• Sat. Oct 1st, 2022

嵐・相葉雅紀、「マニアックな話」に声優・下野紘が共感! 「だいぶ反応してた」LINE明かす

 嵐・相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)。9月9日深夜の放送回で相葉は、親交のある声優・下野紘からラジオの内容について連絡が来たと報告した。

 放送作家で番組アシスタントの“ちかさん”と、もう1人のアシスタント“ねっち”と共に「浜松町スイーツ部」を結成し、キャプテンを務めている相葉。オープニングでは、部の活動について「はやったものをだいぶ遅れて紹介してる」と言いながら、「(流行の)先をいきたい」と展望を告白。

 この言葉を受けて、ちかさんは「ある意味最先端ですよ」「これから秋になると、スイーツ売り場も変わってくるわけですよね」と言いながら、“和菓子屋さんのモンブラン”を紹介。いざ試食した相葉は、「めちゃくちゃうまい!」と大絶賛し、「スポンジがない」「洋菓子屋さんのモンブランの“上の部分”だけを食ってる感じ。濃厚なのよ」と堪能しているよう。

 なお相葉は、以前、食べ物を分解して食べる“解体癖”があると話していたため、ちかさんから「今、ひと口でいっちゃいましたけど、解体癖のある相葉さんだったら、上の栗の餡のところを取って……」と食べ方について指摘が。しかし相葉は「これはさすがにぐちゃぐちゃになりすぎる。うまく解体できない」と答えていた。

 その解体癖について、相葉は「ハンバーガーのバンズの上のゴマをはがすって話したじゃん?」と、自身の過去の発言を回顧。7月29日深夜放送回で、「ハンバーガーのパンの茶色い薄い(表面)部分をはがして食べるのが好きです」というリスナーに激しく共感し、自身はさらにハンバーガーの上にゴマが乗っているバンズを「きれいにゴマだけほじって食べる」と、独特なこだわりを明かしたが、どうやらこのトークを聞いていた下野からLINEが届いたという。

 相葉によると、「(下野は)だいぶ反応してたよ! 『わかる! 俺もはがす』って言ってた」とのこと。ちなみに相葉は4月8日深夜放送回で“クリームがサンドされたクッキー”を「分解して(クリームの部分を)前歯でこそぐ」と語った後、5月20日深夜の放送でも下野から「あの、(クッキーのクリームを)歯でこそげるやつ、俺もやるよ」と言われたことを報告している。

 しかしその一方で、冠番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)で解体癖について語った際、バイきんぐ・小峠英二やハライチ・澤部佑からは「全く共感を得られなかった」とか。「本当にマニアックな話をしてるんだよ。(食べ物の)解体って」と、少数派であることを実感したようだ。

 とはいえ、この日のラジオには相葉と同じく“食べ物を解体して食べるのが好き”というリスナーからさまざまなメールが寄せられ、相葉や嵐ファンの中には、同じ“癖”を持つ人がいる様子。その中でも特に相葉が「やってみてぇ!」と大興奮していたのが、“肉まんの解体”。

 最初に外側の薄皮をむき、生地を食べていって最後に餡だけが残るという食べ方に、「これはすごいですね、レベル高いな」と感心した相葉は、「たまに俺、それ小籠包でやるんですよ」と告白。「小籠包は簡単にできる。肉まんはレベル高いと思う」と、自らの経験を交えて語っていた。

 この日の放送に、ネット上では「下野さんいつも聞いてくれてるんだ!? 雅紀と紘くんは相変わらず仲良しなんだね」「下野さんゲストで来てほしい」「解体癖トークで盛り上がりそう」「いろんな解体癖の方がいておもしろいし相葉くんが楽しそうで何より」「澤部くんや小峠さんに理解されずちょっと不満なのが可愛らしい」「相葉さん……小籠包の解体もだいぶレべチではないかと」などの声が集まっていた。