれを認めました」(同)

 単純にモテるからなのか、はたまた職業上の理由からか、離婚経験者が多い印象のある芸能界。何かとお騒がせの坂口は、進一さんとの間に金銭問題を抱えているというが、結婚生活は長く続くだろうか。