• Wed. Oct 5th, 2022

定価3万超えの財布を1万でゲット! メルカリで“掘り出し物”を見つけるシンプルな方法

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 長財布が欲しいと思い始めた私。というのも、今の財布は使い始めてからすでに2年目。それに今、ちっちゃい財布を使っているんですが、領収書がしまえないから、長財布に戻したいなと思ったの。

 なにかいい財布はないかなー。あんまりお金がないから、そんなに高いものは買えないんだけど……。そんなことを思いながら、バッグブランド「ATAO(アタオ)」が好きな私は、アタオが出してる長財布を狙うことに。

 できるだけ安く手に入れたいため、まずは「メルカリ」をチェック。「アタオ 財布」でキーワード検索し、つらつら~っと眺めてみたのですが、メルカリって財布の宝庫! フリマアプリだけあって、「購入したものの色味が気に入らなくて手放そうと思った」という新古品から、「がっつり2年使ったので、お試しで欲しい方」といった使い古しアイテムまで、品ぞろえが豊富です。

 えーっと、そうねえ。新古品には心惹かれるけど、新古品だと2万7,000~2万9,000円くらいかぁ……。定価3万4,000円と比べると、それでもずいぶん安いけど、ちょっとお高いわ……。悩みながらも出品されている商品を漁っていくと、「おお!」というアイテムに出会いました。それは、私がかつてオンラインストアで見て「ほしい~!!」と思った、ラベンダーカラーの財布。

 ただ、オンラインストアで見たときには、すごくキラキラしていて可愛い感じでしたが、メルカリでは出品者がノーマルカメラで撮影しているせいか、箔の部分が目立って、ちょっと派手すぎる印象もあります。商品説明欄にも、「思ったよりギラギラで使いにくいから2日しか使っていないけど出品します」と書かれていました。

 「なるほどねえ……、フリマアプリってこんな使い方もできるのね」と、思わず感心する私。つまり、オンラインストアで一目ぼれした商品は、とりあえずフリマアプリで検索してみろってこと。そうすれば、加工がされていないリアルな商品の色味が確認できるし、出品者さんがなぜ手放すか、理由も知ることができるっちゅーわけなのよ。ほほほ、あたしったら頭が良いわ?

 そうして財布の捜索を続ける私。狙うは、購入後2~3カ月くらいたったもの。それくらいなら、値段もそこまで高くないだろうし、使用感もあまりないはず。それから約1時間、徐々に欲しい型番が絞られてきました。

 候補は、パイソン柄でベリーピンク色の長財布! すでに「ベリーピンク」「パイソン」で検索していましたが、最後に私は未知なる出会いを求めて、「高いもの順」に見ていくことにしました。すると、ずらっと並んだ商品の中に、状態のいいベリーピンクの財布が1万2,000円で出品されているのを発見!

 なんだこりゃあ!? さっきまでなかったじゃないのよ!? と思いつつ、すぐさま商品ページに飛んでいくと、その財布は「長財布」という名前で出品されていたんです。なあんてこった~! しかも、私の希望通り、「使って2カ月」「大切に使っていたから状態はいい」とくれば、買うっきゃない!!

 そんなわけで、希望の財布をゲットしちゃいました! いやあ、また掘り出し物に出会っちゃったなあ。皆さんも、メルカリなどのフリマアプリで商品を探すときは、ブランド名や商品名だけでなく、財布なら「財布」、バッグなら「バッグ」と、ダメ元でシンプルなキーワードだけで検索してみてください。膨大なフリマアプリの海の中に、ぽつんと希望の商品が浮上してくるかもしれませんよ!

■今回の出費
ATAO「長財布」 1万2,000円

電子書籍『“買い物狂い”の散財日記~千葉N子のリアルな家計簿大公開~』発売中!

 2020年3月から連載中の人気コラム『“買い物狂い”の散財日記』が、ここでしか読めない書き下ろしエピソードを大量に収録して初の書籍化! 

 “買い物狂い”の千葉N子氏が、日々の散財ぶりはもちろん、フリマアプリの活用法や通販サイト利用時の注意点など、知っておけば必ず得をする買い物術から失敗話までを赤裸々に綴ります。さらに、“買い物狂い”のひと月の散財リストや1年の散財額も大公開! 物欲が刺激されること間違いなしの一冊です。

発売元:サイゾー
発売日:2022年9月1日
価格:950円(税込み)

<ご購入はこちらから!>
Amazon Kindleストア https://www.amazon.co.jp/dp/B0BCVH3VSZ