• Tue. Nov 29th, 2022

TOKIO・松岡昌宏、男闘呼組復活ライブで“エアードラム”! 「最高でした」とファンに声かけられ謝罪

 TOKIO・松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『松岡昌宏の彩り埼先端』(NACK5)。10月30日の放送では、29年ぶりに活動を再開した男闘呼組のコンサートを見学した際のエピソードを語った。

 7月16日に放送の音楽特番『音楽の日2022』(TBS系)にサプライズ出演し、1993年6月の活動休止以来、29年ぶりに再始動した男闘呼組。デビューから35年の節目になる来年8月までの期間限定でバンド活動を再開すると発表し、10月15、16日には東京・有明の東京ガーデンシアターにて、復活ライブ『男闘呼組1988』を開催。メディアでは、木村拓哉や生田斗真ら、さまざまなジャニーズタレントたちが見学に訪れたと報じられており、松岡もネット上で目撃情報が上がっていた。

 また、松岡は7月24日放送の同ラジオにて、『音楽の日2022』放送翌日、東京ガーデンシアターの近くで仕事があったため、「ライブ会場を下見に行った」と明かしていたこともあり、今回番組にはリスナーから「会場をロケハンしてたマボ、男闘呼組のコンサート行かれました? どうでしたか?」というメールが到着。

 松岡は同様のお便りが多数寄せられていることに触れながら、あらためて16日の夜公演を見学したと報告し、「すごかった」と興奮した様子で当日のエピソードを披露した。

 開演前に楽屋を訪れたという松岡は、高橋和也や岡本健一、前田耕陽、成田昭次のメンバー全員が揃っている様子を見て、「うわぁ~、男闘呼組じゃないっすか!」と思わず感嘆の声を上げたそう。「そりゃ、そうなるべ。29年ぶりっていうのもあるしさ」と話しながら、「昭次先輩が『いやーなんか、わざわざありがとね、来てくれて』みたいな、すっげえ優しく言ってくれて」とうれしそうに振り返り、実際の成田との会話を再現。

 「ちなみになんですけど、僕、昭次先輩とお話しさせてもらうの、まだ2回目なんですよね」(松岡)「そうなの? いつだっけ」(成田)「昔、91年くらいの時の(ジャニーズ)野球大会で、自分がヒットを打って一塁に行った時に、一塁を守ってたのが昭次先輩で、そん時に『ナイスバッティング!』『ありがとうございます』。これだけです」(松岡)といったトークを繰り広げ、ほかのメンバーには「それしかしゃべってないの?」と爆笑されたという。

 なお、松岡が「男闘呼組」と書かれた楽屋の貼り紙を写真に撮らせてほしいと頼んだところ、高橋から「珍しいなお前。普通、俺たちと撮りてえって言うだろ」「せっかくだから(一緒に)撮ろうよ」と言ってもらい、ファイブショットを撮影したそうだ。なおその場には、坂本昌行やA.B.C-Z・戸塚祥太、嵐・櫻井翔、岡本圭人らもいたといい、「まあすごかったですよ、ええ」と当日の状況を明かした。

 いざライブが始まると、「メンバーが(ステージに)出てきた瞬間にもう涙ですよ」と思わず感極まったといい、松岡だけでなく「俺の前にいたファンの方たちも、後ろにいたファンの方たちも、もうなんかずっと大泣きしてて」と、かなり熱い現場だった様子。

「本番始まっちゃったら、その当時の自分を思い浮かべながら」しみじみ鑑賞したというが、TOKIOでドラムを担当している松岡は、「やっぱさ、自分の先輩だから、ほぼほぼドラム覚えてんだよね。ほぼほぼどころか、全部だよね」とも発言。「おのずとライブ中にエアードラム的なことやっちゃうわけですよ、クセで」とコンサート中、ノリノリだったことをぶっちゃけた。

 終演後には、後ろで見ていた観客に「ドラム最高でした」と声をかけられたほどで、「あ、ごめんね、うるさかったね」と謝罪したんだとか。とはいえ、「男闘呼組、最高だね」と共感し合い、「『ありがとうね、来てくれて』って言われて、『いやいや、こちらこそ』みたいな変な会話をしながら」と、ファンと共に「いい時間を過ごさせてもらいました」とも振り返った。 

 また松岡は、今回のコンサートについて「やっぱり29年経って、また新しく次のステージに行った先輩方のかっこよさみたいなものがあって。うん、見ていてほんとにうれしかった」と語り、先輩たちと普通に話せる間柄になっていることにも喜びを感じたという。

 加えて、29年前、男闘呼組メンバーは自らのことを「知らなかったと思います。ほぼほぼ」と推測。「こうやって月日が流れ、自分もなんか仕事させてもらって、個々で違う現場でお会いして挨拶させてもらったりもするから。時間が経って全員が『おお、松岡!』って(言ってくれた)。『ああ、男闘呼組が俺を知ってる』っていう(笑)。そこはなんかね、うん、うれしいものがありましたよ」と、声を弾ませたのだった。

 この日のトークを受け、ネット上ではリスナーから「男闘呼組とのやりとり聞いてて、すごく楽しかった!」「楽屋の"男闘呼組"の紙と写真を撮ろうとされていた松岡くんかわいい」「先輩のライブでエアドラムしてるの見たかったな〜」などと反響が続出。

 男闘呼組ファンからも「男闘呼組に対する熱い思いがすごく伝わってきたし、共感した~」「男闘呼組が後輩くん達にも愛されてるのがすごく伝わってきた」「貴重な話をありがとう」と、感謝の声が寄せられていた。