• Sun. Oct 2nd, 2022

業務スーパーよりおいしい「ケイジャンソース」発見? 業スーマニアが、ジャンバラヤ実食で徹底比較

ByAdmin

Sep 1, 2022

――業務スーパーマニアで節約大好き俳優・布川隼汰が、巷の人気商品をガチ食べ比べ! 

 アメリカ南部で生まれたケイジャン料理がブームになっています。スパイスをふんだんに使った、アメリカ・フランス・アフリカの料理の特徴を併せ持っているケイジャン料理は、おいしそうだけど、家庭で作るのは難しそう……。そんなお悩みを解決するのが「ケイジャンソース」です!

 唐辛子やにんにくなどをベースに、さまざまなスパイスを調合して作られたケイジャンソースは、食卓に新たな味を提供してくれます。そんな理由からか、現在、業務スーパーのケイジャンソースが大人気なのですが、世の中にはまだまだたくさんのケイジャンソースがあふれている!

 ということで今回は、業務スーパーをはじめ、ネットや各スーパーで購入できる洋麺屋五右衛門、ユウキ食品 マコーミックのケイジャンソースをガチ食べ比べ! ジャンバラヤを作って比較していきます。

業務スーパー、洋麺屋五右衛門、ユウキ食品の「ケイジャンソース」を徹底比較

・業務スーパー
「ケイジャンソース 330g」(税込192円)

・洋麺屋五右衛門
「ケイジャンソース 177ml」(税込324円)

・ユウキ食品 マコーミック
「アメリカンケイジャンソース 175g」(税込363円)

業務スーパー「ケイジャンソース330g」(税込192円)

 「濃縮トマトをベースに醸造酢、シロップ、乾燥タマネギなどを加え、香辛料の風味が利いた味わいに仕上げました」という1品。330gで200円を切る破格の安さ。

 このケイジャンソースを使って、ジャンバラヤを作ってみました。

【辛さ】評価:★☆☆☆☆
辛さはほとんどなし。辛いのが苦手な方でも問題なく食べられるほど。もう少しパンチがあってもいいかも。

【甘さ】評価:★★★★☆
3つの中で一番甘いです。バーベキューソースのような深めの甘みがあります。

【スパイス度】評価:★★★☆☆
スパイスがガッツリいているわけではありませんが、ふんわり香ってきます。クセは強くないです!

【酸味】評価:★★★☆☆
醸造酢の酸味が口に入れた最初に感じられます。火にかけるとだいぶ飛びますね。嫌な酸味ではないです!

【コスパ】評価:★★★★★
大さじ1杯で約10円。やはりダントツの安さ。値段の面では業スーの右に出るものなし。

総合評価
ケイジャンソースは、日本人にはなかなかなじみのない味ですが、業スーのケイジャンソースはかなり日本人寄り! バーベキューソースに少し酸味とスパイス感が加わったような印象。ジャンバラヤにした際もクセが強くないので、万人受けすると思います。逆に海外のローカルフード感をガッツリ味わいたい人には少し物足りないかも。

 お箸で食べるパスタで有名な「洋麺屋五右衛門」の特製ケイジャンソース。赤唐辛子のペッパー・ソースで、くせになる辛味が売り。「洋麺屋五右衛門ストア」でネット購入可能。

 このケイジャンソースで作ったジャンバラヤがこちら。

【辛さ】評価:★★★★★
辛さ抜群! 喉にくる辛さです。辛いのが苦手な方はお控えください。僕は好きです。

【甘さ】評価:★☆☆☆☆
甘さはなし。それもそのはず、原材料に甘いものが含まれていません。キサンタンガムは「多糖類」で、字面だけ見ると甘そうですが、甘さはありません!

【スパイス度】評価:★★☆☆☆
唐辛子と軽めのにんにくの風味のみ。いわゆる「スパイス感」はないです。

【酸味】評価:★★★★★
かなり酸っぱいです! 舌の横で感じるレモンの酸味ではなく、舌先で感じる酢の酸味です。

【コスパ】評価:★★★☆☆
大さじ1杯で約27円。ケイジャンソースの相場でいうと一般的だと思います!

総合評価
 一言で言います。タバスコ!!! はい、これはタバスコです。このケイジャンソース、実は「洋食屋五右衛門」のソースで、タバスコ代わりにかける人が多いんです。

 タバスコとしてはおいしいですが、ケイジャンソースといわれると……少し疑問符が付きます。ジャンバラヤにした際も、かなり酸味が強い印象だったので、メキシカンな料理を作りたい方にはおすすめ! 酸味が強すぎると思う方は、中濃ソースやオイスターソースと一緒に使うといいかも。

 世界最大のスパイスメーカーマコーミックの「香味野菜にケイジャンスパイスをブレンドした特製ソース」。パッケージではチキンソテーに使うのもオススメされている。

 このケイジャンソースでジャンバラヤを作ってみると……。

【辛さ】評価:★★☆☆☆
ピリ辛程度。あとからほんのり辛さがやってくる感じです。

【甘さ】評価:★★★☆☆
程よい甘さ。「焼き肉のタレ辛口」くらいの甘さです!

【スパイス度】評価:★★★★★
3つの中で一番スパイス感が強い! オレガノや乾燥セロリなど、ほかにない材料が個性を生みだしています!

【酸味】評価:★★★★★
こちらも程よい酸味。お酢の酸味というよりは、あとからさわやかなレモンの酸味が香ります。

【コスパ】評価:★★☆☆☆
大さじ1杯で約38円。値段は一番高め。

総合評価
 おいしい!! これに尽きます。辛さ、甘さ、酸味、すべてがほどよく、スパイスもしっかり香って本場感を演出。ジャンバラヤに使ってもおいしいですが、ソース自体に野菜の旨味が凝縮されているので、ソースだけ舐めても満足してしまうほど(笑)。鶏肉のソテーにかけるだけ、ステーキソースとしても使えそう。アメリカンの名がつくだけあって、ジャンクなものが食べたい気分のときにも重宝しそうです!

業務スーパー、洋麺屋五右衛門、ユウキ食品の「ケイジャンソース」のオススメは?

辛さ 甘さ スパイス度 酸味 コスパ
業務スーパー ★☆☆☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★
洋麺屋五右衛門 ★★★★★ ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆
ユウキ食品 ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★★★ ★★☆☆☆


《ケイジャンソース総評》

 僕はこれまで業務スーパーのケイジャンソースしか使ったことがなかったのですが、正直三者三様で驚きました! 正直言ってすべて「別物」。ケイジャンソースの定義が大枠なこともありますが、それぞれ同じジャンルのソースとは思えなかったです。なので、今回は総合得点で順位をつけるのではなく、それぞれの個性をピックアップしてレビューしました。

 しかしその中でも光ったのがユウキ食品 マコーミックの「アメリカンケイジャンソース」! これは僕にとって新たな出会いで、シンプルにものすごくおいしかったです。「スパイシーでメキシカンな焼き肉のタレ」のようで、多国籍料理を作る万能調味料になるのでは……! と可能性を感じました。

 ブームではあるものの、まだ使ったことのない人も多いであろうケイジャンソース。それぞれ試してみる価値はあると思います!!

【布川隼汰の近況報告】
月に1回インスタライブでダラダラとしゃべっております! コメントは全部拾っておりますので、料理のことなど質問があったらぜひご参加ください!
https://www.instagram.com/shunta_fukawa/?hl=ja