• Wed. Dec 7th, 2022

【2022冬】コンビニおでんは「セブン」が圧勝!  3社食べ比べでわかった「ダシ」のうまさ

ByAdmin

Nov 3, 2022

――業務スーパーマニアで節約大好き俳優・布川隼汰が、巷の人気商品をガチ食べ比べ! 

 コロナ禍の影響で、今や過去のものになりつつあるレジ横の「コンビニおでん」。その姿をお目にかかる機会はかなり減りました。

 しかしそんな中で台頭してきているのが、コンビニおでんの新たな形「チルド総菜おでん」!

 好きな具材を選ぶことはできないものの、保存が利き、汁をこぼす心配なく持ち帰ることができ、しかも家に帰ってからアツアツの状態で食べられる新しい形のおでんです。

 さて本日はそんな3つのコンビニを対象にNewおでんを比較していきます!

ローソン、ファミリーマート、セブンイレブンの「おでん」を徹底比較

・ローソン
「ローソンオリジナル おでん 550g」(税込208円)

・ファミリーマート 
「ファミマルKITCHEN 和風だし香る 8品目のおでん 500g」(税込220円)

・セブンイレブン 
「7プレミアム おでん 486g」(税込267円)

 商品には味付けせず、湯煎調理で「ダシ」「具材」「(ほか2商品にはない)オリジナル具材」「コスパ」という観点でレビューします!

ローソン「ローソンオリジナル おでん 550g」(税込208円)

 2種類のカツオダシを使用したローソンのおでん。具材は大根・昆布・玉子・ごぼう巻・ちくわ・こんにゃく・さつま揚げの7品目。

【ダシ】評価:★★★☆☆
なかなか塩気があり、濃いめのおダシ。ローソンオリジナルはシンプルな傾向にあるのですが、今回は珍しくパンチ有り。

【具材】評価:★★☆☆☆
全体的に柔らかい。かなり煮込まれているともいえますが、食感的には少し物足りなく感じます。大根やちくわは、歯がなくても噛み切れるくらいの柔らかさ。昆布はほぼ原形をとどめてなかったです!

【オリジナル具材】評価:★★☆☆☆
全7品目の具材中、ほか2つとの違いはゴボウ巻き。しかしゴボウの食感も柔らかく、噛み応えのあるゴボウ感があまりなかった………。

【コスパ】評価:★★★★☆
内容量が一番多く、値段も最安値。しかし出汁の量がほかよりも多いので、固形量はほぼ同等か。コストは安いがパフォーマンス的にはそこまで高くはない印象。

総合得点【11/20点】
塩味の強さはあるものの、やはり具材の食感がネック。じっくり煮込んだ食感が好きな方にはハマるかもしれないが、それにしては味の奥深さが少し足りないかも? 食べ応え、深み、に改善点がありそう!

あっさりした和風ダシが特徴。具材は大根・ちくわ・さつま揚げ・鶏つくね・こんにゃく・昆布・結び白滝・たまごの8品目。

【ダシ】評価:★★★☆☆
3つの中で一番あっさりとしたおダシ。関西のおでんに近いです。クセがなく、シンプルに具材とダシの香りを楽しめます。薄味ですがしっかり具材にも染み込んでいました!

【具材】評価:★★★☆☆
ローソンとは打って変わって、こちらは全体的にかなり固め。大根もそこまで厚さはないのですが、繊維を感じられるほどのシャキシャキ感、こんにゃくやさつま揚げの歯応えもしっかりしていました。煮玉子の黄身がやけに小さかったのは個体差かな?

【オリジナル具材】評価:★★★★☆
ほか2つが7品目の中、8品目入っているというお得感でまず大きなリード。ファミリーマート独自の具材は、結び白滝と鶏だんごです。結び白滝はほかの具材と同様に歯応えがあっておいしかった! 鶏だんごは味のクオリティ的にはそこまで……といった印象です。鶏の脂が強く、コッテリ感が強いので、ほかの具材とのミスマッチ感が若干ありました。

【コスパ】評価:★★★★☆
全8品目、そしてしっかりとした食感による食べ応えもあって、この値段なら納得です。200円で結構満腹になりました。パンチはないけど充実感アリ!

