• Sun. Nov 27th, 2022

香川照之降板騒動の次は、妻夫木聡がドラマ脚本ダメ出し連発? TBSドラマ班は「一難去ってまた一難」

 本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話からウソか真かわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆

A……スポーツ紙記者 アイドルから演歌歌手まで、芸能一筋20年超の芸能記者
B……週刊誌デスク 日中はラジオでタレントの発言をチェック、夜は繁華街に繰り出し情報収集を行う事情通
C……WEBサイト記者 通常ニュースから怪しいBBSまで日参、膨大な資料を作り続ける記者

(前編はこちら)

香川照之の降板に続き……TBSでは早くも「次の問題が勃発」

A 直近の大ニュースというと、やはり8月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)がスクープした香川照之の性加害問題でしょうか。

C 2019年7月に銀座の高級クラブを訪れて泥酔した香川が、女性キャストにさまざまな狼藉を働いたというスキャンダルでした。

A 香川と被害女性の間で、すでに示談が成立しているようですね。3年前の話ですし、被害女性も「新潮」の取材に対し、黙して語らずだったとか。しかし、それでも芸能界的には“一発アウト”だったようで、香川はほぼすべての仕事を降板しました。

B 金曜MCを務めていた朝の情報番組『THE TIME,』を放送するTBSは、当初香川を守ろうとしていたよね。

A そうですね。香川は報道直後に番組冒頭で謝罪して、それで決着すると思いきや、翌週になってCMスポンサーの降板が明らかになると一転、番組で謝罪VTRを放送。そのまま降板となりました。

C TBSといえば、10月期の「日曜劇場」で放送される『アトムの童』に香川の出演が決まっていて、すでに撮影が始まっていたものの、緊急降板。代役がオダギリジョーになり、大きな話題を呼びました。

A これでTBSのドラマ班も一安心……と思いきや、一難去ってまた一難。早くも香川関連とは別のトラブルが発生しているとか。

B そうなんですか?

A といっても、10月期じゃなくて、来年1月期の作品です。妻夫木聡主演の医療ドラマらしいんだけど、本来なら今月の初めくらいから撮影が始まって、かなり巻き巻きの進行で年内に終わる予定だった。ところが、妻夫木サイドが脚本にダメ出しをしていて、何度訂正を加えてもOKが出ないといううわさがありまして……まだ撮影開始の見通しすら立っていないそうですよ。

B それって珍しい話なんでしょうか?

A 多少の変更は普通にあることですが、イチから書き直しになるレベルの変更を何度も要求しているそうで、そういうケースは非常に珍しい。ほかの出演者やその事務所にも、スケジュール上で多大な迷惑がかかりますし、普通はどこかで折り合いをつけるもんですけどね。TBS内では、香川の話はもう忘れ去られていて、現在は妻夫木とその事務所のホリプロの動向が、目下一番恐れられているとか(笑)。

C そんな香川の性加害問題も、プロ野球の読売ジャイアンツ・坂本勇人選手による“中絶トラブル”とスイッチする形で、一気に話題にならなくなった印象です。

A 「文春オンライン」がスクープしたスキャンダルで、ある女性が、坂本に遊ばれた末にぞんざいな扱いを受け、シャットアウトされてしまったという話でしたね。香川の件同様、こちらも双方の間ですでに示談済みだそうです。

B 坂本に対してだけでなく、このニュースを一切取り上げなかったテレビや新聞に、ネット上では批判が噴出してたね。

A 坂本は球団から内々に説教されたとは思いますが、坂本が公に謝罪コメントを出したり、処分が科せられたわけではないですからね……。

C 番組制作サイドや出演者たちも、本来は取り上げたいはずですよ。ただ芸能人と違って、スポーツ選手はそもそも私生活を公表していないので、今回のようにお相手が一般人の場合、スキャンダルとして取り上げる慣例がないんです。

B 先日、とある情報番組に出演していた知人から聞いたんだけど、CM中に出演者たちが「けつあな確定な!」とふざけあっていたとか。

A 坂本と女性のLINEのやりとりにあったワードですね。

B 出演者ももちろんみんな知ってはいるし、取り上げたいけど、できないという……。

A テレビや新聞で取り上げなくても、ネットニュースでは大々的にやってるんだから、“忖度したいところは忖度して、しないところはしないスタンスでいい気もしますが。ちなみに先日、矢沢永吉が台風接近中にもかかわらず、コンサートを中止しなかったことで騒ぎになったじゃないですか。あれも大半のメディアは矢沢に批判的な記事を出していたけど、一部スポーツ紙など、取り上げさえしない媒体もありましたから。矢沢のネガティブな話題はスルーするのが同社の慣例なのか……社内に、熱烈な矢沢ファンの幹部でもいるのかもしれません。

B じゃあ最後に、この座談会企画恒例の内輪ネタでも話そうか(笑)。といってもコロナ禍以降は記者たちも外出を自粛するようになったからなのか、派手なトラブルを全然聞かなくなっちゃった。

C 確かに、以前までは年に一度くらい、酒の席での大トラブルが話題になってましたね(笑)。

A トラブルを起こして降格させられた人、会社を追われちゃった人なんかも……。それで思い出しましたが、某週刊誌の記者が少し前に警察沙汰になっていたという話を聞きましたよ。

B おっ、初耳かも。取材中の話?

A いえ、完全にプライベートです。なんでも自宅の家具を粗大ごみとして捨てるのが面倒だったからなのか、近所の川に不法投棄していたところ、110番されてしまったとか。

B 全然仕事と関係ない(笑)。

A 警察が防犯カメラを調べたところ、その記者の姿がバッチリ映っていて、すぐに身元を特定されたそうです。会社にも連絡がいったみたい。

C 非常に恥ずかしい話ですね……。

A 普段、写真を撮る側なのに、撮られた揚げ句に警察に連絡されたとは。

B 昨年、華原朋美を追跡取材して、捕まっちゃった記者がいたじゃない。そういう仕事絡みでの警察沙汰ではないんだね。

C それはそれで業界的にも迷惑な話ですが……。

A 仕事でもプライベートでも、警察のお世話になるようなことをしたらダメですから(笑)。というわけで、今回はこの辺で。