• Wed. Oct 5th, 2022

『エヴァ』声優・優希比呂、元教え子の既婚女性と不倫報道! 「生徒に手を出すなんて」「女性も同罪」と双方に非難集まる

『エヴァ』声優・優希比呂、元教え子の既婚女性と不倫報道! 「生徒に手を出すなんて」「女性も同罪」と双方に非難集まる

 人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの日向マコト役で知られる声優・優希比呂が、8月30日発売の「フラッシュ」(光文社)にて、元教え子かつ子持ちの既婚者女性・A子さんとの不倫をスクープされた。ネット上では「生徒に手を出すなんてありえない」「不倫は最低」と双方に非難の声が寄せられている。

 かつて「結城比呂」名義で活動していた優希は、1998年5月にリリースされたオリジナルビデオアニメ『シャーロックホームズ赤の怪事件』で声優デビュー。子安武人がプロデュースし、漫画化やアニメ化も果たした声優ユニット「ヴァイスクロイツ」のメンバーとしてアイドル的な人気を博した。

 2007年6月には、それまで所属していた賢プロダクションを退所。現在の芸名に改名してフリーとして再スタートを切り、声優業の傍ら、声優養成所や専門学校で人材育成にも力を入れている。

 「フラッシュ」によると、優希とA子さんは07年頃に“養成所の講師と教え子”として知り合ったそう。誌面では、A子さん自ら「養成所に在籍中、優希さんから『個人的にレッスンをしてあげる』と連絡先を渡されました」と語っている。その後は、食事をする関係が10年以上続き、優希には15年に結婚した夫との間に子どもがいることも報告していたというが、2人は18年5月に肉体関係を持ち、19年5月までの間に5回ほど体を重ねたとか。

 A子さんは「夫がある身で優希さんに恋愛感情を抱くようになったのは事実です」とも明かしつつ、20年からのコロナ禍以降、優希から卑猥な内容のメールが何通も送られてくるようになり、情緒不安定に陥った末、今年5月に自殺を図ったことも激白。また、その後A子さんの夫が優希に連絡するも、6月には優希が弁護士を立て、A子さんからのメールを受信拒否したと報じられている。

 なお、「フラッシュ」の取材に対して優希の代理人弁護士は、2人が不倫関係にあったことを認め、「A子様のご主人に多大な苦痛を与えたことについて、優希氏はすでに謝罪を差し上げております」と回答。さらに、「優希氏は、A子様との関係を解消することをかねてから望んでおりましたが、A子様は頑なに拒否されました」「A子様のご主人から優希氏に対しては、関係解消ではなく、むしろA子様との関係を続けなければ訴えるとの要望をいただいておりました」と主張した。

 対してA子さん側は、「自殺を図った当日朝にも『縁を切るつもりはない』とメールが届いています」「『関係を続けなければ訴える』などと言うわけがありません。優希氏からは、現在も謝罪はありません」と反論しており、両者の言い分は真っ向から対立している状態だ。

 ネット上では、「不倫とか最低」「ヴァイス大好きだったからショック」「今も現役で声優学校の講師やってるんなら、元生徒に手を出したのは完全アウト」などと優希に対して厳しい声が上がる一方で、「女性も同罪」「自業自得だし全く同情できない」「旦那さんが気の毒」と、A子さんに対しても批判の声が噴出している。

 なお、声優業界関係者によれば、今回の優希のように、「養成所の教え子など、声優志望者と私的な関係を結ぶ声優は、おそらくたくさんいる」そうだ。

「ただ、勘違いしてもらいたくないのは、声優たちが率先して生徒たちに手を出しているわけではないということ。中には立場を利用して悪事を働く者もいますが、その一方で、講師に『関係を持ちたい』と自らけしかけ、ほかの生徒たちに『私は贔屓されている』とアピールしたり、講師に媚びを売ることで、事務所に所属できる可能性が高くなるのではと考える打算的な生徒も多く存在する。そして、贔屓されなかったり、事務所に所属できなかったりと、結果が伴わなかった場合、その声優を逆恨みして、『手を出された』などと嘘のうわさを流すことも多くあるんです」(同)

 優希の場合、元教え子と関係を持ってしまったことは紛れもない事実だが、「果たして本当に優希主導だったかどうかは疑問が残る」(同)という。また、SNSで簡単につながれる時代だけに、講師と生徒という出会い方以外にも、「ダイレクトメッセージでこっそりコンタクトを取り、ファンと食事に行ったり肉体関係を結んでいる声優も多数いる」(同)ようだ。

「ちなみに、ファン女性と結婚した声優といえば、三木眞一郎や森久保祥太郎らが挙げられます。ただ、ファンと関係を持って別れた場合、逆恨みされることもあるため、所属事務所からは『ファンには手を出さないように』と注意されることも。そのため、所属事務所や音楽レーベル、アニメや音響制作会社、アニメの原作を手がける作家など、業界スタッフに手を出す声優も多いようです」(同)

 とはいえ、不倫やファンとの私的交流でキャリアに傷がついた者は多く存在するだけに、声優たちには既存ファンの期待を裏切らないよう活動してほしいものだ。