• Fri. Dec 9th, 2022

嵐・二宮和也、“6年半の闇”から脱却? 「来年一番才能を評価される」占い結果に思わずガッツポーズ

 嵐・二宮和也の冠バラエティー『ニノさん』(日本テレビ系)が10月16日に放送され、Sexy Zoneの菊池風磨、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇らが出演。さらに、女優・清原果耶と占い師・ゲッターズ飯田がゲストとして登場し、“占いトーク”で盛り上がった。

 芸能事務所・アミューズが主催する『アミューズオーディションフェス2014』で約3万2,000人の頂点に立ち、15年にNHK朝ドラ『あさが来た』で女優デビューした清原。実は、同年2月放送の『ニノさん』に出演し、オーディションで披露したというミュージカル『アニー』のテーマソング「Tomorrow」を熱唱していた。

 約7年ぶりの登場となった清原について、進行役の吉村から「覚えていますか?」と話を振られた二宮は、「もちろん。『ニノさん』出身の第一号のスターです!」とコメント。「(当時)『売れたら、言うんだよ』と言いました。『売れたら「ニノさん」のおかげですって言いなさい』って」とも振り返り、一同を笑わせた。

 そんな中、清原が「今一番会いたい人」として、占い師のゲッターズ飯田がスタジオに登場。清原は18年から約3年間、女子中高生向けファッション誌「Seventeen」(集英社)で専属モデルを務めていたが、誌面の企画でゲッターズ飯田に占ってもらった際、全モデルの中で2021年の運勢第1位に選ばれたんだとか。実際に清原は、同年にNHK朝ドラ『おかえりモネ』で主演するという活躍を見せており、今回は今後の運勢を占ってもらうことに。

 ゲッターズ飯田は、清原の運勢を「2022年年末から来年、さらに良くなります。年明けて大きな仕事、たぶん海外からの映画のオファーが来ると思います」と予想した一方、「恋愛でいうと、“モテる星”を全く持ってないです。追いかけたいタイプ」とバッサリ。清原はうなずきながら、「男女問わず『今日すごい素敵』とか言っちゃうかもしれない」と、自らアピールするタイプであることを明かした。

 すると、今年1月期放送のドラマ『ファイトソング』(TBS系)で清原と共演していた菊池は、「4カ月一緒にいたけど、1回も言われていない」と告白。「嘘だろ? 結構毎日一緒にいたよ? いろんな菊池見せてきたよ? あっそう……」とショックを受けていた。

 その後、二宮の運勢を見たゲッターズ飯田は、「二宮さんは、ここから運気絶好調になります」と断言。二宮は占い企画で常に良い結果が出ているため、菊池と吉村は「また?」「いい加減にしてくれよ!」と不満げな様子。

 なお、ゲッターズ飯田いわく、二宮は「6年半の(間)闇にいて、(運気が)良くなかった」といい、「(そこから脱却し)12月くらいから絶好調(の状態)が始まりまして、来年いよいよ二宮さんが本気になります。一番輝くし、一番才能を評価されるので……全然今までと次元が変わってくると思います」と予想。

 これに二宮は「俺、6年半闇にいたの?」と驚きつつ、「俺、本気になるんすか? じゃ来年もお金いっぱいもらえる?」と真顔で質問。ゲッターズ飯田は「今までの比じゃないくらいもらえます」と話し、二宮は思わずガッツポーズをしながら喜びを爆発させた。

 また、ゲッターズ飯田は菊池の運勢を「2022年と23年、すごい流れがいいんですよ」と評した一方で、「すごい根が真面目なんですが臆病なので、あと根がセコイ……」と性格を分析。菊池が爆笑しながら「おおい!」とツッコむ中、「小銭が好きなのと……あとキスがめちゃくちゃうまいですよ」とも話し、菊池は思わず照れ笑いしていた。

 この放送に、ネット上では「二宮くん6年半闇の中にいたの? この活躍っぷりで?」「これから絶好調ってこれ以上本領発揮したらどうなってしまうんだ」と驚く声が上がったほか、「映画『ラーゲリより愛を込めて』でニノの演技が認められてますます認知度アップということなのかな?」「アカデミー賞を通り越してカンヌとか行っちゃうんじゃない?」と期待する人が続出。

 また、菊池については「根がセコくて小銭が好きでキスがうまい風磨くん面白すぎ(笑)」「キスがめちゃくちゃうまい風磨くんをみるためのドラマください!」との声が寄せられていた。