• Fri. Dec 2nd, 2022

TOKIO・松岡昌宏、国分太一との“サシ飲み”報告に表れたメンバー同士の関係性

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『松岡昌宏の彩り埼先端』(NACK5)。10月16日の放送では、国分太一と初めて東京で“サシ飲み”したことを明かす場面があった。

 この日松岡は、TOKIOの3人が9月21日のCDデビュー28周年記念日に、国分の公式Twitterにて行ったスペース配信に関するメールを紹介。「久しぶりにメンバーが集まってのTOKIOの誕生日だったとうかがいましたが、当日メンバーの皆さんと顔を合わせたときのエピソードを教えてください」というリクエストに応え、当日の様子を明かした。

 松岡によると、スペース配信を行ったのは冠レギュラー『TOKIOカケル』(フジテレビ系)の収録後だったといい、配信するという国分に松岡自ら「出させてよ」と志願して出演したとのこと。開始冒頭は国分と松岡が2人でトークを行い、途中で城島茂の楽屋を訪れて、3人でこれまでの活動を振り返っていた。

 松岡は、「(配信は)昔だったらできなかった。そのためにイベントをやらせてもらったり、なんだりとかはあったけど……」と、以前はイベントを開催してファンに感謝を伝えていたことに触れつつ、スペース配信を通して「こういった新しい形で皆さんにお礼を言えるっていう……こういうやり方もあるんだなって(思った)」とコメント。

 さらに、「そういうの(SNSを使った情報発信)は、やっぱ国分さんは強いんですよね」と、国分の適応能力を称賛。「もちろんいろんなやり方があるし、『それじゃ物足りない』という方もいらっしゃるでしょうけど。『今できることをやっていきたいな』みたいなことで、そういった配信をしました」と、今回の配信を実施した背景を語った。

 その後、松岡は「これ、昨日なんだけど……」と、ラジオ収録前日に、国分と2人で食事に行ったことを報告。TOKIO3人での仕事を終え、城島が次の仕事に向かったため、残った松岡と国分はジャニーズ事務所で株式会社TOKIOの新プロジェクト「TOKIO-BA」に関する打ち合わせを1時間ほど行ったそう。

 夕方くらいに終わり、「飯でも行こうか」という流れになり、「2人で昔住んでた合宿所の近くの焼肉屋行って、ビールで『お疲れ〜』って乾杯して。『どうなの最近?』っていう」「TOKIO以外のお互いの(活動)『どんな感じ、今?』って」と、近況報告をしたんだとか。松岡いわく、「東京で2人っきりで飯食ったのって初めてじゃないかな」とのこと。

 また、食事が進むうちにグループの話になったことも明かし、「国分さんの目線から見てるTOKIOと、自分から見てるTOKIOというのがあって」「なんていうのかな、点は一緒なんだけど、線、ベクトルが違うって言えばいいのかな。それはみんなそう、リーダーも違うんだけどね」と説明。

 松岡は、城島とはたびたび話す機会があったというが、「そういえば、国分さんとはそういう話ってしてなかった」と振り返り、ジャニーズJr.時代から長い時間を共に過ごしてきただけに、「『俺はあのときこう思ってた』とか、『あのときこうだったんだよね』みたいなことがいっぱい話せた」そうだ。

 なお、国分とは「ベタベタする感じではない」といい、グループとしても5人で活動していた時代から「あのときどうだった」などと、「みんながみんな(各々の気持ちを)確認してない」とか。その理由について松岡は、「確認したほうがいいことと、お互いそれぞれの自分の持ち場? 自分の世界観でやりたいっていうところもあるから、そこはあえて触れない」ときっぱり。

 たとえ話として、たまたま入った店が仮に国分行きつけの店だった場合、国分に店を訪れたと報告するものの、「そこはもう国分さんのエリアだから、あんまりお邪魔しないほうがいいんじゃないかとか。なんかそんなのあるのよ。“ナワバリ”って言ったらおかしいんだけどね」と、互いに気を使っている部分があるという。

 「そういうことがあるから、お互いに知らない部分が多々あってさ」と明かし、東京で初めて“サシ飲み”した日は、「結局3軒行きましたよ(笑)。ずーっと2人でしゃべって。最後、2人でカラオケやりました。2人でマッキー(槇原敬之)歌った。『どんなときも』(1991年)歌ってた!(笑)」と告白。「なんか面白かったですよ。『いやいや、頑張っていきましょうよ!』みたいな、とても前向きな」と、楽しい酒席だったようだ。

 そして松岡は、今まで国分と地方で飲むことはあったものの、「東京でメシから2人でっていうのは初で……」と感慨深そうに再び言及しながら、会計時のエピソードも披露。2歳年上の国分は、自分が支払いをすると申し出たそうだが、松岡の提案で1軒目と2軒目は“1本の爪楊枝を割って短いほうを引いた人が支払う”、3軒目は“トランプでジョーカーを出した人が支払う”というゲームを行うことに。

 その結果、松岡は国分に「全部ゴチになりました!」と報告し、「なんかゴニョゴニョ言ってたよ、『領収書を〇〇で……』とか言って!」と大笑い。「いやいや、昨日の酒はうまかったですよ」と話をまとめていたのだった。

 この日のトークを受け、ネット上では「サシ飲みで結局3軒も……!」と驚く声のほか、「あのときはお互いどう思ってたとかそんな話をできたのはとても素晴らしいな……」「それぞれのテリトリーをすごく大切にしてるよね」「いい関係だよなー」といった感嘆の声が上がっていた。