• Fri. Dec 9th, 2022

“不登校YouTuber”ゆたぼん、ひろゆきとのバトル再び? 父親は「勘違いしたアホな連中」と憤り

 2ちゃんねる創設者で実業家の“ひろゆき”こと西村博之氏が11月7日、YouTubeライブを実施。13歳の不登校YouTuber“ゆたぼん”こと中村逞珂氏について言及し、反響を呼んでいる。

 何かと話題のゆたぼんについて、ひろゆきは「ゆたぼんさんはある種、芸能人みたいなもので、好きにすればいいんですけど」と前置きした上で、「『学校に行かなくてもいいんだ』って思ってしまう子どもが増えて、結果として頭の悪い子が社会に増えてしまうことが悪いと思ってる」「ゆたぼんさんが悪いというより、ゆたぼんさんが引き起こしてることによって、頭の悪い子どもという“被害者”が生まれることがよくない」と影響を懸念。

 さらに、「学校行かなくても成功した人が、ある程度の人数いるのは事実」「めちゃめちゃ頭いい子は、学校行かなくてもなんとかなるんですよ」としつつ、「ただ、頭の悪い子は学校に行ったほうが、よっぽどうまく生活できるんですよ」と語り、「世の中って、偏差値50以下の人が50%いるので、その子たちがなんとか社会で暮らせるようにするために教育制度っていうのが税金で運営されてるんですよ。なので、頭の悪い子が『学校に行かないほうがいいよね』って思い込んだり、親がそう思ってしまうのがよくない」と持論を展開した。

 そして、今後のゆたぼんについて、「あれだけ知名度があって、それなりに芸人みたいなことをしてると思うので、たぶん食えていく」「普通の中卒よりも普通に稼げてるよね、みたいになっちゃうと思う」と予想し、「だから、『“俺たちもああなれるんだ”って思うのは、ちょっと違うよね』っていうのは、ちゃんと伝えたほうがいいんじゃないかなあ」と解決策を提案している。

 そんな中、翌8日には、ゆたぼんの父親で心理カウンセラーを自称する中村幸也氏が自身のTwitterで「ネット上では勘違いしたアホな連中が『こうした方がいい』などと言って、頼んでもいないのに勝手にアドバイスしてくるけど、なんで何処の馬の骨かもわからんアホな奴の意見を聞く気になると思うんだろう?匿名でアンチしてるお前らみたいなアホになりたくないから意見を聞かないんだってわからんのかな」と憤りを吐露。

 「匿名でアンチしてるお前ら」とあるため、ひろゆきに対するメッセージではなさそうだが、ネット上では「ゆたぼんパパ、ひろゆきに痛いところ突かれてイラ立ってる?」などと関連づける声も見られる。

「ネット上では、ひろゆきの意見に賛同する声が上がると同時に、幸也氏に否定的な書き込みも目立ちます。最近では、13歳のゆたぼんより、幸也氏に対するバッシングが強まっている印象です」(芸能記者)

 ひろゆきといえば昨年4月10日、ゆたぼんが「中学へ登校しない」と宣言したことを受け、Twitterを更新。「子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います。教育の機会を捨てるのを是とする考えを広めるのは社会的に良くないしアホの再生産になります。子供は被害者なので責めるべきではないです」と、暗にゆたぼんの親を批判。

 これを受け、ゆたぼんは自身のYouTubeチャンネルで同25日、「ひろゆき逃げるな!裁判所いけ」と題した動画を公開。ひろゆきが2ちゃんねるの投稿をめぐる民事裁判での損害賠償を支払っていないことを指摘し、「ひろゆきっていう人に、親はクズだ、学校行けとか言われたりするんですけど、なんで裁判に負けて4億円払わないのに、なんで俺に言ってくんねん」「ムカつく」などと不快感をあらわにしていた。

「その後、ひろゆきは『時効なので払う必要はない』とした上で、幸也氏のプロフィールを紹介しながら『彼の父親は「恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤」に手を出した事を自白した犯罪者なので「逃げるな!刑務所に行け!」と父親に言うべきとなります』と応戦していました。今回、ひろゆきがあらためてゆたぼんに言及したため、ネット上では『バトル再び?』と注目されているようです」(同)

 “犬猿の仲”ともいえるひろゆきとゆたぼんだが、またもやバトルに発展してしまうのだろうか。