• Sat. Oct 1st, 2022

嵐・二宮和也、17年ぶり番組リスナーのメールに「怖いですね。やばいな」仰天のワケ

  嵐の二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm)。9月4日放送では、番組開始から20周年を目前に控え、二宮が番組を振り返った。

 この日、冒頭で取り上げられたのは、先日17年ぶりに放送を聞いたというリスナーからのメール。「ラジオを聞いていた高校生時代の雰囲気がよみがえり、とてもわくわくしました。いつも元気をもらっています。これからもずっと応援しようと思います」とつづられていた。

 このメールに二宮は、「これからもずっと応援する人が17年ぶりにラジオ聞くことってあるんですか?」と皮肉をチクリ。番組に出演しているディレクターが「そういうこともあるじゃないですか? 転勤になったとか」とフォローしても、「ラジコがあるじゃん」と呟いていた。

 とはいえ、「17年」という数字に「(番組)そんなやってるんすね」と感慨深そうで、「人間が17年ぶりに物事を動き出そうというときに、こっちはなにも変わらずに続けてるんですね。それはそれで怖いですね。やばいな、17年前ですって!」と、あらためて歳月の重みに仰天。

 番組は2002年10月にスタートし、来月10月で20周年を迎える。ディレクターが「空気感は同じように受け取ってもらえてるんですね」と話していたが、二宮は「いや、全然変わってますよね。スタジオ使わなくなったっていうのありますし」と指摘。

 当初はラジオブースで収録していたものの、現在は会議室などで収録を行っているという違いや、ディレクターが出演するようになったといった違いを挙げ、当時を思い出して「懐かしいっすね。懐かしい、本当に」と振り返っていた。

 二宮によると、当時のブースがあるスタジオは「墓場の前」の道沿いにあったとのこと。「墓場の前でやってたから(番組が)陰湿になったんすかね?」とふざけつつ、ディレクターとふたりで「懐かしいですね~」と回顧モードに。しかし、「(リスナーには)誰にもわからない話! すみません」と苦笑していた。

 この日の放送にリスナーからは、「20年も続いてる番組ってすごいな~」「20周年の記念になにかイベントやってほしい!」「こんな緩い空気で20年も続いてるの、ニノのトークの面白さあってこそだな」という声が集まっていた。