• Tue. Oct 4th, 2022

天皇にとって、セックスは国事行為! 1,000年前から宮中に伝わる「すごい」エロティックな教え

「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます!

――前回から「天皇家秘伝のセックスマニュアル」ともいえる『医心方』「房内」について歴史エッセイストの堀江さんに語っていただいています。天皇家をふくむ、高貴な男女を対象にしたというわりには、かなり奔放な内容でびっくりしました。

堀江宏樹氏(以下、堀江) 性的にパワフルな人でなければ、良い後継者にも恵まれないということなんでしょうかね。『医心方』では男性がなるべく射精せず、数多くの女性と交わって、彼女たちに性の喜びを与えることが推奨されているわけです。男性はある意味「奉仕の性」に徹しなさいといわれているようなものですね。

 しかし、現代人がエクスタシーという単語を聞いて想像する以上に、『医心方』で描かれる女性のエクスタシーは奇妙なまでに細分化がなされ、深い分析が加えられているのです。『医心方』「房内」の「九気第一」で語られる内容は、「女性は全身でエクスタシーを感じるものだ」という前提で書かれているようだと私には思えました。

 キリスト教文化圏で男女がセックスしてもよいのは、夫婦が子作りを目的とする時だけでした。男性のエクスタシーは肯定されていても、女性が性的な快感をセックスで得ることは良いとはされない空気もありました。

 しかし、古代中国、そしてその性医学の考えを輸入した古代日本では、今から1,000年以上も前に、女性のエクスタシーが多面的かつ多層的なものであると見抜いていたのは驚がくすべきことだと思います。たとえば「九気第一」の章では女性は「肺で(も)イク」みたいなことが書いてあるのです(笑)。

――肺が性感帯ってすごいですね。

堀江 おそらく相手の男性に強い魅力を感じてのことでしょうが、女性が「はぁっ」とため息をついて(=原文の「女人大息」)、生唾を飲み込む(=「咽唾」)と、「肺でイッている」=「肺気(はいき)」の状態となるのです。

 ほかにも音を立てるほどに、男性と激しいキスをする(=「鳴面吸入者 心気来至」)のは「心気(しんき)」。つまり「心がイッている」状態。こういう描写が続き、足を男にからめつける(=「足拘人」)のが「筋気(きんき)」、男性のペニスをいじる(=「弄玉茎」)のは「血気」なども出てきます……。

――足を男にからめるのは、ネットスラングでいうところの「だいしゅきホールド」でしょうか。にしても、これって高貴な男性のお相手であるお姫さまを想定しているはずなのに、かなり過激でびっくりです。プリンセスは全身で達しまくっていたのですね……(笑)。

堀江 しかも男性器が「玉茎(ぎょっけい)」、女性器が「玉門(ぎょくもん)」。マネしたい格調高い表現です(笑)。『源氏物語』には濡れ場がまったく出てこないのですが、意図的に省かれたのは、光源氏と姫君たちが文字では書けないくらい激しいセックスをしていたということかもしれません。というか、実際に宮中の寝所でも夜な夜な、そういう愛の行為が帝と寵姫の間に……なんて想像もしたくなりますよね。ここまでハッキリ書かれてしまっているとね。

 もっとも露骨なのが、女性のエクスタシーについて分析した「九気」の最後に置かれている「内気(ないき)」。

――どこの部分で感じるエクスタシーなのかは文字からわかりません。

堀江 これは……おそらく正常位で交合している最中なんだと思うのですが、女性が感極まって「男の乳」……男性の乳首をいじる状態(=弄男乳)こそが、女性が「内気」に達したことの証しだというわけです。

――セクシー女優って感じの振る舞いですね……。

堀江 「内気」というのは「脳全体でイク」みたいなことなのでしょうか。『医心方』、男性はほとんど腰を動かさないまま女性をエクスタシーに導けとか、10人の女性を一晩でとっかえひっかえしろとか、実現性に疑問が残る指針が目立つのですが、世間ではあまり言及されない部分で妙にエロティックで、リアルな記述があることに驚かされます。

 これが1,000年前の宮中でどのように理解されていたかも含め、すごいなぁ~と思わざるを得ないですね。

堀江 ちなみに「九気」って言われていますが、『医心方』には8つしか書かれていません。現存する最古の『医心方』の写本は、現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の舞台の時代、つまり12世紀に書かれたものです。一つ写し忘れてしまったのでしょうかね(笑)。

――もともとは天皇家を中心とする高貴な方々だけのセックスマニュアルであった『医心方』「房内」ですが、戦国時代後半に民間に流出していったのは、何か理由があるのでしょうか?

堀江 『医心方』を医師・半井瑞山に下賜した正親町天皇の治世は、織田信長たちが活躍した時代です。かつては天皇に集中していた権力が、地方の戦国大名にも分散してしまっている状態……それは「房内」の想定読者層が、地方にも広がっていった状態だと言い換えられるかもしれません。

 半井瑞山の子孫である半井家と並ぶ医家の名門・曲直瀬(まなせ)家出身の曲直瀬道三(まなせどうさん)も、「房内」の知識をベースにしたセックスマニュアルの書物『黄素妙論(こうそみょうろん)』を、毛利元就に献上しています。曲直瀬道三の顧客には、織田信長などもいたんですよ。

――織田信長まで、この書の性的な情報に影響を受けたのでしょうか?

堀江 信長は男色のイメージがあるかもしれませんが、実際はかなりの子だくさんですから。子だくさんの上で『医心方』でいう「接して漏らさず」……「ヤッてもイカない」を実践していたら、毎日セックスばっかりしていることになったかも。

 冗談はともかく『黄素妙論』では、男性の射精可能回数が『医心方』よりだいぶ少なめに書いてあるのが興味深いですね。『医心方』では元気な男性であれば、20代は毎日1回でも射精可能なのに、『黄素妙論』では20代でも3日に1度なので。

――どうしてその数字を調整したんでしょうか?

堀江 帝王(=天皇)にとって、セックスは国事行為なのです。だから、おそらく国事行為を妨げてはダメだという観点から、皇室の方々を対象読者にまとめられた『医心方』では20代は毎日でも射精可能という見解になっているような気もします。

 なお、『医心方』「房内」の「五徴(ごちょう)第七」では挿入してもよい状態になった女性の外見的特徴として、「顔が赤らむ」「乳首が固くなって鼻の頭に汗をかく」「生唾を飲み込む」などの「五徴(ごちょう)」、5つの証しが段階的にあらわれると書いています。

 一方、『黄素妙論』では、ここがさらにリアルなシチュエーションに変わっていて「イチャつきながらエッチな話をした時、女性の顔が赤らみ」……などとあります。

――天皇も戦国武将も前戯としてイチャイチャしたり、キスをしていた、ということですね。

堀江 おそらく。あまり現代と変わらないかもしれませんね。『医心方』ではキスもいろんな目的で行う行為だと書かれています。絶頂に達した女性からはさまざまなエネルギーが放出されており、男女が結合している最中ならば、男性は自分のペニスをストロー代わりにして、女性器内部で発生したエネルギーを吸い取ることができるのです。

 斬新な考え方ですが、女性とキスして唾液を吸い取ることも、エネルギー吸収の観点から推奨される行為でした。

――あんまりそういう目的の男性と性的には絡みたくないですね。発想がぶっ飛びすぎてて。

堀江 女性は絶頂に達しまくっても、少し休憩さえすれば、無尽蔵にエネルギーを生み出せる存在という前提があるので、いくら男性から吸い取られても大丈夫なのだそうです(笑)。男性は女性に精液を吸い取られると、如実に弱くなるそうですが。

――次回に続きます!