• Fri. Dec 9th, 2022

KAT-TUN・亀梨和也、上田の『Going!』“卒業イジリ”が波紋も……なにわ男子・藤原丈一郎の報告にファン一安心?

 プロ野球「オリックス・バファローズ」の大ファンとして知られるなにわ男子・藤原丈一郎が、10月16、23日の2週連続でスポーツ・ニュース番組『Going!Sports&News』(日本テレビ系)に生出演。同番組レギュラーでジャニーズ事務所の先輩でもあるKAT-TUN・亀梨和也と共演を果たしたが、ファンの間で波紋を呼ぶ展開があったようだ。

 16日の放送では、念願だった『Going!』のスタジオ出演に大興奮していた藤原。亀梨や、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也らを前にオリックス愛を語り、持ち前のトーク力で番組を盛り上げた。

 この日は、番組コメンテーターを務める野球解説者・赤星憲広氏が『プロ野球クライマックスシリーズ』の中から最も光った守備を選ぶ「赤星のゴーインググラブ賞」のコーナーで、あるクイズが出題されたが、藤原が見事正解した一方、亀梨は予想を外し、上田は「亀梨くん、卒業だ」とチクリ。亀梨も「お世話になりました」と乗っかり、上田に「否定をしろ!」とツッコまれていた。

「実は生放送直前、番組内容を告知するシーンでも、上田は『亀梨くん、卒業します』と口にしていたんです。ジャニーズの後輩がやって来た日に“卒業イジり”をされた亀梨のファンたちは、上田の発言に対して敏感に反応し、ネット上で『亀梨くんを見るために「Going!」をつけたのに、卒業とか変な冗談を言うから悲しい気持ちになった』『上田さん、悪いジョークはやめて』と不快感をあらわにしていました。また、一部のなにわ男子ファンが番組公式Twitterへ、亀梨に代わって藤原のレギュラー入りを望むようなリプライを送っていたことから、『失礼すぎる』『余計なこと言わないで』などと物議を醸したんです」(ジャニーズに詳しい記者)

 亀梨ファンにとっては後味の悪い回になってしまったのかもしれないが、23日も和気あいあいとした野球トークを繰り広げており、当人同士は番組共演をきっかけに距離が縮まった様子。翌24日放送のラジオ番組『藤原丈一郎のなにわんだふるラジオ』(FM大阪)内では、藤原が16日の『Going!』出演について振り返った。

 なんでも、先に出番を終えた藤原は、番組が終了するまでスタジオで待機し、「写真いいですか?」と確認した上で『Going!』ファミリーと記念写真を撮り、番組セットでもソロで撮影したという。

 なお、16日の番組後半では亀梨が「(藤原から)スタッフさんを通じて、連絡とかいただくんですよ。いつも。なのでぜひ、今日を機に……」と発言。「え、連絡先交換!?」と期待に胸を膨らませる藤原を、亀梨が「いや、そういうことじゃなくて」とかかわす場面もあったが、藤原は無事、連絡先を交換できたそうだ。

 藤原によると、亀梨の楽屋前で「失礼します。なにわ男子の藤原丈一郎です!」とあいさつしたところ、中から「ごめんなさい、もう帰りました」という亀梨の声が聞こえてきたとか。「あの~、連絡先を交換したいんですけど」(藤原)「ごめん、俺、そういうのやってないんだよね」(亀梨)「いやいや、“やってない”ってなんですか! お願いします!」(藤原)と、やりとりを再現した。

 その後、亀梨から「5秒だけね」と携帯の画面を見せられたため、「その5秒間で(自分の)携帯を見せて、バーってやって」無事に亀梨の連絡先をゲットしたのだとか。さらに、「帰りに僕が“お疲れ様でした”と送ろうとしたら、もう先に”お疲れ様。今日はありがとう”って」届いていたため、大感激したと告白。

 「こんなカッコいい先輩いますか? 本来なら後輩から(連絡)すべきところを、すぐ先輩からしていただいて」と喜びを語り、“ツンデレ”な亀梨にすっかり心を掴まれた様子だった。

「このトークを受けて、ネット上には、『丈くん、連絡先交換できたんだ!』『よかったね! おめでとう』と藤原を祝福したり、『亀梨くん、かっこいいな』『先に連絡くれるなんて、優しい先輩だね』と、亀梨の対応を称賛する声が寄せられています。上田の“卒業イジリ”を発端に、2人の関係悪化を憂う人も中にはいたようですが、ラジオを通して藤原から報告があったことで、その心配はまったくの杞憂に終わりました」(同)

 なお、藤原はラジオで、「もちろんジャニーズの先輩でもありますけども、“野球好き”という先輩でもありますので。これから亀梨くんにいろいろ野球の話だったり、あとは(選手)インタビューとかね、そういうこともいろいろ聞けたら」と発言。また、亀梨ファンには「これから藤原丈一郎の話題が増えると思いますけども、よろしくお願いします」と呼びかけていた。

 ファンも一安心したようだが、今後2人の仲はどれだけ深まるのか? 温かく見守っていきたい。