• Wed. Sep 28th, 2022

TOKIO・松岡昌宏、博多大吉の“裏の顔”暴露!「酔っ払うとキンキを歌いたがる」「俺は必ず剛パート」

 

 

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『松岡昌宏の彩り埼先端』(NACK5)。9月18日の放送では、レギュラー番組『二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜』(テレビ東京系)で共演している博多華丸・大吉の博多大吉とのエピソードを語る場面があった。

 松岡は、「大吉先生を、いつから“先生”と呼ぶようになったんでしょう? 私は先生が酔っ払うと『俺の松岡』っていう彼女感を出してくるのがすごい好きなのですが、マボちゃんが思う、大吉先生の好きなところを教えてください」というお便りを紹介。

 そして、「最初は『大吉さん』って言ってたような気がするんだよね」と振り返ったあと、「(博多)華丸さんとお会いして、『大吉先生』って仰ってて。自然と『大吉先生』(と呼ぶように)になったんだね、多分。(番組が始まって)最初の1年くらいで『大吉先生』になったんじゃないのかな」と回答した。

 また、多くのリスナーから「一番一緒にお酒飲む人は誰ですか?」という質問が届くことに触れ、「圧倒的に大吉先生なんです」とズバリ。番組収録で「おのずと月2(回)は飲む」という。

 さらに松岡は、「どんなに仲良いヤツだって、月2ってさ(なかなか飲まない)」「まあ(家が)近かったりすりゃ飲めるけど。あと会社の同僚とかさ。でも(大吉は)同僚じゃないしさ」と笑いながらコメント。なお、この日も番組収録で大吉と飲む予定があるというが、「先週2回飲んでるんだよね(笑)」と、プライベートでも飲みに出かけるほど、2人はすっかり“飲み仲間”であるようだ。

 松岡によると、先週一緒に飲んだうちの1回は『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の収録終わりに、夕方頃から行きつけの立ち飲み屋で飲んでいたところ、大吉から「松岡さん、飲んでませんよね?」とLINEが来たのがきっかけだとか。そうして合流することになり、大吉が松岡のいる店に1人で現れた瞬間、「男の常連は、地鳴りのような『おおおおお!』っていう」声を上げたそう。また、女性客も「年甲斐にもなく『キャー!!』」と大いに盛り上がっていたといい、松岡は「俺、ちょっとショックでさあ。『なんなの?』って。『俺、結構この店いるよね?』って」「チャカつきだしちゃって、特に女子! 女子っちゃおかしいな、マダムたちがさ」と拗ねたような口調でトークを展開。

 続けて、「また先生が優しいじゃない? 『あ、松岡さんいつも来られてんの、ここなんですね〜』なんて、あの『あさイチ』(NHK)の顔で来られっからさあ」と、大吉の様子について言及し、「『いや、本当に先生、(テレビと)変わらないんですね』『背高いんですね』『本人本当にハンサム〜』『いやもう、そんなそんな』みたいなことやってんのよ。なんだこれ、ですよ。横で見てて(笑)」と、常連客と大吉のやりとりを再現。

 態度を変えた常連客に不満をぶつけつつ、「まあでもね、先生ってそういう人なんですよ。パッと来てくれてね、すんごい優しく皆に全然話してくれるから。まあそういうとこだよね、先生の素敵なところって」と、大吉の魅力を語った。

 なお2回目の飲みについては、1回目の飲みの2日後、仕事を終えた松岡が大吉から教わった居酒屋に立ち寄り、くだんの店で飲んでいることを大吉に報告したところ、帰宅途中だった大吉が急きょ予定を変更して店に来てくれたのだとか。

 また松岡は「あと先生の面白いところはね、なんか最近、ここんとこ本当そうなんだけど。お酒が入っていい感じになってくると『松岡さん、そろそろ歌いましょう』て言ってくんの」と、大吉の“裏の顔”を暴露。デュエットする楽曲は、Kinki Kidsの「硝子の少年」(1997年)だと明かし、「必ず、酔っ払うと先生は俺とキンキを歌いたがる。で、俺は必ず(堂本)剛パートなんだよ(笑)。すごい面白いんだよね」と大笑い。最後に「まあ、それが最近の私の私生活のガタガタ感ですね」と話をまとめたのだった。

 この日のトークを受け、ネット上では「収録以外でも大吉先生と呑んでるって……仲良しだなぁ」「大吉先生の人気に拗ねるマボちゃん(笑)」「収録のほかに2回も飲んでるなんて、本当仲良しね」「本当に番組が引き合わせてくれた出会いだよね」「マボと大吉先生が歌うキンキ、聞いてみたい(笑)」といった声が寄せられていた。