• Tue. Nov 29th, 2022

『クロサギ』第2話で“予告詐欺”発生? 平野紫耀の「指クイシーン」にファンガッカリのワケ

 King&Prince・平野紫耀主演の連続ドラマ『クロサギ』(TBS系)第2話が10月28日に放送され、世帯平均視聴率7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回は9.2%で発進したため、1.9ポイントの大幅ダウンとなった。

 肝心の物語では、“男性アイドルグループを応援する女性が詐欺被害に遭う”というストーリーが展開され、ジャニーズファンを中心にネット上で話題を呼んでいる。

 同作は、黒丸氏、夏原武氏(原案)による人気漫画『クロサギ』シリーズ(小学館)を実写化した、2006年4月期放送の連ドラのリメーク版。詐欺によって家族を失った主人公・黒崎高志郎(平野)が、「詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ」となり、詐欺被害者を救いつつ、自身の敵に立ち向かっていく物語だ。

 同28日放送の2話に登場した詐欺被害者は、八木莉可子演じる男性アイドルファンの江本美知留。ネット上で「出会わせ屋」の広告を見つけ、探偵・川中幹夫(新納慎也)のもとを訪問し、“推し”のアイドルと出会わせてくれるよう契約を結んだものの、お金を騙し取られてしまい、事情を知った黒崎が動き出したのだった。

 物語の終盤には、黒崎にお金を取り返してもらった美知留が、「バカでした。私なんかが会えるわけないのに」と後悔を口にする場面も。黒崎は「そうだね。たぶん推しの彼には、江本さんの思いは一生伝わらない」「でもさ、その思いって江本さんにとっての大事なものでしょ? だってスゴいことじゃん。その人が幸せになれば自分も幸せになる。そんな存在がいるなんて。推しの彼は、江本さんたちの幸せのために頑張ってるんでしょ?」と元気づけていた。

「ドラマの設定とはいえ、現役アイドルである平野が“推しとファン”の関係性に言及したわけです。SNS上では『感慨深い』『紫耀くんが言うと重みがある』『胸に刺さった』など、さまざまな反響が寄せられていました。また、ドラマ放送後、同作の脚本を手がける篠﨑絵里子氏は、自身のTwitterに裏話を投稿。『ちなみに黒崎の「推しの彼には江本さんの想いは一生伝わらない」という最初の台詞、平野くんは「胸が痛い」と言っていたそうです。ごめんなさい。黒崎流の優しさなのです』『でもでも、最後まで台詞を聞いていただければ、結局のところみなさんの思いはちゃんと届いてるんだよ、というシーンです』(原文ママ、以下同)と明かしています」(ジャニーズに詳しい記者)

 なお、原作者の一人である黒丸氏は29日、「ぶひゃー楽しかった。2話もほんとに面白かった… 平野さんの演技が本当に本当によすぎる」と、感想をツイート。『クロサギ』といえば、かつてジャニーズ事務所に所属していた山下智久の代表作の一つだが、今回の平野版も、ネット上の評判は上々のようだ。

 しかし、2話に関しては平野ファンがショックを受ける事態も発生。21日の初回放送終了後の次回予告には、平野が人差し指を曲げて相手の視線を引きつける場面があった。同日、ドラマ公式Twitterも「第2話は、10月28日金曜よる10時放送 ロングバージョンの予告を公開します」として、当該部分を含む動画をアップ。しかし、本放送ではこのシーンがオンエアされなかったのだ。

「この映像は、まるで自分の目の前で“指クイ”をされたような錯覚に陥るような、真正面から平野を捉えたシーンだったため、ファンにとっては見逃がせない一幕でした。当然、28日の2話で流れるものとみられていましたが、本放送では、黒崎が指クイを見せた場面は、正面ではなく横からのショットになっていたんです」(同)

 この“予告詐欺”に、ネット上ではファンが、「予告と本編の映像だと角度が違うんだね。指クイは正面から見たかった」「予告とは角度が違ってちょっと残念」「まさかの正面じゃない! 予告だけ正面なんて、そんなことあるんだ」などとガッカリしていたようだ。

 一部ネット上では、山下版と比較し、ネガティブなコメントも噴出している平野版『クロサギ』。2話の視聴率は初回の数字を下回ってしまったが、巻き返すことはできるのだろうか? 今後の展開にも期待が高まる。