• Fri. Dec 9th, 2022

有吉弘行のイジリはOK、ノブコブ・吉村には激怒……フジモンの「失礼なことも、全然言ってこい」発言によぎる疑問

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今週の有名人>
「失礼なことも、全然言ってこい」FUJIWARA・藤本敏史
『あちこちオードリー』(10月12日放送、テレビ東京系)

 今から14年前の2008年。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、「たいこ持ち芸人」という回があった。「ネタを作るより、先輩にかわいがられるほうが早く売れる」ことから、サバンナ・高橋茂雄らが、いかにして先輩をいい気持ちにさせるかのテクニックを披露していた。

 しかし、「先輩にかわいがられる」ことも決して簡単なことではないだろう。芸人としては尊敬している先輩でも、人間としての相性が合わないことも考えられるし、さらに厄介なのは、先輩が自分の立場を利用して、無理難題を押しつけてこないとは言いきれない。

 しかし、人権やハラスメントに対する意識が高まった現在、先輩が後輩にそんなことをした場合、その一部始終を録音されてSNSや動画サイトで配信されてしまう可能性がある。かつて先輩とは、後輩に対して「何をしてもいい」存在だったかもしれないが、現代では売れている先輩ほど、そういったリスクも踏まえたうえで、周囲に気を使う必要があるのではないか。

 そんな流れを察知しているのだろうか、10月12日放送『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演したフジモンことFUJIWARA・藤本敏史は「芸能界が生きやすくなる教訓」として、「芸歴を重ねれば重ねるほど隙を作れ」を挙げていた。

 昔のフジモンは、後輩にイジられることをよしとしなかった時期もあったが、今では「全然大丈夫になった」そうで、「失礼なことも、全然言ってこい」というスタンスを取っているそうだ。隙を作るために、フジモンは収録の際「後輩があいさつに来るやんか。絶対に一絡みする」と自分から若手に歩み寄り、積極的にコミュニケーションを取っていることを明かしていた。

 みちょぱは、そんなフジモンのスタンスを「女性タレントからしても、それはめっちゃありがたい」とし、その理由を「(フジモンをイジっても、一般人から)叩かれもしない」と述べていた。

 つまり、みちょぱが芸能界の先輩をイジると、視聴者に「礼儀知らず」と認識され、叩かれる可能性がある。しかし、フジモンの場合、自ら「イジっていいキャラ」として振る舞っているので、視聴者の間でも「あの人はイジっていい人なのだ」と周知されており、後輩も心置きなくイジることができるわけだ。フジモンとしては、後輩にイジられる機会が増えれば、それだけテレビに映る時間も増えるだろうから、結果的にトクをするのだろう。

 しかし、いくらフジモンに「失礼なことも、全然言ってこい」と言われたからといって、それを鵜呑みにするのは危険かもしれない。

 15年1月放送の『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で、有吉弘行がこんな話をしていたことがある。

 年末の深夜に仕事を納め、フジモン、ロンドンブーツ1号2号・田村淳、おぎやはぎ・矢作兼、平成ノブシコブシ・吉村崇、プロデューサーと食事に行ったという有吉。店までの道すがら、「藤本さんは貧乏だから餅も買えないだろうから、1万円くらい、早めのお年玉でもやろうか」とフジモンをイジると、「俺の嫁、誰やと思ってんねん。木下優樹菜だぞ」と応酬したという。

 ここまでは、後輩・有吉によるフジモンイジりが成立していたのだろうが、同じく後輩である吉村が便乗し、「そうですよね。藤本さん、あんまりテレビで見ないですもんね」と言うと、事態は一変。フジモンはイジりと受け止めなかったようで「おい、なんや」と、詰め寄ろうとしたそうだ。

 有吉は、冗談だと思って止めたものの、フジモンは本気で、吉村を道の反対方向に連れていき、アゴをつかんで何やら怒っていたとのこと。フジモンは吉村を怒った理由を「ちょっと調子に乗りすぎだから、ちょっとだけ怒ったんや」と有吉に説明したという。

 有吉と吉村の発言だけ見れば、有吉のイジりのほうがキツい気がする。しかし、有吉のイジりはOKで、吉村の場合は「調子に乗っている」とみなされる。なぜ有吉だけ許されるのか、その理由はわからないが、我々一般人の世界でも「同じことをしているのに、あの子は許されて、自分は怒られる」ということは珍しくないだろう。

 フジモンは、後輩に失礼なことを言われても構わないと言うけれど、後輩なら誰でもいいわけではなく、実は「自分が好感を持っている後輩になら」など、何らかの前提条件が隠されているのではないか。そのあたりの機微をうまく読まないと、フジモンに言われた通りイジっただけなのに、なぜか怒られた……なんてことが起きてしまうかもしれない。

 本稿をお読みの方の中にも、先輩から「思ったこと、なんでも言っていいよ」と言われたという人はいるだろう。しかし、フジモンの例を見ると、いきなり「なんでも言う」ことはおすすめできない。よーく先輩と周囲の様子を見極めて、判断していただきたいものだ。