• Mon. Oct 3rd, 2022

ディーン・フジオカに「面倒くさい」「上から目線」の声! ホテルで「模様替えしちゃう」発言が物議

 俳優のディーン・フジオカが9月7日、主演ドラマ『連続ドラマW HOTEL-NEXTDOOR-』(WOWOW)の記者会見、完成披露試写会に出席。宿泊するホテルへのこだわりを熱く語り、ネット上で物議を醸しているようだ。

 同ドラマは、石ノ森章太郎氏の漫画『HOTEL』(小学館)を原作に、老舗ホテル「プラトン」の危機を描く社会派エンターテインメント。記者会見では、ドラマにちなんで、ホテル宿泊時のこだわりについて話が及ぶ場面があった。

 キャストの加藤雅也が、「パイプ類とかシンクの下が汚いのとかは僕はダメで、そういうときは(部屋を)替えてもらいます」と水回りへのこだわりを語ると、ディーンも前のめりで「水圧とかが許せないんですよ。強すぎたり弱かったり、わかります?」「ヨーロッパはどっちかというと弱い、アジアは勢いが強い」とコメント。

 ディーンは「やたら強い水で弾いちゃったりとか、“なんでこんな弱いんだろう”みたいなシャワー」を容認できないといい、「下開けて、自分で調節とかしちゃったりして。そんなことやっちゃいますね」と自ら水圧の調整を行うと明かしたほか、部屋の中についても「すごく使い勝手の悪いときってありますよね」と話し、「導線が悪い」と感じた際には、「最初に部屋に入って、自分で模様替えとかしちゃいますもん」という。

 かねてより、こだわりが強い性格であることが知られるディーンだが、ネット上では「さすがディーン様! 素晴らしい行動力」「模様替えまでするのはびっくりだけど、ディーンさんらしい行動ですね」「ディーン節が面白い」などと好意的に反応するファンが見られる一方で、「ディーンって、相変わらず面倒くさい性格だね」「かっこいいけど、フリートークになるとうんちく語りだすから、うんざりしちゃう」「いつも上から目線」とネガティブな声も見られる。

 また、ディーンが水圧の調整や模様替えを行う際、事前にホテル側に許可を取っているかは不明だが、ネット上では「そもそも、ホテルの水圧って勝手に変えていいものなの?」「ホテルの家具って、動かしちゃいけないと思ってた」と疑問視する書き込みも。

 ちなみに、「帝国ホテル」の公式サイトに掲載されている「利用規約」には、客室の利用について「ホテルの許可なく客室内の備品を移動し、また客室内に造作を施し、あるいは改造する等現状を著しく変更なさらないでください」と記載されており、ホテルから迷惑がられる可能性もありそうだ。

「ディーンといえば、1月に放送された料理バラエティ番組『人生最高レストラン』(TBS系)で、お気に入りのベトナム料理専門店 『フォーおいしい』を紹介した際、『最近は行けてない』と言った後に『味のクオリティコントロールをしておかないと』と発言。案の定、司会の極楽とんぼ・加藤浩次から『ん!? それ、店側がやることですよね。ディーンさん関係ないっすよ?』とツッコまれていました。ディーンのこの手の発言は枚挙にいとまがなく、『待ってました』とばかりに面白がるファンが一定数いる一方で、『とっつきにくい』『偉そう』と拒否反応を示す人も少なくないようです」(芸能記者)

 『連続ドラマW HOTEL-NEXTDOOR-』の撮影をきっかけに、「いつか自分でもホテルをプロデュースしてみたい」と思うようになったというディーン。そんな熱い思いで、ドラマをヒットに導くことはできるだろうか。