総合得点【14/20点】
あっさりおでん好きはコチラ。大きな特徴は具材のしっかり具合。煮崩れとは無縁の固さなのに、味はしっかり染み込んでいるのが不思議なくらいでした。逆にいえば、いわゆる「ホクホクおでん」というよりは「おでん味のついた具材」をそのまま食べているようにも感じられ、理想的なおでんにはもう一歩といったところ。

カツオと昆布ダシが香る一品。具材は厚切り大根・玉子・さつま揚げ・焼きちくわ・昆布・豆腐揚げボール・こんにゃくの7品目。

【ダシ】評価:★★★★★
ウマい。口に入れた瞬間からわかりました。深みのあるカツオダシ、程よい塩味、まるでラーメンのスープのようなコクがあって、ご飯入れて食べたいくらいでした。おでんはやはりダシが命! 関東系の濃いめのダシで、僕の好みをバッチリ押さえてくれました!

【具材】評価:★★★★★
こちらも絶妙。食感も固すぎず、柔らかすぎずのいい塩梅。大根はほかよりも1.5倍ほど厚く、こんにゃくに切れ込みが入っていたのもセブンだけでした。玉子自体の味もよく、具材一つひとつにこだわりを感じられましたよ!

【オリジナル具材】評価:★★★☆☆
全7品目中、ほかとの違いは「豆腐揚げボール」という聞きなじみのない練り物。厚揚げとさつま揚げの中間のような食感で、ゆずらしきものが練り込まれていました。まずくはありませんが、あまり存在感がなかったので、別のものでもいいかなあ……という印象。

【コスパ】評価:★★★★☆
3つの中で一番高いですが、30~40円の差ならまったく問題を感じないほどのパフォーマンスを見せてくれています。486gという切りの悪い数字にも、ダシの黄金比なのか、具材にこだわった分のコストカットなのか、なにかしらにこだわり抜いた結果を感じます。267円でクオリティの高い7品目プラス違う料理にも応用できそうなおいしいダシが味わえるなら、買いです!!

総合得点【17/20点】
他の追随を許さない、圧倒的クオリティでした。一番はやはりダシのおいしさ! カツオの風味が抜群で、本当にこのままラーメン入れても成立しそうな完成度でした。そして具材もブラボー! 食べ応えもありながら、具材へのダシの浸透具合も絶妙。プロの技です。リピート確実!

コンビニおでんのおすすめは?

ダシ 具材 オリジナル具材 コスパ 総合評価
ローソン ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★☆ 11/20点
ファミリーマート ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆ 14/20点
セブンイレブン ★★★★★ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆ 17/20点


≪総評≫

 今回はセブンイレブンの圧倒的勝利でした! ほかと比べたらすぐにわかるほどに差があったように思えます。ファミリーマートは薄味が好きな人にはおすすめ。優しい味でほっこりとします。ローソンは価格重視&固いのが苦手な方には適していると思います。ちなみに余ったダシはすべてブレンドして翌日に鍋の素にしました。一度で二度おいしい!!

【布川隼汰の近況報告】

11月9日(水)、西武新宿線沼袋駅近くのライブハウスで遂に開催『ニゲロック』!! 心の底が煮えたぎるような熱い気持ち、久しく感じていないのでは?? 退屈で憂鬱な日常を吹っ飛ばせ! お近くの方はピクニックに来る気持ちでぜひ!!

NIGE ROCK FESTIVAL ’22(振替公演)
秋フェスだって良いじゃない!
ちょうど良い汗をかける季節

<日時>
2022年11月9日(水)
19:00 OPEN / 19:30 START

<会場>
沼袋Section9
中野区沼袋4-31-1 nsプラザ沼袋b101

<チケット>
3,500円(ドリンク代別途500円)
当日精算・受付順入場

<出演>
田中寅雄、岡田地平、布川隼汰、峰ゆとり、長沼薫、玉永賢吾、フミ☆田口、ガチャロー